食べる青梅マラソン【グルメ】青梅漢の大衆食堂「はちのこ食堂」

ローカルな大衆食堂

 

 

皆さんは気軽に外食をする時、日頃どんなお店に行きますか?

ファミレス?
マック?
回転寿し?
チェーン系うどん店?
デパートの飲食店街?

僕もそういったお店に「たま」には行きますよ。
例えば、スタバとか…。

 

でも人間性がマニアックなので、探し求めるのは個人でやっている様なお店。
味のある飲食店が好きなんです。

例えば、青梅ではこんなお店。↓

cimg7041どうです?

なかなか雰囲気のある店構えでしょ?
「はちのこ食堂」というお店です。

場所はJR青梅線、河辺駅南口ロータリーを左に出て徒歩1分足らず。

 

 

流行なんて関係ないさ

 

「はちのこ」さんは昔からあって、昔のまんま。
時代が流れても、そんなものどこふく風。

ぜんぜんチャラチャラしていない。
お遊び無しの直球勝負。

トレンドとかマーケティングとかカンケーナッシング。

唯我独尊、我が道を行く。

 

 

メニュー表をご覧ください

cimg7040

なんだか、ものすごい安いんですけど。。。

焼肉定食    ¥530
ラーメン    ¥400
アジフライ定食 ¥630

これはもはや、全国レベルのチェーン店並みの安さ。

でも「はちのこ」さんは個人のお店。
24時間営業していないし、人通りの多い駅のど真ん前でもないし、
新聞でクーポン券撒いているわけでもなし、セントラルキッチンは無いし、
テレビCMなんか絶対にない。

 

しかも、週休二日。

ちっちゃいお店で週に2日休むって、並大抵の事じゃない。

そういうお店っていつも行列が出来ているとか、何か特別な仕組みがあったりするんですけど、はちのこ食堂の場合はというと…。

 

人気のひみつは?

 

ちょっと、店内を見てみましょう。↓

cimg7039

至ってシンプル。
変な小細工は一切なし。
無添加。

フェイスブックで友達集めているだとか、インスタで情報を発信しているような影は見えない。

おしゃれなインテリアもないし、住所を聞いて来て後でニューズレターを送って来る様なそぶりもない。

お店のご主人は顔怖いし。。。

 

ただ、僕がカウンター席で体を曲げてテレビを見ていたら
「こっちの方が見やすいよ」
ってテーブル席に案内してくれた。

見た目より優しいおじさんなのでした。

 

 

天竺は遠いと思えば近く、近いと思えば遠い

 

「オススメ品」も極々シンプル。

cimg7038

「この一杯に賭ける〜」とか
「特選素材〜を使用した○○」などの
大袈裟な宣伝はしていません。

 

 

「おすすめ」している事は分かります。
ならば、誘いに乗ってみましょう。

「スタミナどかもり」をお願いします!

cimg7036

「どかもり」の登場です。

どんぶりは丸っこい和物のどんぶりではなく、ラーメンのどんぶりでした。
スプーンがぶっ刺してあります。

「どかもり」は片手で持つには重過ぎる重量。
かといってテーブルに置いて箸で食べると、どんぶりからお口までの距離が長いので、途中でごはんがぽろぽろ落ちてしまう。

だから、スプーンが刺してあるのだ…
と、思います。

 

 

 

メニューの写真より実物のほうがおいしそうに見えるって、珍しいと思います。

cimg7037

上に、チキンカツと目玉焼き。
中に、肉野菜炒めとキャベ千。
下にごはん。

カツにソースをかけて、目玉焼きに正油をかけると、
それが下にある肉野菜炒めやごはんにしみてくる。

すると、どうなるか?
頭のなかでシュミレーションしてみてください…。

 

この味わいは大手飲食店では成し得るものではありません。

これこそ、「はちのこ」ワールド。
「はちのこ」の強み。

 

 

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。