【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの○○。「カキ鍋」

お鍋を食べて免疫力アップ

 

「寒くなってきたから、そろそろお鍋なんかしたいなぁ」
と思うのは日本人、全国民の共通した心理(?)。

実はこれ、ものすごく理にかなっています。
寒くなると身体の活性が落ちてきて、ヘタをすると体調を崩し風邪をひきかねない。

そこで、あったかいお鍋を食べて、一気に身体を温め、免疫力をあげる
ぶっちゃけお鍋料理って、大体どんなものでも風邪に効くんです。
栄養バランスがよくて、消化もよくて、身体もすごくあったまる。

お鍋は食ってるだけで、風邪予防
日本人は賢明な国民です。
美味しく、楽しく風邪予防。
みんなそれを肌で知っている。

 

 

カキ+鍋=最強鍋

 

もつ鍋、カニ鍋、キムチ鍋、ちゃんこ鍋、あんこう鍋、石狩鍋…。
お鍋はいろいろあるけれど、み〜んな風邪に効きますよ。

でもそんな中、一番強力なのが「カキ鍋」。
ガツンと効きます。
しょぼい風邪なら一発で逃げ出す。

かき鍋食べるとめっちゃが元気がでる。
昔から「牡蠣肉エキス」っていうサプリがあるくらいですから。
鮭肉エキスとか、モツ肉エキスなんて聞いた事無いですもんね。

 

 

パワフルな栄養バランスで風邪退治

 

それじゃ、カキ鍋パワーの秘密は何か?

正直言ってカキ鍋の具材って、カキ以外は普通の寄せ鍋とあまり変わらなかったりする。
もちろん寄せ鍋だって栄養価は高いし、風邪退治にはもってこいなんですが
これにカキがどかんと参加すると、栄養バランスがパワーアップしてものすごいスタミナ鍋になるわけです。

ネギや白菜、春菊といった野菜で風邪への守りをかためながら(殺菌や粘膜の強化)、カキの攻撃力で風邪を粉砕します

 

 

風邪も逃げ出すカキの栄養パワー

 

カキの大事な3つの栄養素。
グリコーゲン亜鉛タウリン

まず、グリコーゲン
これ思いっきり元気の素。
グリコキャラメルのグリコ。
グリコマークのあのキャラクター、両手広げて元気に走っていますでしょ?

グリコーゲンは、糖よりも早くエネルギーに変わってしまう栄養素です。
カキを食べれば、速攻のエネルギーチャージ

元気いっぱいにスタミナ強化。

 

つぎは、タウリン
聞いたことありますよね、タウリン。

ファイトいっぱあ〜つ、のタウリン。
リポDのタウリンです。
崖をよじ登ったり、大木を持ち上げるCMが懐かしいですね。

タウリンは疲労を回復させて、風邪をひきにくくさせるんです。

 

そして、亜鉛

これは免疫細胞のT細胞っていうやつに聞くんです。

T細胞は免疫細胞のひとつで、ウィルスや細菌をガンガンやっつけてくれるんですが、
亜鉛が不足すると、T細胞の働きがにぶってしまうんです。
T細胞の働きがにぶくなると、そのぶんウィルスや細菌に感染されやすくなる。

亜鉛は汗やおしっこと一緒に流れ出てしまいがちなので、不足に気をつけないといけないんです。

とくに、マラソンやダイエットをしている人たちは。

 

カキ鍋+味噌でさらに強力

そして、さらに。

これらの、パワフルなカキの栄養素をひきだす為にも
カキ鍋の味付けは味噌でお願いします。

カキと味噌は相性がよくて、おたがいに持っている栄養素の効果を引き出し合ってくれるのです。

ま、これは言うまでもなく皆さんやってるかもしれません。
カキに味噌。。。
美味しいですもんね!

 

 

ランナーさんにもオススメ

 

このカキ鍋パワー、ランナー目線で見てもおおいに気になるところ。

グリコーゲン → スタミナ補給
タウリン   → 疲労回復
亜鉛     → 貧血防止

う〜む、カキ鍋食べたら速くは走れるかも知れない…!!
なんちゃって。

冗談は抜きにしても、大会の前日に「カキ鍋」なんて悪くないと思います。
栄養素は文句のつけようがないし、消化もいいだろうし、どうかなぁ?

シメにうどんでも入れたら、炭水化物のチャージもできるし