【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「カレー」

イギリスでは「風邪にカレー」なんですって

 

イギリスでは「風邪をひいたらカレーを食べろ」言われているそうです。

日本人的な感覚では、風邪をひいたらお粥とか、うどんの方がいいんじゃない?
なんて思うかも知れません。
カレーは刺激が強いからパス!なんてね。

もちろん、お粥やうどんでも結構ですよ。
おもいっきり熱でダウンしているような時は、むしろお粥の方がいいでしょう。

でも風邪のひきはじめや、まだ食欲があるうち
「風邪をひいたらカレーを食べろ」も悪く無い、それどころかオススメなのです。

 

 

スパイスが風邪に効く

 

では、カレーはなぜ風邪に効くのか

それはお察しのとおり、カレー使用されているスパイスが風邪治しに効果を発揮するからです。

カレー粉のスパイスのブレンドは、基本的にはこの4つのスパイスで構成されています。
ターメリック(ウコン)、トウガラシ、コリアンダー、クミン。

それじゃ、この4種のスパイスにはどんな効用があるのか…、となるとマニアックな話になってしましますので
ここでは、ざっくりと「カレー粉」としてその効用について見ていきましょう。

 

 

風邪に効くカレー粉の効用

免疫力のアップ     (→治りが早まる)
解毒作用        (→体のつらさを軽減)
咳、喉の痛みをやわらげる(→そのまんまです)

もう少しだけ細かく見ていきますと。

肝臓機能の活性化、抗酸化作用、免疫細胞の活性化、整腸作用、消化促進、抗炎症作用、抗細菌作用など。

このようにカレー粉にはいろんな効果、効用があってそれで結果的に風邪の症状を抑えて、治りを早くしてくれる

そして、それが実際に風邪に効くのだということを、イギリスの人たちが証言しているのです。
(少々話がそれますが、イギリス人って意外とカレー好きなんです。面白いですね。)

 

 

スパイス増量でパワーアップ

 

とは言うものの、カレーを食べる時にちょっと気にして欲しい事があります。
とくに、カレーのルウについて。

日本のカレールウって、やっぱり日本人の好きそうな味に仕上げてあるんです。
限られたコストの範囲内で。

でもそうすると、ルウの中のスパイスの分量がどうしても減ってきてしまう。
たぶんそれって、イギリスの人たちが食べているカレーとはちょっと違うと思うんです。

だから、お家でカレーを作るときは自分でカレー粉(ルウじゃなくてパウダーの方ね)をたしてやるとか、もしくは甘口カレーを選ぶ。
(意外ですが辛口よりも甘口のほうがスパイスの分量が多いんです)

専門店で食べる場合はスパイスはバッチリ使っていますから、モーマンタイです。

レトルトのカレーはどうだったかなぁ?
よく分からないんですが、高級めなカレーならスパイスの風味がしっかりしていますから、そっちの方がいいかも知れません。

 

 

オススメは「お家でインドカレー」

 

以前、自宅でバングラディシュのカレー(←ほぼインドカレー)を作ったことがありました。
SBの赤缶のカレー粉を使って。
すご〜く簡単に出来て、めっちゃウマ!!

大辛じゃないけど、スパイスつかってる〜って感じの味。
そんなスパイシーさが風邪に効くのかもしれない。。。

 


 

カレーとマラソンとくれば、
「たんのカレーライスマラソン」ですね。

知っていますか?
北海道、北見市の大会です。。

チームで走って材料を取りにいって(畑とか)
みんな揃ったらカレー作って食べるというマラソン大会。
カレー大食いコンテストなどもやったり…、楽しそう。

青梅でもやってくれないかなぁ。

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です