ミズノ【マキシマイザー19】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その2

マキシマイザー19でとりあえず走ってみた

 

先日、ミズノ「マキシマイザー19」を購入してから
その後30kmほど走りました。

まだ把握しきれていない所もあるんですが、
自分が感じた範囲内でのレポートお送りします。

前作のマキシマイザー18を初めて履いた時は、
その軽やかで優しい走り心地に心癒される思いがしたのですが、
マキシマイザー19では、マキシ18に比べ精悍でスポーティーな印象を受けました。デザインや材質には大きな変更は無いのだけれど…。

cimg6835

 

一番最初マキシ19で走りはじめたら、シューズが「コッツン、コッツン」
と堅い音を出すんです。

初めて履いた当初も「ずいぶん、硬い履き心地だなぁ」
なんて思ったのですが、実際に走ってみると「こりゃ、本当に硬いんだ」
とあらためて感じました。

シューズのソールそのものは「18」と同じなんですが、どういうワケでしょう?
アッパーのサイドのラインの変更がここまで影響しているのかもしれません。
シューズ全体の剛性が上がったように感じるのです。

 

かといって、走りづらいワケでもないんです。
ゆるみの無いカッチリとした走行感、シューズと足との間に余計な遊びが無く
一体感がある。
シャキシャキ走れる、そんな印象を持ちました。

マキシ18や他のシューズが、緩過ぎるとかサイズが大きいとかそういう事ではなくて、マキシ19はそれ以上に足をしっかりサポートするからなのでしょうね。
そのおかげで足にシューズがしっかりと追従してくれて、なかなか気持がいい。

 

進化しているかも

 

先日書きましたが、マキシが「19」になってヒールロック(踵を固定する為の靴ひもの通し方)の採用とアッパーサイドのデザインの変更がおこなわれました。

これがきっとシューズの印象を変えているのでしょう。

ヒールロックは足をしっかりとシューズに固定し、アッパーサイドの強化は左右からガシッと足をサポートする。
つまり、シューズの中で足が前後左右にずれないように固定力を高めているのだと思います。

 

シューズと足がしっかり固定されると、地面を蹴る力のパワーもよく伝わる
足が地面に着地した時の足の治まりもよい。
靴の中で足がズルズル滑ると走りづらいですからね。
シューズが足にちゃんとフィットとしているって大事なんです。

 

 

マキシ19の長所を生かそう

 

ただ、このフィット感も足が疲れてくるとうっとおしく思えて来る。
窮屈に感じる事もある。
でも、単純に緩めればいいってワケでも無い。丁度いいフィット感、、それが難しい。

 

実際マキシ19を履きはじめてこの2日間、走るたびに靴ひもの調整をしています。
マキシ19はフィット感を追求出来る反面、靴ひもの締め具合はいい加減ではいけない。
いい加減にやっていると、足が痛くなったり、走っていると違和感を感じる。

 

昨日、おとといと走りながら何度も靴ひもの調整をして、最後は坂道のダッシュをしました。
すると、マキシ18よりもテンポよく坂道を登って行けるんです。
サポート力があるから足の踏ん張りが効き、フィット感があるからシューズが足によく従いてくる。

マキシマイザーは18から19になって戦闘力が上がっているかも知れない。
(かも知れない…ですよ! 今後もう少し検証しますけど)

 

 

シューズを育てる

 

靴って自分の足に馴染むまでには1日や2日では足りません。
プロの選手が履くようなオーダーメイドのシューズならともかく、
市販のシューズですから、もうすこし時間を置かないと自分の靴にならないのです。 (かといって1ヶ月も2ヶ月もかかるものじゃないですけど…)

時間をかけて足に馴染ませてそして、だらしなく崩れてしまうか、真価を発揮するかは実際に履き続けないと分かりません。

マキシマイザー19はどちらに転ぶか?
マキシ19で、あと100kmぐらい走ったら「その3」でレポートします。

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です