マラソンの給水、給食何がいい? <その2> バナナ、スポドリ、ようかん、コーラ…

前回に続いて、マラソンの給水や給食のはなし。

 

補給の大切さは前回の記事でお伝えした通りですが、ただ世の中にはマラソンを走りつつもその間全く飲まず食わず過ごしてしまうという人も中にはいるようです。

あまりマネをしない方がいいと思いますが、そういうスタイルのランナーさんも現に存在しています。

先日僕は30キロ走を行った際、折り返し地点でラーメンを食べ(汗だくで)コーラを飲んで走行をつづけましたら、お腹が重かった…。
つけ麺の時はちょうど良かったんですが。

 

補給の形って人それぞれ
世間受けしなくても、自分が良ければそれでいい。

よく教科書的に『一回の給水は80cc」とか「羊羹のような固形物は走行中の胃に優しくない」なんていっているのを読んだり聞いたりします。
たぶんその通りだろうし、とても勉強になる。

だけど、それがすべての人に当てはまる訳ではない。

それは今現在の確証のある事例のひとつであるということ、つまり一般論なんですね。
ただ人間は自分が口にするものに関しては強いこだわりや好みがあります

 

そして、そのこだわりや好みを補給に取り入れる補給の一般論をはみ出しちゃうこともある…。

う〜ん…。

でも、いいんじゃない?少しくらいなら!
その方が自分にあっているならね。
他のひとには合わない事もあるかも知れないけれど。

 

ただ、これがレースとなると「無事に完走したい」、「自己新を更新」したいとか言う気持が頭をもたげてくる。
そして失敗したくないから他人に意見を求めたり、無難にいこうとしてしまう。

だけどこれって、自分にとっての本当の答えを見逃してしまうかも知れない。

べつに「リスクにチャレンジしましょう」と言いたいんじゃないんです。
どっちかっていうと「気楽にいこう」って感じ。

 

補給の一般論や栄養学の考え参考にしつつも、トレーニングの段階では好きな物を食べてみる。飲んでみる
そんなんで意外と大丈夫だったりします。
もしダメだったら止めりゃいいんです、練習なんですから。

青梅マラソン出ようかって考えるくらいのひと人(他の大会でもいいんですが…)ならくなら、給水にはスポーツドリンクがいいとか、ブドウ糖どうのとか、クエン酸も摂取した方がいい…とかいうのは大体分かっています。

きっと、好き勝手やってるように見えても大きく間違ったような事はしないものです。
その方が自分らしい補給ができるんじゃないかなぁ。

 

だから長距離トレーニングの途中で小腹が空いてきたら、食べたいものを食べちゃう。好きなだけ。
ジュースの自動販売機に誘惑されたら、あえてのってみる。

好きな物を勝手に飲み食いしていると中には「やっぱ、止めておけばよかった」と思う事って必ずあるんですが反面、おいしくて元気のでる補給食にも出会えます
自分にあった補給食を発見できます。

僕は長時間走るコースの中でよくオロナミンCを飲みます。
これが意外と調子が上がるんです。
調子が上がるのはブドウ糖が入っているおかげなんでしょうけど、自分としては味が好きだからのんでいる。
量もちょうどいいし。
(ドデカミンだとランニング中ではちょっと多い気がする。)

 

でも他のひとには勧めていません。
炭酸が入っているのでラン途中でお腹が痛くなっちゃうといけないし、マラソン大会のエイドでもオロナミンは出てこないでしょう。

あくまでも自分専用の給水メニューです。
一般的ではありませんが…。

給水や給食を科学的に分析していくのはもちろん大事。
決して忘れてはいけない。

だけど、それだけじゃ人間らしい本当の元気はでてこない。
口にするものは美味しくないとつまらいのです。

 

ただ、実際のレースでは好きな物をなんでも持って走るわけにもいかないし、給水所で都合よく出てくるはずもない。

ならばせめて、アメとかチョコぐらいは美味しくって自分が好きなものをポケットに忍ばせておく
給水のドリンクは美味しそうなのもからいただく。

きっとその方が自分に必要なエネルギーを摂取出来て、元気に走っていけますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です