<スポンサーリンク>

 

 

 

昨日、ガラケーに入っている写真を整理してたら
ものすごい普通のラーメンの画像が出て来ました。


一瞬、どこのお店のラーメンか思い出せなかったのですが、
メモリー内の前後の画像を見たら思い出しました。
それは、、、

 

 

青梅駅前にある「ニューミスターラーメン」でした。

かっちょいい店名ですよね。
ニューミスター〜。

今どきの若いモンには、ちょっとの真似できないセンスです。

 

 

ニューミスターラーメンは青梅の特別天然記念物です。
地域に根ざした昔からあるラーメン屋さん。
近年のグルメ指向的な尺度では計測しきれない存在価値と味わいがあります。

 

 

 

メニューをご覧下さい。

ラーメン専門というより、街の中華屋さんですね。

こういったお店はラーメンを一杯だけ食べて、ウマいとかマズいとか言いきれないのです。

野菜炒めを食ったり、餃子を食ったり、麻婆豆腐食ったり、会社帰りに寄ったり、
何度も通って、その価値が理解できるというものです。。。

<スポンサーリンク>

 

ちなみに僕はミスターには2回しか行った事がありません(爆)。
しかも、中華そばしか食べたことがない…。

 

ダメだよね〜、そんなんじゃ。
せめて、五目ラーメンぐらい食わなくっちゃ。

せっかく、中華屋さんに来たんだから…。

 

 

 

しかし、そこを敢て中華そばのお味をレポートします。

 

ニューミスターの中華そばは、どんなそばなのか、、、?
それは…普通の中華そば!

 

普通って言ったって
故、佐野実氏の極上ど真ん中の至高の普通のラーメンとはちょっと違います。

他所様のブログでは「海の家のラーメン」
と表現していらっしゃる方がいましたが、その言い回しの巧みさには思わず唸ってしまいました。

 

でも、そこが良いんですよ。
肩肘はらずに、リラックスして食べれるし。

 

もっとうまいのを食べたかったら、カニ玉ラーメンとかそっちの方へ
行けばいいんだから。

中華屋さんのラーメンとラーメン専門のお店は価値観が違いますものね。

 

 

 

 

先日、ニューミスターラーメンの中華そばを食べたのは
青梅のだるま市の日でした(毎年1月12日)。

お祭りの最中、粉物や焼き物を食ってお腹は空いてはいなかったのですが
何となくのも足りない。

汁物がほしい。
そこで向かったのが、ミスターラーメンなのです。

するするっと、さっぱり食べれて丁度よかったです。

 

こんな時に美味過ぎるラーメンなんか食ってしまうと
かえってうっとおしい。

 

半チャンラーメンの時も同じで、ラーメンが強過ぎると面倒くさいんです。

中華屋さんではラーメンはもちろん、餃子食ったり、チャーハン食ったり、
ニラレバ食ったり、ラーメンの上にあんかけを乗っけたりしますので、
ラーメンばかりが強烈だと食事としてのバランスが崩れてしまう。

 

だから、専門店のラーメンと違って若干軽めの方が良いんです。
ニューミスターラーメンもそういうラーメンだと思います。

ミスターの場合は中華そばでしたよね。。。

 

 

 

<スポンサーリンク>