<スポンサーリンク>

あれ?
もしかしたら風邪かな?
風邪かもしれないけど、違うかな?
この兆候はちょっとあやしい、風邪かも?

そんなタイミングで食べておきたいものがあります。
それは…ラーメン。

はぁ?ですよね。
でも、ラーメンなんです。

しかも「横浜家系」のラーメン
とんこつ正油のこってりラーメン。

 

 

この「家系」のラーメンが、風邪のひきはじめにガツンと効く
もっぱらのウワサです。

「一発で治った」
「風邪薬よりも10倍効く」
などと街の伝説はとどまる事を知りません。

 

 

家系ラーメンはなぜ風邪に効くのか?

それは、とんこつエキスに含まれるグリシンプロリンといった成分が
免疫力をアップさせ、炎症を抑えるからだと言います。

アメリカでは風邪をひくとチキンスープを飲をらしいにですが、考え方は家系ラーメンと一緒ですね。
グリシンとプロリンで免疫力アップ。

また、ラーメンのトッピングにほうれん草(βカロテン、ビタミンC)、
ネギ(ビタミンC、アリシン)をのっけると更にいいです。
ニンニクはテーブルの上に普通に置いてあります。風邪治しパワー強し。

 

 

ということは、とんこつ系のラーメンだったらどれでも風邪に効くんじゃないか?
と思いませんか?

でもそれは、ちょっと微妙なところなんです。

<スポンサーリンク>

僕の職場の近所でもとんこつ正油のラーメン店で
「風邪が治る」伝説をもつお店があります。

かといって、他所のとんこつ正油ラーメンのお店でも必ず
そんなふうなウワサがあるかというと、そんな事な無いわけで…。

 

 

プロリンやグリシンといった成分がラーメンに入っていたとしても
他の栄養素とのバランスが違うと、風邪治しパワーの度合いも違ってくるのかも知れませんね。

ダシの材料はそれぞれのお店によって、違うものですから。

 

 

いままでに、
「どこそこのラーメンを食べると風邪が治る」
なんて世間話、どこかで聞いたあるんじゃないでしょうか?

ところがそのラーメン屋さんが都合良く、自宅や職場に近くにあるとは限らないんですよね。

そこで、「横浜家系ラーメン」なのです。
家系のラーメン店であれば、比較的どこの地域にいってもありますから。
いざって、時にいつでも食べれますし。

もし、家系のラーメン店が分からなかったら、お近くにいるラーメン好きのご友人に聞けば親切に教えてくれるはずです。

 

 


 

 

このブログをお読みのあなたが青梅マラソンのランナーさんでしたら、
ご存知の青梅市御岳には「福の家」さんという家系のお店があります。

青梅マラソンコース沿いにあるお店です。

…いや待てよ。
風邪ひいたら、わざわざ御岳まで来る人もいないか。。。

 

 

 

<スポンサーリンク>