【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの○○。「いなり寿司」

風邪予防の秘訣

 

ときどき「残業がつらいなぁ」とか
仕事の効率があがらないなぁ」とか
遊びに行く気力もないなぁ」って事ありませんか?

なぜだと思います?

まぁ、細かい事は人それぞれだと思いますが
それって、要するに「疲れている」からなんです。

疲れているから元気がでない。
そして、そんな元気の無いときにウィルスに入って来られると
風邪をひいてしまいます。

風邪をひいて元気が出ないんじゃなくて、元気が無いから風邪をひく
疲れて元気を失うと、免疫力も低下してしまうからです。

学校で風邪がはやって、学級閉鎖になってもこれを幸いとして元気よく外で遊んでいる小学生っていますでしょう?

教室で風邪のウィルスを浴びまくっても、手洗いやうがいを無視してもびくともしない子供たち。
元気の力が違うから風邪をひかないんです。

元気こそ風邪の特効薬

 

 

疲労回復の食べの物

 

しかし、そんな元気も疲れがたまるとその力を失っていく
では、その疲れを癒すにはどうするか?

それは「栄養」と「休養」です。

とはいうものの、この2つをいっぺんに満たすってちょっと難しい。
とくに「休養」のほうが…。

ならば、せめて「栄養」だけでもしっかり摂って少しでも元気を出して
カゼをはじき飛ばしていきたいものです。
そして、その栄養はなるべく疲労回復に役立つものがいい。

じゃあ、それってな〜に?

サプリメント?
スタミナ定食?
アリナミン?

まぁ、ぶっちゃけ何でもいいです。
疲れが取れて元気になれば何でもいいのです。

何でもいいんですけど、今回僕がご紹介するのは
いなり寿司」です。

ガクっと来ました?
あまりにも地味で。

ローヤルゼリーでも朝鮮人参でもいいんですよ、元気になれば。
でも今回は、いなり寿司。
安くて、手軽で、おいしいから。

お稲荷さんさん食べて疲労回復。

いまひとつ弱っちい感じもしますが、その実力なかなか侮れません。
おいしく食べて風邪予防にお役立てください。

 

 

お稲荷さんで疲労回復

 

それでは、なぜいなり寿司は疲労回復、ひいては風邪に効果があるのか?

まずは、油揚げから。

油揚げは大豆からできていますので、大量のタンパク質を含みます。
このタンパク質は消化分解されるとアミノ酸になり疲労でダメージを受けた細胞の修復に使われます。

そして、油揚げの油分にはビタミンEが入っているんですけど、このビタミンEには高い抗酸化作用があります。

疲れた身体には活性酸素が増え過ぎ、それが疲労の原因をつくっています。
ビタミンEは、そんな疲労の源となる活性酸素の作用を抑えることができるのです。

また、ビタミンEは毛細血管の血流を改善します。

血流ってすごく大事です。
元気の無い人ってゾンビみたいに青白い顔してますでしょ?
それで血流がいいはずがない。

そういう人は、すぐに風邪ウィルスの餌食になってしまいます。

 

油揚げの中に入っている酢飯も大切です。

酢飯に使われているお酢(酢酸)は疲労で現象したグリコーゲン(糖)の生成を助け、グリコーゲンの量をもとの状態にもどそうとする。
つまり、疲れる前の身体の調子を取り戻そうをするのです。

もろに疲労回復です。

あと、酢には殺菌作用がありますよね。
風邪のウィルスは殺菌されるのがいやなんです。
すなわち、風邪予防に効果がある。

ついでに、酢は血流を良くする効果もありまして、
油揚げのビタミンEと合わせてダブルのパワーで血行を良くしてくれます。
血行が良くて元気の無い人って、あまりいません。

 

コンビニなんかでお稲荷さんの3コ入りパックを買うと、容器の端っこに「ガリ」が入っていますよね。

あのガリ(生姜)もしっかりいただきましょう。
ガリにはには強力な殺菌力と体を温める作用があります。

つまり、ウィルスの侵入を防ぎ(殺菌)ながら免疫力を上げる(温める)。
おもいっきり、風邪に効きそうです。

また、生姜は英語で「ginger」なんですが、その言葉には元気とか活気といった意味も含まれています。
大昔の日本では、生姜はお料理のスパイスというよりもむしろ、疲労回復の治療薬として使われていたそうな。。。

風邪予防+免疫力up+疲労回復+元気。
生姜って、カッコイイ…。

 

お稲荷さんで元気復活

 

以前僕が大型美容室で働いていた頃、年がら年中残業をしていました。
そして、夜8時半ごろになると社長がやって来てお稲荷さんやサンドイッチを差し入れしてくれるのです。
3回に1回ぐらいはお稲荷さんでした。

たぶん、社長が好きだったからでしょうね。

その時はお稲荷さんの疲労回復だとか、風邪予防なんて気にしていませんでしたが、おかげでみんな体調も崩さず夜遅くまでこき使われていたのでした。
長時間労働と高ストレスの職場環境の中で。

今考えるとあの時のお稲荷さんは、とても理にかなっていたわけです。
幸か不幸か。

 

 

マラソン後にもいなり寿司 OK!

 

いなり寿司の疲労回復効果は、マラソンランナーにとっても非常に有効です。

ハードなトレーニングやマラソン大会の後に、ランナーさん達はよく風邪をひくといいます。
それは、身体中のエネルギーを使い果たしてしまい、免疫力や抵抗力がパワーダウンしてしまうからです。

マラソン後には速やかに栄養補給と休養を摂るのですが、
同時に免疫力を高めるような栄養素を摂らないと、体力が戻るまでの間に風邪のウィルスがどんどん侵入して来てしまいます。

へとへとになった身体はウィルスに対して、ノーガードの状態なのです。

もちろん、風邪予防だけでなくエネルギーの補給、
酷使した筋肉のケアという観点からもそれにふさわしい栄養を摂りたいですね。

そういった意味では、いなり寿司はランナーさんにうってつけの食事です。
疲労回復+エネルギー補給+免疫効果。

お稲荷さんがどんぴしゃにハマります。

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です