【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「カレー」

イギリスでは「風邪にカレー」なんですって

 

イギリスでは「風邪をひいたらカレーを食べろ」言われているそうです。

日本人的な感覚では、風邪をひいたらお粥とか、うどんの方がいいんじゃない?
なんて思うかも知れません。
カレーは刺激が強いからパス!なんてね。

もちろん、お粥やうどんでも結構ですよ。
おもいっきり熱でダウンしているような時は、むしろお粥の方がいいでしょう。

でも風邪のひきはじめや、まだ食欲があるうち
「風邪をひいたらカレーを食べろ」も悪く無い、それどころかオススメなのです。

 

 

スパイスが風邪に効く

 

では、カレーはなぜ風邪に効くのか

それはお察しのとおり、カレー使用されているスパイスが風邪治しに効果を発揮するからです。

カレー粉のスパイスのブレンドは、基本的にはこの4つのスパイスで構成されています。
ターメリック(ウコン)、トウガラシ、コリアンダー、クミン。

それじゃ、この4種のスパイスにはどんな効用があるのか…、となるとマニアックな話になってしましますので
ここでは、ざっくりと「カレー粉」としてその効用について見ていきましょう。

 

 

風邪に効くカレー粉の効用

免疫力のアップ     (→治りが早まる)
解毒作用        (→体のつらさを軽減)
咳、喉の痛みをやわらげる(→そのまんまです)

もう少しだけ細かく見ていきますと。

肝臓機能の活性化、抗酸化作用、免疫細胞の活性化、整腸作用、消化促進、抗炎症作用、抗細菌作用など。

このようにカレー粉にはいろんな効果、効用があってそれで結果的に風邪の症状を抑えて、治りを早くしてくれる

そして、それが実際に風邪に効くのだということを、イギリスの人たちが証言しているのです。
(少々話がそれますが、イギリス人って意外とカレー好きなんです。面白いですね。)

 

 

スパイス増量でパワーアップ

 

とは言うものの、カレーを食べる時にちょっと気にして欲しい事があります。
とくに、カレーのルウについて。

日本のカレールウって、やっぱり日本人の好きそうな味に仕上げてあるんです。
限られたコストの範囲内で。

でもそうすると、ルウの中のスパイスの分量がどうしても減ってきてしまう。
たぶんそれって、イギリスの人たちが食べているカレーとはちょっと違うと思うんです。

だから、お家でカレーを作るときは自分でカレー粉(ルウじゃなくてパウダーの方ね)をたしてやるとか、もしくは甘口カレーを選ぶ。
(意外ですが辛口よりも甘口のほうがスパイスの分量が多いんです)

専門店で食べる場合はスパイスはバッチリ使っていますから、モーマンタイです。

レトルトのカレーはどうだったかなぁ?
よく分からないんですが、高級めなカレーならスパイスの風味がしっかりしていますから、そっちの方がいいかも知れません。

 

 

オススメは「お家でインドカレー」

 

以前、自宅でバングラディシュのカレー(←ほぼインドカレー)を作ったことがありました。
SBの赤缶のカレー粉を使って。
すご〜く簡単に出来て、めっちゃウマ!!

大辛じゃないけど、スパイスつかってる〜って感じの味。
そんなスパイシーさが風邪に効くのかもしれない。。。

 


 

カレーとマラソンとくれば、
「たんのカレーライスマラソン」ですね。

知っていますか?
北海道、北見市の大会です。。

チームで走って材料を取りにいって(畑とか)
みんな揃ったらカレー作って食べるというマラソン大会。
カレー大食いコンテストなどもやったり…、楽しそう。

青梅でもやってくれないかなぁ。

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。 「ヨーグルト」

さて今回ご紹介する「風邪に効くランナーの食事」は
ヨーグルト」です。

 

いかにも体に良さそうです。
だから、「ヨーグルトが風邪に効く」と言われても全然違和感ないですよね。
さわやかな味だし(味は関係ないか…)。

巷では、「ヨーグルトを食べると免疫力が上がって、風邪をひきづらくなる
そんな事をよく耳にしますでしょ?
実際その通りであるんですが、
では、なぜヨーグルトが免疫力アップにつながるか知っていますか?

これ、ちょっと面白いんです。
実はヨーグルトって直接免疫力を上げたり、風邪を治してくれるものじゃないんですね。

それはヨーグルトを食べることによって、
なんだかんかで、めぐりめぐって結果的に免疫力が上がり
風邪に効くという仕組みになっているわけなのですね。

では、そんなヨーグルトと免疫の関係についてお話していきます。

 

 

ヨーグルトは免疫力とか風邪に効くという効果以外に、腸のはたらきを整えるといった作用があると言われています。
「便秘にはヨーグルト…」
みたいな事、よく聞きますますよね。

じつはこのヨーグルトの整腸作用こそが、免疫力を高める大きなファクターであったのです。

腸と免疫ってどんな関係にあるのだろうか…?

 

 

免疫の働きをする白血球(免疫細胞)は他の血液細胞と同じく骨髄でつくられますが、
その白血球の機能をコントロールしているのは小腸の組織の一部、パイエル板という部分なのです。
小腸の下のほうにくっついているものだそうです。

腸ってとってもデリケートな器官であり寝不足とか(疲労)、ジャンクフードばかり続けて食べたり(偏食)、会社で上司にギャンギャン言われたりすると(ストレス)、すぐに調子がおかしくしまいます。

そのようにして、腸の調子が狂ってくるとその一部であるパイエル板も巻き沿いをくって不調になってしまうんです。

そして白血球のコントロールがうまくできなくなり、免疫力が低下する。
免疫力が低下すると抵抗力を失い風邪をひいたりする。

つまり、腸の調子が悪い免疫力がしっかりと力を発揮出来なくなってしまうとうい事です。

 

 

でも、それじゃあ困りますからヨーグルトを食べて、腸の調子を整えるのです。
ヨーグルトにはご存知の乳酸菌が入っていて、これが善玉菌として整腸作用に活躍してくれます。

じゃあ、腸の調子が良かったらヨーグルト食べなくていいのかな?
パイエル板が元気に働くから。
それも一理あります。

でも以前、読売新聞でこんな記事を読んだことがありました。
広島県のある小学校での話。

その小学校では数ヶ月間をかけて、学校の給食で毎日のようにヨーグルトを出して生徒に食べさせました。
すると、風邪で学校を休む生徒の数があきらかに減ったのでした。

これは、ヨーグルト食う事で免疫力が上がり風邪をひきずらくなる、ということを意味しているのかも知れません。

子どもにだって、それなりにストレスや偏食だってあるでしょう。
でも、少なくとも大人よりは健康的な生活をしていると思います。
腸内環境だって、多分いいでしょう。
子どもは3日連立ち食いソバとか、徹夜で仕事したりしませんから。

そんな彼らでさえもヨーグルトがきいたのなら、大人だったらもっと効きそうな気がするんですが。。。

 

 

おまけに、もうちょっと書きます。
白血球のことなど。

白血球とは何種類もある免疫細胞のことをひっくるめて、そう呼んでいるんですが
その免疫細胞の働きが面白い。

例えばマクロファージという免疫細胞は、
体内にウィルスとか異物を見つけると
触手でむにゅ〜って抱きこんで食べちゃうんです。

ナチュラルキラー細胞って言うのもあって、
こいつはいつもぐるぐると体内をパトロールして回っていて、がん細胞やウィルスに感染してしまった細胞を見つけると、自分一人で乗り込んでいってやっつけてくるんですって。
かっちょいい…。

そんなふうにして、僕らの身体は日々守られているんですねぇ。

 

 

ヨーグルトはマラソンランナーにもオススメの食べ物です。

ヨーグルトのタンパク質は消化、吸収に優れているので
ランナーの身体づくりにはもってこいなのです。
牛乳よりも吸収しやすいんですって。

そして、ハードなトレーニングをする人だったら走った後にヨーグルトを
キツい練習をした後は免疫細胞の動きも鈍っていますから。

大会後に気が抜けて風邪ひいちゃった、なんて話きいたことありますでしょ?
それは気合いと一緒に免疫力も抜けているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。 「豚肉のしょうが焼き」

風邪のひき始めに豚の生姜焼き

 

豚肉のしょうが焼きは好きですか?」

日本人ならこの質問にNOと答えられる人は少ないはず。
家庭で、学校給食で、定食屋さんで、社員食堂で…どこへ行っても人気のあるメニューです。

そんな豚肉のしょうが焼き、風邪に効くんです。
うれしいですね、美味しくて風邪に効くなら文句無し。

そしてこの豚肉のしょうが焼きは、風邪にひきはじめに食べたいメニューなのです。
風邪も本びきになってしまうと、食欲が失せてしょうが焼きどころではなくなってしまいますからね。

だから、風邪のひきはじめには豚肉のしょうが焼き。

 

抵抗力を高める栄養素

 

では、なぜ風邪のひきはじめに豚肉のしょうが焼きがよいのか?

それは豚肉に含まれるビタミンBが風邪で傷めた粘膜の修復をたすけてくれるからです。

あと、ビタミンBは食事でとった糖質をエネルギーに変えるはたらきをしますので、弱った体力を回復させることができます。

そして、しょうが
しょうがは体を温めることで有名な食物ですが、体が温まると免疫力がアップして風邪のウィルスに対抗することができるのです。

さらに、しょうがには殺菌作用喉の痛みを鎮める効果があり、風邪の症状にはうってつけなのです。
食欲も増進してくれるし。

 

風邪の予防薬

 

風邪のひきはじめのまだ食欲がある時、もしくは風邪をひいている人と同席した場合などは豚肉のしょうが焼きがよい薬になります。
「ちょっとヤバいかな?」って時は
もりもり食べて早めに寝る

風邪はひきはじめの対処が大切です。
上手く行けば翌日は何もなかったかのようにケロッとしているし、無理してコケれば次の日にズドーンときますからね。

この差は大きい。

 

ランナーのダメージを回復する

 

また、豚肉のしょうが焼きは風邪に効くメニューでありながら、ランナーの体力づくりにもオススメなのです。

マラソン大会に向けてトレーニングをしていると足が痛くなったり、筋肉痛になったりしますでしょ。
それはトレーニングによる身体への負荷で、筋肉の細胞に小さな傷が生じているからです。

そんな傷ついた筋肉の修復に効果を発揮するのが、豚肉のタンパク質ビタミンBなのですね。

 

キャベ千とポテサラは名脇役

 

あ、そうそう、豚肉のしょうが焼きには必ずと行っていいほどキャベツの千切りとポテトサラダがお皿の横っちょに添えられてきますよね。
あのキャベツの千切りとポテトサラダも残さずに全部いただきましょう。

キャベ千とポテサラにはビタミンCが含まれています。

ビタミンCは喉や鼻の粘膜を強くして、風邪ウィルスの侵入を防いでくれるからです。

ポテサラにソースをかけるか、かけ無いかはお好みでどうぞ…。

 

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「レバニラ炒め」

 

 

安くておいしい?レバーの料理

 

みなさーん、レバー食べてますか?

僕はしばらく食べていません、実は…。
本当は食べたいんです!

でも、家族がレバー好きじゃないんですね。
特にあの匂いが。

すっごく美味しいと思うんだけど、分かってもらえないんですよ。
まったく、しょうもない連中である。。。
あぁ、レバー食いたくなって来た。

 

 

まぁ、確かに世間的にはレバーって好き嫌いの分かれる食材かもしれません。
それが本当に嫌いなら仕方がないけれど、単なる食わず嫌いだったらそれはもったいないことだと思います。

美味しくて、安くて、栄養価の高いレバー
最高じゃないないですか!
みんなで、どんどんレバーを食べようではないか!
おーい妻よー、レバーを食わしてくれ〜!!

 

 

レバ+ニラ+モヤシの連携プレイ

 

レバーと言えばとりあえずは、レバニラ炒めがポピュラーなメニューですよね。
で、このレバニラ炒め、風邪に効くんです。
風邪をひいたらレバニラ炒め。

美味しくて、栄養価が高くて風邪に効く。
やっぱ、レバー最高!

では、どうしてレバニラ炒めは風邪に効くのか?
それはレバーそのものの栄養価とともに、脇役を勤めるニラモヤシが見事な連携プレーを成し、よりいっそうの風邪治しパワーを発揮するからです。

 

 

レバーはタンパク質ビタミンBβカロテン、鉄分を含んだ栄養価の高い食材なんですが、これってもろに風邪症状の改善に効く。
風邪による体力の低下喉などの粘膜の痛み体調の不調などの回復に必要とされている栄養分そのものなのです。

そして更にニラとモヤシがレバー栄養分の吸収のサポートをしてくれるのです。

ニラに含まれる硫化アリルはビタミンBの吸収を高め、風邪でダメージを負った身体の修復を促進。
モヤシのビタミンCはレバーの鉄分の吸収を高め白血球の増産を促進

つまり、ニラとモヤシはレバーの風邪直しパワーを加速させるターボチャージャーのような役割を担うわけです。

しかも、ニラはもともと滋養強壮の効果が高い野菜だし、モヤシのアスパラギン酸は疲労回復に効果を発揮する。

どーよ!すごいでしょ、レバニラ炒め。
これだけやってくれるんだから絶対に風邪に効くよね。

 

 

ところでレバニラ炒めって、レバー、ニラ、モヤシ以外にもニンニクとか、生姜とか、玉ねぎなんかも入ってたりしますよね。

もちろん、お好みで入れてくださって結構です。
全部かぜに効果ありますから。
さらにパワーアップしますよ。

 

 

筋肉痛にはビタミンBとタンパク質

 

ちなみに、レバニラ炒めはランナーさん達の普段のご飯のおかずとしても大変オススメです。

マラソンのトレーニングしてますと、足の関節や筋肉が痛くなりますでしょ?
そんな時レバニラ炒めのビタミンBタンパク質が足の回復に効くんです。

マラソンって見た目は地味だけど、本当はかなり体力を消耗します。
ちょっとがんばってトレーニングしちゃうと、1日2日じゃ疲れは取れないし
筋肉痛なんかになってしまうとしばらくは調子が上がらない。

そこで時々、休足日をもうけながらトレーニングプランを立てるわけですが、その休足している間にレバニラ食ってしっかり栄養をとっておくと、つぎに走り出す時には足がパワーアップしているというワケです。

なんとも素晴らしいじゃないですか。

 

だから僕もレバニラ炒め食いたいんですけど、でも家族がなぁ〜。。。

 

 

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「唐揚げ」

マラソン大会を控えたランナー風邪などひいていられない
大会当日はもちろん、体調を崩せばトレーニングの予定だって狂ってしまいます。

手洗い、うがいに、マスクに、乾布摩擦!?。
だけど、あんまりストイックにやっても肩こっちゃいますね。

そこで、楽しい風邪の撃退法。
美味しく食べて風邪退治

皆さんがいつも食べてるあの食事、実は風邪によく効くんです。
よ〜く知ってるあの料理ですよ〜。

もりもり食べて、風邪を乗り切ろう!

 

 

fried chichen

 

 

では、始めます。

風邪に効く食事 その1。  『唐揚げ』

 

とりの唐揚げって風邪に効くんです。
とくに、風邪予防に威力を発揮します。
意外な感じがしますね。。。

好きでしょ?唐揚げ。
おいしいよね〜。

おいしくて、風邪予防になるんだからもう、言うことなし。
毎日、予防したいくらいです。

 

 

 

それじゃ、とりの唐揚げのどこが風邪にきくのか?
それは、とり肉に含まれる「タンパク質」と「ビタミンA」です。

 

良質なタンパク質は体温を上げて免疫力をアップさせます。
唐揚げを食べて摂取したタンパク質が体温を上げて白血球などの免疫物質の働きを高め、風邪のウィルスを撃退してしてくれるというわけです。

 

そしてつぎは、ビタミンA
ビタミンAは喉や鼻の粘膜を強くしてくれます。
粘膜が弱いと、口や鼻から入ったウィルスが細胞の奥のほうに侵入してきて増殖を始めてしまうんです。
それじゃ困りますから、やっぱりビタミンA摂っておいたほうがいい。

しかも、ビタミンAは油と一緒に調理するとより体内に吸収しやすくなります

 

そこで、とり肉 × 油 = とりの唐揚げ
ということになる訳ですね。
(「とりカツ」でもいいんですけど)

 

ウィルスに強くなる料理、唐揚げ。

よっしゃ、この論法でカミさんに直訴してみるか。
「唐揚げ食いたいよ」って。

 

 

ところで、風邪とお肉ってちょっとミスマッチな感じがしませんか?
お肉じゃ重たくて、今ひとつヘルシーな感じがしないっていうか…。

でも、大丈夫。

確かに肉ってガツンとした食べ応えがあるんですが、実は意外と消化吸収のよい食べ物なのだそうです。
思ったほど胃腸に負担をかけない、体にやさしい食べ物なのだそうです。

だからってフードファイターみたいにバクバク食っちゃったら、そりゃ胃も疲れますけどね。

 

 

meat market

 

 

ちなみに、青梅では「シカゴチキン」というとり料理屋さんがありまして…、
そこの唐揚げがウマいんだなぁ。
100グラム、180円です。

青梅に来たら食べていって下さい。
風邪予防にもなることだし。。。

青梅街道沿い、赤塚不二夫会館のお隣にあります。