ミズノ【マキシマイザー19】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その1

「マキシマイザー19」出ましたよ!

 

ミズノ「マキシマイザー19」買っちゃいました(2016/11/07)。

昨日申し込んで、今日届きました。
アマゾンで。

 

これが「マキシマイザー19」(赤白)です。↓

cimg6822

 

 

いいよねぇ、マキシマイザー
安くて、当たりさわりなくて、耐久性が高い

トレーニング用の履きつぶしのランニングシューズとしては申し分ない性能。

踵のアウトソールが分厚いから、ちょっとぐらいすり減ってもへっちゃら。
汚れたって気にしない。
一番安いシューズだけど、けっこうちゃんと走れる
ダッシュしたって、そう簡単にへこたれない。

 

ポテンシャルが高いから、フルマラソンの大会にだって使える。
剛脚ランナーには物足りないかも知れないけど、そんな人全体の一握りです。
平和にマラソンを愛好する人であれば、マキシの性能があればだいたいOK。

本番用のよそ行きシューズは別に用意しておくとして、
マキシマイザーはランナーの普段ランニングの相棒として
いつも一緒に走ってくれる。

そんなマキシの新作(マキシマイザー19)がすでに発売されているのを知り、
思わずポチってしまいました。

 

せっかくだから、旧作(マキシマイザー18)との比較を交えながら
新作マキシのレポートをお送りします(僕の感じる範囲内で)。

では、始めます。

 

 

 

マキシマイザー19も18も見た目はあんまり変わらない、しかし…

 

とりあえず、ぱっと見はマキシマイザー18とさほど変わりません。↓

cimg6817

 

こちらが新作(マキシ19)↓

cimg6815ね、ほぼ一緒でしょ?

 

 

ヒールロック

でも、よく見るとマキシ19では、靴ひもを通す穴の「ヒールロック
が搭載されています。↓

cimg6835

 

 

マキシ18には無かったのです。↓

cimg6819

これはうれしい変更です。

ヒールロックが付いていると、走行中のシューズの揺れが抑えられ
足下の安心感が高まりますから。

 

 

サイドのホールド感がアップ

アッパーのサイドのデザインも変わっています。
マキシ19では、アッパーサイドのラインが靴ひもの穴と
思いっきり直結しています。
(ちょっと、見づらいですね…)

cimg6824

 

 

マキシ18では、このようになっています。

cimg6825

 

実際にマキシ18とマキシ19を履き比べてみると、
アッパーサイドのデザインの違いが如実に感じられます。

マキシ19はラインと靴ひもの穴ががっつり連結しているおかげで、
土踏まずから脚の甲にかけてのシューズのフィットがハンパない。

靴ひもをきつく締めなくても、しっかりと脚をホールドしてくれるんです。

マキシ18は軽やかでふんわりとした履き心地が特徴だったけど、
マキシ19はアッパーのホールド力が上がったおかげで
がしっと」した履き心地

 

見た目はほぼ一緒のシューズでありながら、脚をいれた感覚はずいぶん違います。
「これ、マキシマイザーなの?」って思うくらい。
もちろん、いい意味で。

ホールド力のあるシューズは、脚がシューズの中であばれないし、
足にくる衝撃をソールうまく伝えることが出来るので走っていて楽なんですが、
新しいマキシマイザーはどうだろう?
明日、実走してからのお楽しみだ。
ちなみに、シューズの重さを測ってみると
マキシ18 → 235g
マキシ19 → 250g      (両方とも 26、5cm)

少し重たくなったけど、勝負靴じゃ無いんでこのくらい別に気にならないっす。
っていうか、スピードランナーでもなければむしろ、丁度いい重さ。

 

 

インソール交換OK!

今度のマキシ19は、インソールが取り外しができます。
(純正のインソールです↓)

cimg6832

マキシ18の場合、インソールは固定式でした。
それで何か支障があるわけでは無いんですが…。

ただ交換がきくってことはその分、自分の好きなようにカスタマイズ
できるんですよね。
マキシ19ではそれが可能なワケでして、こだわる人には重要なポイント
かも知れないです。

お気に入りのインソールに交換したり、100円ショップに置いてあるインソールを入れて遊んだりして。。。

 

履いて、走って、様子を見てまたレポートします。
2〜3日お待ち下さい。

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です