マキシマイザー20【ミズノ】インプレ、購入、感想!最新モデル2017版

ミズノ・マキシマイザーの2017年バージョン「マキシマイザー20」の実走レポートをお送りします。

僕はマキシマイザーを代々履き続け、どのシリーズも気に入っていますが…今年のマキシもなかなかGOODです。

新作マキシは「走り」が進化している。

気持ちよくポンポン前に進んで楽しいですよ。

また、それ以外にも耐久性や履き心地などについてまとめてみました。

 

走行感

注文したマキシマイザー20が届くと、早速試走開始。

で、走り出すとすぐに気がつきました…

「おおっ、バネが効いているいるじゃないか!」

 

ランニングシューズって、足が地面に着地した時の衝撃を反発力に変えて、次の蹴り足を前へ進める推進力に生かすんですが… (バネの力みたいに)

それって、マキシよりもワンランク上のシューズの世界。

それをマキシでやっちゃうなんて…いい時代になったもんだ。

 

マキシマイザーみたいな安いシューズでは「普通に走れればそれでOK」

みたいなイメージがありました。

(※普通のスニーカーでは「普通」に長距離を走ることすら出来ません)

 

しかし、マキシマイザー20は違うぞ…。

一番安いランニングシューズのくせに、ちゃんとバネ効果がある。

シューズの弾みを生かして、ポンポン走れます

 

4000円位のシューズで、ここまでやってくれるなんて…感動しちゃう。

個人的には「もうこれで十分」ぐらいの印象。

 

そして、新作のマキシ20は前作のマキシに比べ、シューズのホールド感が強化され、蹴り足の力が無駄なく地面に伝わります。

つまり、それだけ前に進むってこと。

これは、マキシ19でもかなり進化した部分ではありますが、マキシ20ではさらに手が入っています。

そのためかマキシ19とマキシ20で走り比べてみると、マキシ20の方が若干早く走れるような気がするんですねぇ。(個人の体感で…)

 

もちろん、もっと上級の機種ならさらに走り易いとは思うんですけど…日常のジョギングや気楽に長距離を走るんなら、お釣りが出るくらいの性能だと思います。

 

あと、何度か走って感じたのは…

ランニングしてて体が温まって来ると、走るペースが上がるポイントってありますよね?

マキシ20を履いてそのポイントに差し掛かると、明らかにスイスイ進むんです。

 

多分これって、シューズの特性がダラダラ走るよりも、ある程度スピードのある方が合っているためではないかと、思われます。(と言ってもキロ6分ぐらい)

あまりにチンタラ走っていると、逆にちょっと疲れるんです。

シューズに「走れ、走れ」ってせかされる様な感じがして、ウザいんです。

まぁ、普通に走っていればポンポン前に進んで気持ちいいんですが…。

 

サイズ感

シューズのサイズ感って、例えば同じ26.0cmでも履いてみると銘柄が違えば、きつく感じたり、逆にユルユルだったりしますよね?

で、マキシ20の場合は…それほどサイズ感に癖は無いと思います。

サバ読んで、大きくしたり小さくしたりする必要は無いでしょう。

ただ、横幅が3Eの設計なので、少しゆったりした感じはあります。

シューズを買うときは、ちゃんと試着するのが基本です。

でも、イチかバチかでマキシ20をネット発注する時は、いつものベストサイズで注文するのがいいと思います。(責任は取れませんが…(#^.^#))

 

マキシマイザー20の重さ

ランニングシューズを選ぶときに、ちょっと気になるのがシューズの重量。

何となく、軽い方が良い様な気がしませんか?

それで、マキシ20の重量は…僕のマキシ20の場合26.0cmで240g。

 

ちなみに、今手元にあるシューズを比べてみます。

アシックス・ニューヨーク5→26.0cm 294g(しっかり安定感あり)

NB・バジーペース→26.0cm 244g(軽い走行感)

ミズノ・ラッシュアップ2→26.0cm 220g(これは軽すぎの部類)

 

と、言うことは…マキシ20は軽い方のグループに入れてもいいかも知れない。

実際に走ってみると、軽い感じがしますね。

 

逆に「重たい方がいい」って人は、インソールなどで調節するのもアリだと思います。

僕は、マキシ19にワザと重たいインソールを入れて走っていますが、落ち着き感が出て、重たいマキシもなかなかオツであります。

ただ、分厚いインソールはサイズ感が変わるのでご注意なんですが…。

 

履き心地

マキシ20の履き心地はですねぇ、かなり無骨ですよ~。

でも、だんだんほぐれて来るのでご心配なく。

これは前作のマキシ19でも経験したんですが、始めて足を入れた時はその固さにビビりました。

「なんじゃ、この固さは?サッカーのスパイクか?」ってな感じで。

普段からフワフワ、ポヨポヨのシューズを履いている人だったら、強いショックを受けるでしょう。

ところが走りだすと、気に成るほど固いわけではなく

「やっぱ、ランシューだったのね」となります。

そして、1~2カ月履いているとだんだん柔らかくなって、固さは程よいホールド感となって足元を支えてくれます。

ランニングシューズって1年ぐらい履いてると、次第にヘロヘロになって来ますが、マキシの固さは逆に愛着に変わってお気に入り感がアップします。

マキシ20は、まだそこまで履き込んでいませんが、マキシ19の経験を踏まえると、たぶん同じように印象が変化して来ると思うんです。

卸したて~現在までの感触はマキシ20と19では、ほぼ一緒なので。

 

耐久性

マキシマイザーの耐久性は良いですよ~。

って言うか、中々くたばってくれない(*´з`)

今、自分の手元にマキシ18(一昨年モデル)があって、後がつかえているから早く履き潰したいのですが、中々潰れない。

最近やっと、アッパーが少し破れて来ましたが、ランニングするには特に支障は無いし、アウトソールのかかとの部分などは…まだ余裕がある。

マキシ19などは、未だ憎たらしいほどシャキッとしているし…。

マキシマイザーは年々進歩していますが、基本的な構造はいつも一緒なので、マキシ20もかなり頑丈なシューズだと思いますよ。

 

ちなみに僕の走行距離は月に200kmペースで、これを3~4足のシューズでローテーションしています。

多走行する人だったら、一足ぐらいはマキシを持っていると良いでしょう。

勝負シューズを温存するためにも…。

 

投稿者: otakara

好きな食べ物、みかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。