夏でも走るランナーたち

CIMG3146

マラソンのシーズンは冬期を中心にして10月〜4月頃と言っていいでしょう。
もちろんそのぐらいの気候が走るのに適しているからです。
だから、夏はマラソンを走る人にとってはシーズンオフのはずなんですが、それでも走っている人ってけっこういるものです。

 

僕の知り合いのランナーさんも「この間、走ってたら熱中症になっちゃたよ」なんてことを言っていました。
この暑い中わざわざ走ることもないだろうと思うんですが、当のご本人は「秋の大会が…」とか「脚力がどうの…」なんて言って自分なりに走らなきゃいけない理由があるそうです。

 

さすがサブ3のランナーは意識がちがいます。
僕はぐーたらランナーなので暑い日はお休み。せいぜい早朝のジョグをちょっとやるくらいです。
とはいうものの、雨の日や仕事の都合で走らない日ずうっとが続くとちょっと不安になっちゃいます。このままいくと心と身体になまけ癖がついて染み付いてしまうのではないか、と。
暑さを言い訳にしてランニングをさぼる。正直に言ってそういう気持も無くはないです…。

 

ところで、みんなはこの暑い夏場はどうやって走っているんだろう?

 

そこでご近所ランナーさんやネットで調べてみると、なかなか面白い。
暑いからこそ走り込みにチャレンジしていますという人もいれば、夏期は休業ですという人、合宿に参加する人、日陰の涼しいコースを選んで走るひと、ペースを上げて短時間のトレーニングをする人などいろんなパターンがありました。

 

ちなみに、僕は学生時代にサッカー部にいましたが、今考えると冬でも夏でも同じ練習をしていた気がします。
せいぜい日没の早い時期だけ早く練習が終わるぐらい。ボールが見えなくなっちゃいますので…。それはさておき。

 

a437d0157294a97ad4848e61b96f444f_s

 

夏場というのはランニングをするにはコンディションの悪い時期であることは確か。
暑いというだけで体力を消耗してしまうし、そんな状態でいつものトレーニングするとなると、自然とオーバーワークとなり無理をすれば体調を崩してしまいます。
だから、夏場は夏用のランニングメニューに変えた方がいいのですね。

 

トレーニングを指導している人たちも「夏はペースを落としてもいい、がんばり過ぎちゃいけない」といいます。
根性で走ってもトレーニングの質はよくならないのだそうです。

 

CIMG3314

 

先日、9日ぶりに走りに出ました。
雨とか仕事の都合でしばらく走っていませんでした。

 

その日はたまたま仕事がはやく終わったので久しぶりに走るかと,夕方6時ごろ出走。
気温が下がりはじめ、そろそろ丁度いいかなぁ?と思い走りはじめたのですが、とんでもない。
やっぱり暑いのなんのって、体が燃えるようです。体力もどんどん消耗して30分しか走れませんでした。
水を飲んだり汗をふいたりしてもどうしようもありません。
頭もくらくらしてきました。

 

もうやめた…。
ギブアップして家に帰る途中、交差点で信号待ちをしていました。するとその横を、僕より一回りぐらいの年上のお姉さんランナーが颯爽と駆け抜けて行った。
僕よりも速いスピードで。
負けた…。

 

へなちょこランナーにはこの辺が限界です。

 

夏場のランは皆さん、お体に気を付けて。

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。