食べる青梅マラソン【グルメ】禁断のとんかつ「濱乃家」

 

 

 

青梅マラソンのスタート地点のすぐ近く、の奥多摩街道沿いにとある
とんかつ屋さんがあります。

「濱乃家」さんといいます。

ちょっと目立たないお店なので、青梅マラソンに何度も参加している人でさえも
気付かないかも知れない。

こちらの濱乃家さんは見た目はおとなしいですが、とんかつはなかなかイカしています。

 

 

 

 

最近、とんかつ食べましたか?
もしかして、それってとんかつチェーンのお店ではないでしょうか?

もちろん、それ系のとんかつだって美味しい「とは」思いますよ。
だけどやっぱり、職人さんがプライドをかけて一つ一つ丁寧に揚げたとんかつには
敵いません。

 

 

そこで、今回ご紹介する濱乃家さん。
とんかつ一筋うん十年。
昔から知っていますが、ずーっと変わらぬうまさ。

でも、ただうまいだけじゃ無いのです。
それだったら、他所のとんかつ屋さんと変わりませんからね。

 

僕が思うに、濱乃家さんのとんかつは、、、
悪魔のとんかつ」であると。
とくに、ロースのとんかつがヤバい。

見た目は普通のとんかつなのですが、すごいんですよ濱乃家さんの
ロースかつは。

 

注文して熱々のロースかつがやって来る。
そして、そいつにガブっとかじり付くと、、
お口の中でどばーっと肉汁と溢れ出す

肉汁って言うと普通に美味そうなんですが、
その正体は豚の脂です。
脂がどばーっ、なんです。

 

普通はこんなに脂っこいモノを食べたら、一切れでギブアップしそうなんですが
逆に勢いがついて、バクバク食ってしまう。
それが濱乃家さんのうまさ。

 

ザクザクという衣の食感と、ジュワっと滲む脂の肉汁が一体と化して
お口の中は至高のアブラーワールド。
両方とも脂ですからね。

この脂があるからこそ豚肉の赤身の味が引き立つのです。

…いや、もしかしたら逆かも。
脂身の方が主役なのかも知れない。

 

 

 

脂が多いとヘルシーじゃないと理由で、敬遠されるかも。。
でも、うまいモノはうまいんです。

超コテコテのマグロの大トロとか、
ピンク色になるほど脂の多い霜降りの牛肉とか
おいしいですよね?

そして、濱乃家さんのロースかつもその仲間なのです。
最高でしょ?

 

 

濱乃屋さんでは、ごはんのお替わりを一杯無料でサービスしてくれます。

こんなにあぶらっこくて、分厚いとんかつ食って
ごはんが一膳で足りるわけが無い。
だからもちろん、お替わりします。

で、このごはんが、これまたうまいんです。
おかず無しでもイケそうなくらい。。。

 

 

そんな最高の気分でとんかつ定食をいただくのですが、
この幸せはあとでツケが回ってくる。

胃もたれです。。

 

昔は大丈夫だったのですが、40代も半ばを過ぎてくると
さすがに胃腸のパワーも衰えてくる。

ロースかつを食った後に「あ〜またやっちまった」と
度々そんな思いをします。

だったら、最初からヒレかつでも食っていればいいのだけれど、、、
そうはいかない。

 

 

お腹いっぱいにとんかつ定食を食って、一時はお腹も心も満たされるの
ですけれど、
暫くするとまた、脂ギンギンのロースかつが食いたくなる。
禁断症状のように食欲がこみ上げてくる。

 

 

 

そして、濱乃家さんに行くとロースかつの事しか頭に無い
一応、メニューなんか見てヒレかつという文字は目に入るのですけれど
やっぱ、ロースじゃないと燃えない。。。魔法の脂身が食いたいんです。

 

 

 

もし、気が向いて濱乃家さんに行く事があったら
昼食時のど真ん中は避けた方がいいかもしれない。
お客さんで、いっぱいだからです。

 

 

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です