マラソン あこがれのサブ4、青梅ならサブ3!

4時間切ったら一人前

 

サブ4とはフルマラソンでランナーが4時間を切って完走すること。

普通の人たちからしたら相当すごい人たちです。
大会出場選手の内、上位20%ぐらいに入らないとサブ4にはなれません。

 

これがどのくらいすごいかと言うと、
たとえばアマチュアボーリングの選手の上位20%のスコアはアベレージが200を超えるといいます。
TOEICで上位20%なら740点とのこと。
で、これらのマラソン版がサブ4というわけです。
恐れいりました。

 

しかしこのサブ4、専門家にいわせると誰にでもできる目標値なのだといいます。
本当なのでしょうか?
ただ、それを成し遂げるにはそれなりに質の良いトレーニングを根気強く続けねばいけないのだそうです。

ジョギングだけではサブ4にはなれなせん
ぶっつけ本番でも無理
ハーフマラソンを2時間で走れるからって、フルマラソンで4時間で走れるってものでもない。

 

 

タイムを意識したトレーニング

 

誰でもできるはずなんだけど、実際にはなかなか達成できない。
そこに、サブ4の価値がある。
ところで、サブ4を目指すならどんなトレーニングしたらいいか、ちょっと調べてみると…。

LSD      (2時間)  スタミナを養う
ペース走   (1km=5分30秒) 20km以上
ビルドアップ走(1kmごとにペースを上げる走法)5km以上  など。

なんか、ちゃんと走っている感じです。
部活みたいだ。

 

確かに、ひとつひとつの練習メニューは過酷なことをやっているわけじゃないけど、これをきちんと継続出来るかっていうと、難しいかもしれないなぁ(→僕は)。
LSDはできると思うけど、ペース走は無理。
途中で集中力が切れてどこか遊びに行っちゃう。

ちなみにインターバルトレーニングとか、ダッシュはまだやらなくていいそうです。
とりあえず。

 

 

やっぱサブ4はカッコイイ!

 

そう考えると、サブ4ができるって身体能力の強さじゃなくて、人間性の問題かな〜って気もする。
もちろん、デビュー戦のランナーさんはサブ4じゃなくてもOKですよ。
最初っからは無理です。

 

 

ここは青梅。めざせ、サブ3!

 

ところで青梅マラソンのコース距離は30kmになっていますよね。

そこで、この30kmにサブ4の走行スピードを当てはめてみると、青梅じゃサブ3ぐらいが妥当なところです。

サブ3かぁ。。。
まだ、やったこと無いなぁ(→僕は)。

知人のランナーさんで、青梅マラソンを2時間半で走る人がいますが、
確かによく走っています。
年間で4〜5回は大会に出場しているし…。

昨日、今日のランナーとはちょっと違う。

 

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です