ランニングとジョギングの違い

ランニングジョギング
どちらも走る行為を意味した言葉でありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
定義とか線引きみたいなものはあるのかなぁ?

 

個人的にはどっちでもいいような気がしますが、ちょっと調べてみました。

ランニング → 心拍数は140以上。速度は時速9km以上
ランニングを続けると筋肉は発達して足が太くなる。

ジョギング → 心拍数は120〜130。速度は時速9km未満
健康増進やダイエットにオススメ。

だそうです。
細かいところは人によって意見が違いますが、だいたいこんなところ。
「Tシャツを着て走ったらジョギング、ユニホームを着て走ったらランだ」
なんて言う人がいたら面白いなぁと思ったのですが、そういう人はいませんでした。
それは、さておき…。

 

なんか、つまんないですよね。
心拍数がどうの、速度なんたらと言われても。
明確な数字は分からなくても、みんなこれくらいの事はとっくに察しがついていますから。
しかし、それでは話が終わってしまう。

 

ではそこで、このジョグとランの定義を青梅マラソン30kmの走行タイムに当てはめてみると…、ちょっとだけ面白くなる。

 

走行時速7.5km/h(1km=8分) 30km走所要時間 → 4時間
<ゆる〜いジョグ、4時間+ロスタイムで制限時間オーバー>

走行時速8.5km/h(1km=7分) 30km走所要時間 → 3.5時間
<軽ジョグ、完走OK,制限タイムまですこし余裕有り>

走行時速10km/h(1km=6分)  30km走所要時間 → 3時間
<あと少し頑張れば3時間切り、なかなかやるね>

走行時速12km/h(1km=5分)  30km走所要時間 → 2.5時間
<速い方のグループに入る、人にちょっと自慢出来る>

走行時速15km/h(1km=4分)  30km走所要時間 → 2時間
<速すぎてついていけない、エリートランナー様>

走行時速20km/h(1km=3分)  30km走所要時間 → 1.5時間
<伝説のヒーローもしくはプロのランナー>

 

どうやら、ジョギングレベルのスピードで30kmを走り切れば立派に完走できるらしい。
ただ、後半ヘロヘロになってスピードダウンしてしまうとちょっと微妙。

一応「ランニング」と言えるスピードで完走すれば『青梅のサブ3』を達成!
そのためには、青梅のアップダウンに翻弄されない脚力が必要です。

それ以上のレベルになると…速過ぎてよく分かりません。
とりあえず、すごいと思います。
スタート位置もだいぶ前の方のランナーさんたちですよね。

 

僕は万年ジョガーですから、青梅のサブ3は永遠の夢。
数字を見てなおさらよく分りました。
「ラン」が出来るようになれば、記録更新です。
でも、そのためには心拍数140なんだよなぁー。

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です