<スポンサーリンク>

 

 

今日は、青梅市河辺にあるラーメン屋さん「蕾」
に行って来ました。

行って来たんですが、、、
ちょっと、失敗しちゃいました。

 

と言うのはですね、、、
お腹が空いて無かったんです。
しかも、口の中にはニンニクと脂の余韻が思いっきり残っているし。。

実は「蕾」に来る直前に「花月」行ってしまったのです。

 

自分としては、ラーメンの2杯ぐらい難なく食べれるだろうから
連チャンしたって問題無し、と思っていました。

しかし、、、
食べる事が出来たとしても、お腹が一杯だと味覚が鈍感になってしまう。

食べながら、頭の中で懸命に味や香りを感じようと努めるのですが
どこか気持がうわの空。

せっかく食べたのに味がイマイチ良くわからない。
こりゃ、ダメだ。。。
ですから、今回のレポートは「無理矢理」です。
あまり面白く無いですけれど、一応お送りします。

恐縮です。

 

 

 

それでは、

ええっと、ですねぇ、、

こちらがお店の外観です。↓とても品のある店構えですね。

今流行りの殴り書き風の看板ではなく、楷書体で書かれています。
真面目そうな印象です。

お店の方が暖簾を落としに外へ出て来ました。

2時半過ぎにおじゃましましたので、前半戦ぎりぎりに飛び込んでしまって
ちょっとご迷惑だったかな?

蕾さんは平日、土は3時で一度区切って
夕方は5時30分から再開します。

 

 

 

「つけめん」を注文しました。

店前には「つけめん」のぼり旗がありましたので、、、
素直に従ってみます。

 

メニュー表でもトップの場所に表記してあります。

<スポンサーリンク>

ということは、やはりつけめんが「推し」メニューかも知れません。

 

 

 

スープは豚骨と魚介のミックス系

そこそこに濃厚なタイプでして、誰にでも食べ易いでしょう。
個性を強調して、ゴテゴテに濃くするようなしていません。

タレは甘しょっぱいの正油味。
酸っぱくしたり、辛みを付けてたりはしていません。

中庸な味なのでへんなクセが無く、とっつきやすい味です。

 

 

麺は中太で丸形です

冷水でガンガン締めてくるので、歯触りがシコシコしています。
舌触りはプルンとしているタイプですね。

極太でワシワシ食べるとか、シャキシャキの細麺とか
そういうタイプじゃないです。

しばらくつけ麺を食べていないので、うまく表現できません。。。
細かい事はお店に行って確かめてください(笑)。

 

 

清潔感溢れる店内

お店の中はとても、さっぱりと清潔にされています。
粉が飛び散っているとか、脂でギトギトしているとかはありませんので
女性が行っても拒絶感は無いと思います。

お店の方も明るくハキハキと接客してくれます。

店内のBGMはFMのラジオ放送でした。

 

 

駐車場

お店のすぐ横に駐車場があります。
共同の駐車場なのため、多数台分用意されていますので自動車で行っても安心です。

 

 

<スポンサーリンク>