<スポンサーリンク>

 

 

 

青梅マラソンの撮れたて画像をお送りします。
幸い、お天気にも恵まれて存分に大会を楽しむ事が出来ました。

参加者の皆さんは、この日を心待ちにしていたかと思います。
普段の鍛錬の成果を発揮させた今日の一日。

力走と共に青梅の人達ともふれあい、素敵な思いでができました。。。

それじゃ、始めます。

 

 

 

河辺駅に到着

続々とランナーさんたちが河辺駅に到着します。
画像は午前8時ちょい過ぎのもの。
人出はこの後ピークを迎えます。

これ以上人が増えると撮影が困難になりますので、ちょっと早めに来てみました。
これだって、カメラを構えるとなかなかお邪魔の様でした。。。

 

 

 

青梅マラソン号

特別快速の「青梅マラソン号」です。
遠方から来られる人は青梅マラソンの利用が便利です。
全席指定なのでゆったり座って来る事ができますからね。

 

 

 

受付会場

こちらは30km部門の受付会場である河辺小学校です。
ナンバーカードを引き換えたり、貴重品を預けたり、Tシャツを貰ったり、
着替えたり等をします。

河辺駅から少し歩きますが、案内係さんが道に立っていますし
ランナーさんの行列がこちらに向かっているので、迷うことはないでしょう。

10km部門は青梅市役所ですね。

 

 

 

屋台など

大会会場内では、いろんな屋台の出店やグルメフェスティバルが開催されています。たこ焼き、お好み焼き、いちご飴、青梅の特産品、小龍包、ジャガバタ、焼きそば、綿あめ、ケバブ、肉うどん、唐揚げ、、、、、、
書ききれません!

食欲はそそられますが、食べる量には限度がありますから戦略と立てつつグルメを楽しみましょう。

僕は出走前にポテトフライと唐揚げを思いっきり食ってしまい、走行中しばらく
お腹が苦しかったです。

 

 

 

Qちゃんとシノラー

スターターを務めてくれたのは高橋Qちゃんとシノラーさんでした。
生シノラーってめっちゃいい女。
顔が女優しています!!

「よーいどん」してからランナーさんを全部送り出すまでの間、
「がんばって〜」とか
「完走してね〜」とか
ランニングのアドバイスとか
青梅の話を二人でしていました。

お二人ともお若い女性ですから話し出すとキャーキャー、ピーピー。
ま、そこが可愛い所なんですがちょっとうるさかったのです。

篠原さんは青梅市河辺出身で、バリバリの地元っこ。

 

 

 

 

ぎっしりランナーのだんご状態

<スポンサーリンク>

スタート地点はもちろんその後10km先までも、ランナーの塊はほぐれません。この人数ですからね。

 

 

 

へそまんじゅうのお店の前では大太鼓で応援

迫力のある演奏です。
これだけどんどこやられると、確かに元気のですような気がします。」

 

 

給水所の様子

給水のスポーツドリンクは「ヴァーム」でした。

公式の給水所に加え市民ボランティアによるエイドもたくさんあります。
クッキーやケーキ塩飴やおせんべいなど。
そのためか、マラソンコース上のお手洗いはどちらも大盛況。

 

 

スパイダーマンなど

マラソン大会にはいろんなキャラクターが登場します。
ゲゲゲの鬼太郎やアンパンマンなんかもいましたよ。

 

 

ゴールではQちゃんのハイタッチ

Qちゃんは「最後の1人が帰って来るまで待っている」
と言っていました。
ハイタッチだけでなく、10kmコースと30kmコースも走っていました。
「がんばって〜」
と言いながら、集団の中を走り抜けていくのです。

 


おまけ

 

参加賞のTシャツです。
プーマですね。

 

スポーツショップのブース

ゆっくり見てみたいのですが、出走する人は忙しくてあまり時間がありません。

 

 

<スポンサーリンク>