青梅ラーメン食べ尽くしレポ【大門】麻婆ラーメン¥710

 

 

何気に気になっていた中華屋さん

つい先日まで、青梅マラソンの出場に向けて
仕事の帰りに青梅線沿いの道をよく走っていました。

帰宅途中なので腹が減っていますから、飲食店の前を通ると
相当興味をそそられます。

 

そんな中、行ってみたいお店はたくさんあったのですが、
特に気になったお店がこちら。↓

sign board
daimon

 

線路っぷちの暗い道を走っていると、突如現れる光り輝く一軒の中華屋さん…。
(照明がガンガン当たっていて、よく目立つんです)

お店の前を通る度に中をチラ見すると、たいがいお客さんが数人が座っています。

 

目立つのだけれど、ゴチャゴチャと写真付きのメニューを並べ立てたり
「この一杯にかける〜」とか、「厳選素材〜を使用」みたいな
うっとおしいメッセージなどは一切なし。

また、外から見える店内の様子もすっきり、、すごいシンプル。
(ここまで、シンプルなのも今どき珍しい)

ひたすら明るくて、妙に印象に残るお店だったのです。

 

noodle
ramen

 

 

「大門」と言う名のお店

その後、青梅マラソンも終わったのでラーメン食いを開始する事になり
ネット等でお店のリサーチを行います。

そんな中、青梅市の河辺に「大門」というお店の名前がありました。

自分としては青梅市内のラーメン屋さんなら、名前と場所ぐらいは大体
見当がつくのですが、、、

ダイモン、、、?  どこっだっけ…?

と、大門だけはピンと来なかったのです。

 

 

そんなある日、河辺方面にチャリでラーメンを食いに向かう途中
例の明るい中華屋さんの前を通ります。

僕は思い出したように「あ、そうだ、ここでもラーメン食べれるんだよね」
とあらためて気付きます。

 

そこで当初の予定では、駅の南口にある「はちのこ」か「皇花」
に行くつもりだったのですが、急遽変更。

「よし、今日は憧れのあの、明るい店に行くぞ」と
お店に近づきます。

そして、お店の前で店名を確認すると「大門」の文字が…。
「そうか!ここだったのか、ダイモン、、、」

お店の前は何度も走っていたのですが、名前はちゃんと見ていませんでした。

 

menu
daimon

 

 

地元ではちょっと有名

さて、僕は二重の喜びをかみしめながらお店に入ります。

注文は半チャンラーメンにしようと思ったのですが、メニューに見当たらない。
ああ、どうしよう、、、。
(※本当はあります。張り紙でちゃんと表示してありました)

中華屋さんって品数が多いので迷っちゃうんですよね。
でも、早く決めなきゃと焦りつつ、、、

わけも分からず「麻婆ラーメン」をお願いしました。

 

noodle
ramen

どうです?シンプルでしょ?
ネギが入っていませんから、一見すると地味な感じがします。

で、早速食べます、、、。
そして、感想。

正直に言いますね。
うまいです。

 

 

見た目もシンプルなんですが、味もシンプル。

脇目もふらず素直にうまい。
チャラチャラしないで、ストイックな感じです。

直球勝負。

 

noodle
remen

 

辣が効いていてパンチのある辛さ。
中細ストレートで重量感のある麺。
麻婆と相性の良いスープ。

豚肉は挽肉ではなくて、極小の細切れ。
機械で挽かないで、手作業で切っているのかも知れません。

あとネギ無しだけど、それがいいんです。
うまいせいろ蕎麦には海苔とかネギ入れると
かえって、もったいない味になってしまうのと同じ。

 

中華屋さんだけど、専門店にも負けないラーメンでした。
おそれ入りましたよ。。。

 

noodle
ramen

 

後日、友人に「河辺で面白い中華屋さん見つけたんだよ」
と話すと「今さら、何いってんだ?」
という顔をされてしまいました。

はい、すみません。
私の認識不足でした。

 

ご近所では、ちょっと知られたお店だったんですねぇ。
知らないのは僕だけだったのでした。

よし、また来てその時は半チャンラーメンにするぞ…。
いや、上海めんもうまそうだったなぁ。

 

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です