食べる青梅マラソン【グルメ】安くて美味しい幸せ「とうふ工房ゆう」

  食べる青梅マラソン、今回ご紹介するのはこちら↓

food store

とうふ工房ゆう」さん。

僕は青梅マラソンのネタ集めに来るときには、度々こちらのお店でお買い物をしています。

 

 

場所は青梅街道沿いにあり、都立多摩高から青梅市街に向けて100mぐらい。billboad

 

 

 

ソフトクリームの模型が設置されて、あか抜けた店構えはまるでスイーツ屋さんのようです。
でも、中はお豆腐屋さん。

ところで、お豆腐屋さんが作るソフトクリームといかに。
食べた事ありますか?
豆乳ソフト
牛乳のソフトクリームとはちょっと違うんです。ice cream

お味の方は、お豆腐の味のするソフトクリーム(つまらん説明だ)。
牛乳のソフトクリームとお豆腐の中間みたいな味(さらにつまらない)。

…え〜とですねぇ、ただ豆腐の風味がするソフトクリームって言うんじゃなくてコクのある味わいっていうのかなぁ

清里なんかで食べるソフトクリームはこってりした感じですけど、「ゆう」のソフトはコクがあるです。
コクがあって上品な味。
高級レストランに出て来る食後のデザートみたいな味。
セレブ様が好きそうな味?

レジャー牧場のコテコテ、ギラギラなソフトとはちがった世界。
甘さはスッキリしているんだけど、コクがあるんでしっかりと食べ応えがある
そこが豆乳ソフトの持ち味なんでしょうね。

そもそも、豆腐ってそういう食べ物だと思いませんか?
おなじタンパク質でも、肉や魚とちがって重たい味がしない。

そして、高級なお豆腐ならご馳走的な味わいもちゃんと楽しめる。
だから、こちらの豆乳ソフトはきっといい豆乳を使っているにちがいない

 

 

さて、せっかくお豆腐屋さんに来たのですからノーマルのお豆腐もいただいていきましょう。

見た目は至ってふつう
いまはやりのサーフィンボードの形しているとか、可愛いキャラクターが描いてあるとかはナシ。

で、今日はきぬごし豆腐を買って来ました。

japanese foodうまいんだ〜、これが。

僕は「とうふ工房ゆう」さんのファンです。
何が素晴らしいかって言うと、「ゆう」の豆腐は家族に買って帰っても文句も言わずに食ってくれる。
こんにゃくとか、おまんじゅうを買っていくといい顔しない連中でも「ゆう」の豆腐はだまって文句も言わず食ってくれるんです。

こんにゃくやおまんじゅうだって美味しいのにさ。
すっげー、うまいのにさ。
なんでだYO!と思いながら、半分以上は自分一人で食べる。
だけど「ゆう」の豆腐はみんなで食べる。

おいしいことはもちろんなんでけれど、人に嫌われない味なんでしょうか。
もっとも、豆腐を嫌がる人も少ないと思いますが…。

 

 

japanese food 2

「ゆう」の豆腐は味も食感もどっしりしている。
濃い感じがじます。
大豆の味と香りが濃い。
それに、お箸でつまんでもペナペナしていません。

 

 

冷や奴で食べるときはお塩で味付けするといいでしょう。
大豆の甘味を感じるにはお醤油よりお塩の方がいいんです。

個人的には湯豆腐がおすすめです。
湯豆腐ってSAKEのつまみか、料理の脇役みたいな感じもするけど、
「ゆう」のお豆腐ならセンターでいけます。

ぽんずとお醤油を半々でミックスしたので味付けすると、お口の中でとんでもなくうまみが増していくんです。
お安いお豆腐だと、そうはいきません。

 

 

たかだか200円かそこらで、こんなに幸せな気分になれるなんて本当に素晴らしいと思います。

 

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。