青梅マラソンコース【画像】10枚。 スタートからゴールまで30km

 

 

青梅マラソンが間近にせまって来ました

 

大会前に青梅マラソンのコースをちょびっと予習しておきましょう。
当日のワクワク感を今のうちから楽しむためです。

コースに迷うという事は、、、200%あり得ません。
その点は御心配なく。

あとは、本番で雪が降らない事を祈るばかりです。

 

 

 

スタート地点

スタート地点と言っても、よほど早いランナーさんで無ければここを通過するのに
5分や10分は平気で待たされます。

スタート前は行列の真ん中にいましょう。
2月の寒風が直に当たりませんから、すこし暖かいです。

 

 

 

青梅の市街地

この辺りではまだ集団はバラけないですから、青梅の街を眺めながら進んでいきます。
がんばって追い抜いても、その後が詰まっていますから開き直ってゆっくり走ります。

 

 

 

10kmの押し返し地点

5km地点を通過すると、そのすぐ後に10kmの折り返し地点があります。

「おうめちゃん」のイラストが描かれていますね。
ニコチャン大王を連想する人は僕だけではないと思います。

 

 

 

10km給水所

小澤酒造の近くに給水所が設置されています。

 

30km折り返し地点

やっと折り返し地点に到着しました。
ここから後半戦です。

 

20km給水所

給水をして一息いれます。
次の給水までの間に難所の坂道が待ち構えていますからね。

 

 

 

ここからが難所

「朱とんぼ」の辺りから復路の上りが坂が始まります。
うまく攻略してくださいね。
足がつるランナーさんが続出しますから。。。

 

 

 

あと、残り5km

もうちょっとですよ、5kmぐらいです。
宮ノ平駅手前の上り坂もけっこうキツい。
ここで体力を使い果たしてしまうと、ラスト5km苦しむ事になります。
時間に余裕があったら、少し歩くのも悪くは無いと思います。

 

 

 

街に帰ってきた、あと少し

街に帰って来ました。
体力はへとへとでも市民の声援があと通しをしてくれます。
脚力が苦しいほど、忘れられない思い出になるでしょう。

 

 

 

30kmゴール!! お疲れちゃん。。

ゴール地点の青梅市総合体育館です。

あなたの目標は何ですか?
完走? 自己新? 上位入賞?

僕はゴールしたらその後、たこ焼き食って、焼き鳥食って、、
が楽しみです。

 

 

 


 おまけ

 

JR御岳駅前の画像です。
ここを通り過ぎるとガクンと下る坂道に入ります。
うまく下れる人はビュンビュンとばします。

 

 

 

「よろい橋」から先にはタフな上り坂が待ち構えています。

 

こんな感じで二俣尾の駅前まで一気に登ります。

青梅マラソンは全般的にアップダウンの多いコースですが、ここが一番キツいですよ。

 

 

 

試走者【急増】青梅マラソン 2017.1.07 青梅街道の現地画像

 

 

今年1月に入ってから、青梅街道を走るランナーさん達の数が急に増えました。
おそらく、その多くは青梅マラソンに出場する方たちであると思います。

このブログをお読みの方達また、おそらくは青梅マラソンに出場する、もしくは関心をお持ちなのではないでしょうか。

 

ところで、青梅で試走した事ありますか?
お時間があったら是非来てくださいね。

楽しいですよ〜!

これから同じレースに出ると思しき人たちと、一緒に走るのはとっても良い刺激になります。

特に自分より年上のお姉さん(いわゆるオバチャン)にあっさりと
ブチ抜かれた日にゃぁ、、そりゃもう、、、
燃えますよっ!!
(もしくは、愕然とする。。。)

 

 

試走のピークはこれから約1ヶ月ぐらい。
沢山のランナーさんが青梅に訪れます。

 

試走をすると言っても、必ずしもフルコース走ることも無いと思うんです。

現地に入って、何となくコースを見て、少し走って、気温を確かめて、
会場をぶらぶら歩く、等をするだけでも
今後のトレーニングの参考になるし、大会当日をリラックスして迎えることが出来ます。

 

ome road
ome road

 

 

青梅は都心と比べると若干気温が低いです。
どのくらいの体温調節が必要かは、現地で走ってみるのが一番よく分かります。
立川と比べてもちょっと寒いですよ。

ome road
ome road

 

 

上級者はコース攻略法を練ってみましょう。
こちらの「鎧橋」以降の坂道は復路の難所の一つ。
長い上り坂がランナーの足に重くのしかかります。

bridge
bridge

 

 

 

また、青梅の町並みを楽しんだり、、、

ome city
ome city

 

この手の看板を見て回ったり、、、

sign board
sign board

 

つまみ食い等をするのもまた、オツです。

food
food

青梅市街にあるバカボン館の隣の唐揚げ屋さんです(シカゴチキン)。
もちろん、青梅マラソンのコース沿いにあります。
おいしいですよ!!
100gで¥180。

food
food

 

 

 

こちらは青梅市総合体育館のイタリアンレストラン「ガンバ!ガンバ!!」。

restaurant
restaurant

スポーツマン御用達ですから、試走後のランニングウェアのままでも
堂々と来店出来ます。
走って髪がバサバサになっていても大丈夫。
ざっくばらんなお店です。

 

ガンバガンバのお料理。
ペペロンチーノのランチです。
¥860でした。

dish
dish

コーヒーはお替わり自由。

 

 

こちらは総合体育館の庭に設置してある「青年像」。
ここで、何十万人というランナーを見続けて来た。
…いや、立ってるだけかも。。。

gym

 

 

JR河辺駅の北口のすぐ近くには「梅の湯」さん
というスーパー銭湯がありますから
そこでひとっ風呂浴びて、試走した後はさっぱりしてお家に帰れます。

青梅マラソンコース 30km 【画像】とれたて写真 ちょっとマニア向け

 

 

 

青梅マラソンコースを写真でご紹介します。

スタートからゴールまでの全30km
試走のつもりでお付き合いください。

枚数が多いのでのんびりみてね。
(↓内田勝蔵 翁  青梅マラソンの父)

bronze statue cimg5572

 

 

まずは、スタート前に整列をします。
最前列はトップランナー、市民ランナーはもうちょっと後ろでこれくらいかな?
それでは、「よーいどん!」

billboard cimg5466

 

 

始まってもしばらくは、進んだり止まったり。
5分以上かけてようやくスタート地点を通過します。

signboard cimg5467

 

 

走りはじめてすぐ。
右手に青梅市役所が見えます。

city hall cimg5468

 

 

東青梅駅の前を通過。

station cimg5470station cimg5469

 

 

スポーツクラブの前を通り過ぎたら

gym cimg5471

 

 

道なりに右へ進みます。

corner cimg5472

 

 

勝沼の信号をどんつきして左に曲がり、青梅街道へ入ります。
cornet cimg5473

 

 

勝沼の信号です。

 cornet cimg5474

 

 

 

 

 

信号を曲がってしばらく直進すると…

urban district cimg5475

 

 

こんなバス停とか、

bus stop cimg5476

 

 

あんな看板など…
だんだん青梅っぽくなって来ました。
signboard cimg5477

 

 

こちらのお店のから揚げがウマいんです

food sotre cimg5447

 

 

青梅駅前までやって来ました

crossing cimg5478

 

 

つづいて、市民会館前を通過して
live house cimg5480

 

 

だんだんとお店の数が減って来ました
road cimg5481

 

 

神社のまえのクランクを過ぎると
shrine cimg5482 road cimg5483

 

お山が見えてきた。
mountain cimg5484

 

 

宮ノ平駅付近の上り坂
角度はあるけど、大丈夫。
始まったばかりだから。
slop cimg5486

 

 

宮ノ平駅ですね

station cimg5487

 

 

駅を過ぎたら、下り坂downhill cimg5488

 

 

そろそろ、5キロ地点です
sky cimg5490

 

 

そのすぐ近くには、10キロの折り返し地点billboard cimg5491

 

 

日向和田に向けて上る坂道
uphill cimg5489

 

 

日向和田駅です
station cimg5492

 

 

 

「イギリス風ティーレストラン」の前を通過
 restaurant cimg5494 restaurant cimg5493

 

 

線路がコースのすぐ横を通ってきたら
railroad cimg5495

 

 

石神前駅の近くです
cornet cimg5496

 

 

二俣尾駅にむけて上る坂
uphill cimg5497

 

 

二俣尾駅。坂の頂上
hilltop cimg5498

 

 

上までのぼったら下り坂が始まりますよ〜、鎧橋まで。
downhill cimg5499

 

 

けっこうな角度です
downhill cimg5501

 

 

しかも、ぐねぐね曲がっているし…
road cimg5502billboard cimg5503

 

 

鎧橋を渡ります。
bridge cimg5504

 

 

すると、もう軍畑まで来たんですね
cornet cimg5505

 

 

軍畑の交差点crossroard cimg5506

 

 

左手には軍畑大橋がありますbridge cimg5507bridge cimg5508

 

 

あかトンボを過ぎてしばらくすると…
signboard cimg5509

 

 

沢井までやって来ました
cornet cimg5510

 

 

ここは10キロ地点給水所が用意されています。
water supply cimg5511

 

 

御岳に向かって上り坂が続きます

uphill cimg5512

 

 

一段ときつくなる
uphill cimg5513

 

 

御岳まで来ました。
御岳駅ってカッコイイ…
 station cimg5514

 

 

奥多摩名菓「山の呼び声」 おみやげにどうぞ。
signboard cimg5515

 

 

さて、奥多摩に突入です

billboard cimg5516

 

 

さらに、山の中へ入っていきます
uphill cimg5517

 

 

川井の信号が見えて来ました。
crossroard cimg5518

 

 

ぐい〜んと上っていく
uphill cimg5519

 

 

あと少しで
billboard cimg5520

 

 

30キロの折り返し地点
biiboard cimg5521

 

 

折り返して後半戦スタート。
よっしゃ、下っていくぞ〜。
 downhill cimg5522

 

 

川井の信号までおりて来ました。
 cornet cimg5523

 

 

川井駅は山の上にあります
billboard cimg5524

 

 

御岳郵便局からぐんと下っていきます
downhill cimg5525

 

 

御岳駅前
crossroard cimg5526

 

 

東峯園さん
noodle shop cimg5527

 

 

たんめん¥600
proceboard cimg5528

 

 

川の向こうには玉堂美術館
玉堂さんは青梅の人です
 billboard cimg5529

 

 

御岳付近の急な下り坂
スピード注意
足をもっていかれます
 downhill cimg5530

 

 

なだらかな下り坂になりました
downhill cimg5531

 

 

沢井まで来ました
左手には沢乃井の工場
20キロ地点なので給水所があります
water supply cimg5532

 

その先では
なんと、角打ちcimg5533

 

 

この、自然の中で…mountain cimg5534

 

 

長い下り坂、そろそろ軍畑ですdownhill cimg5535

 

 

軍畑の交差点ですcross roard cimg5536

 

 

いよいよ、きつい上り坂が始まりますuphill cimg5537

 

 

ぐねぐね上っていきます
「走行注意」ですよroard cimg5538 roard cimg5539

 

 

二俣尾手前急坂
足を使い果たさないようにuphill cimg5541

 

 

ここが頂上
黄色い「ダイワのつり用品」が目印hilltop cimg5542

 

 

二俣尾を通過し下り坂
ガツンと下りますdownhill cimg5543

 

 

石神前駅まで来ましたcornet cimg5544

 

 

へそまん屋さんを通過します cake shop cimg5545

 

 

日向和田信号
「カネク」のわさびおいしいよ〜cornet cimg5546

 

 

日向和田の駅を通過
先が見えないほど下っていますdownhill cimg5547

 

 

エネオスを通り過ぎるとroard cimg5549

 

 

25キロ地点の給水所があります
上り坂です
疲れちゃった人は宮ノ平まで歩いてください
急坂にトドメを刺されないように…
water supply cimg5551

 

 

宮ノ平まで来ましたよstation cimg5552

 

 

しばらく下って多摩高に到達school cimg5553

 

 

お山のコースも終わりですroard cimg5554

 

 

街に戻ってきましたurba district cimg5555

 

 

市民会館の前を通過しますlive house cimg5557

 

 

お店もいっぱい出てきた urban district cimg5558

 

 

戻ってきたよ〜signboard cimg5559signboard cimg5560

 

 

勝沼の信号を右折しますcornet cimg5561

 

 

向こうの方に東青梅駅が見えて来たstation cimg5563

 

 

もうヘトヘトかも知れないroard cimg5565

 

 

スタート地点まで帰ってきたbillboard cimg5566billboard cimg5567

 

河辺駅前だ、あと一歩
信号を右折します cornet cimg5568

 

 

ゴール!
青梅総合体育館前
 gym cimg5569

 

 

間違えない
ここでいいんだgym cimg5570gym cimg5571

 

おつかれちゃ〜ん!

青梅マラソン大会レポート【まとめ】

 

 

 

もう何度も出場しているランナーさん達には分かりきっている内容で恐縮ですが、青梅マラソンの会場やマラソンコース様子をレポートします。

これから初めて青梅マラソンに出場するランナーさんの参考になれば幸いです。

 

 signboard CIMG3069

 

 

 

コースについて

青梅マラソンのコースは標高差が80メートルもあり、しかもアップダウンがかなり激しい。

そんな上がったり下がったりのコースがランナー達を翻弄します。
上り坂ではスタミナを奪われ、下り坂は走行ペースを乱されます。

体力の消耗はもちろんのこと、足への負担もかなりのものです。
ひざの故障などでペースダウンしないように気をつけたいところです。上り下りの坂道をどうのりきっていくかが、青梅マラソン攻のキモとなります。

特に後半22キロ過ぎの上り坂は曲者で、多くのランナーここでかなり手こずります(別の記事でご紹介します)。

そんなわけで、青梅マラソンのコース距離は30キロありながら出場前のトレーニングではフルマラソンに挑むくらいのつもりでいたほうがよさそうです。

ただ青梅マラソンのコースは厳しい反面、沿道からの応援は盛大でこれがランナーに力を与えてくれます。
市民の声援がどれだけランナーを励ましてくれるかは実際に出走してからのお楽しみに。

 

 

 

 

 

スタート地点

30キロ部門、10キロ部門共に東青梅4丁目付近。
スタート15分前に整列します。

並び順はゼッケンのナンバーであらかじめ決まっていて、自分がどの場所に並ぶかは係員さんがプラカードを掲げているのですぐに分かります。

先頭のランナー達はいかにも速そうでかっこいいし、圧倒されます。

自分の(→僕の)並ぶぐらいの順番の人たちもうちょっとゆるい感じでほっとします。

時間いっぱいとなり号砲が打ち鳴らされても、後ろのほうではしばらくの間進んだり停まったり。
ゆっくりとスタート。

7〜8分してからようやくスタートラインを通過
その後もしばらく混雑が続きます。

すき間を縫って走っても思うほどには進めません。
ここは割り切って流れに身をまかせ、渋滞がほぐれてからペースを上げた方が良いようです。

 

 

 

 

 

 声援、エイド

沿道の声援はいつまでも途切れることなく盛大です。
これこそ青梅マラソンの真骨頂

市民の手作りエイドは人情味満点
長テーブルをつなぎ合わせた給水台の上には水やスポーツドリンクはもちろん、皮を剝いてくれたミカン、一口サイズの羊羹、あたたかいお茶、コーラ?など。

なんかとっても愛されているような感じがする。
ここまでアットホームな大会ってちょっと無いと思います。

 

 

 

 屋台

ゴール地点付近にはお祭りの屋台がたくさん出店しています。
その数、10や20じゃききません。

たこやき、綿あめ、大判焼き、チョコバナナ、イカ焼き…。
マラソンまんじゅう、なる物もありました。

ランナーさんを送り出したご家族やお友達は、ここでお祭り気分を楽しみながら帰りを待ちます。

 

他にランニンググッズやTシャツの販売などもやっていました。
Tシャツは¥3900だったかなぁ?

 

 

 

給水所

オフィシャルの給水所は5キロごとに設置してあります。
ただ、走りながらの給水って時々失敗しちゃうこともあるんですよねぇ。

でも大丈夫。さっきお話ししたボランティアの市民給水場が幾つもありますから。
給水を逃したランナーにとっては命の水です。

助けてもらったお礼に、カッコイイ走り姿を見せてあげましょう。

 

 

 

 受付会場

ナンバーカードの交付、受付手続きはとてもスムーズ
さすが長年の歴史のある大会です。キャリアが違います。

前日受付もやっていて、受付場所である総合体育館ではこの日開会式も行われています。
有名選手のトークショーや地元B級グルメの提供などもあり、結構楽しい。
高橋尚子さんやワイナイナさんなんかもやって来ましたから、なかなかのものでしょ?

大会前日のアドバイスなども聞けますので、お時間のある方はぜひいかがでしようか。

 

 

 

 

 

荷物、貴重品

手荷物預かりのサービスは一応、有料であるんですが利用できるのは30キロ部門選手だけでしかも限定1500人のみ。
倍率は10倍です。

あまり当てにはなりません…。
手荷物はみんな体育館の中に置いたり、小さいテントを用意したりして各自工夫しています。

貴重品は有料の小さい袋(¥100)に入れて預けることがで来ます
※2017年では河辺小学校、市役所、総合病院、総合体育館にて貴重品預かりをします。

 

そういえば、ご近所の商店で有料の預かりサービスをしているのを見かけたことがありまた。
次回もまたやってくれるかは分かりませんが…。

 

 

 アクセス

最寄り駅はJR青梅線の 河辺駅

cimg5905          東青梅駅です。cimg5898

 

電車で来る人が大半で、JR中央線の時点でランナーさんがいっぱい乗っています。

立川駅で青梅線にに乗り換えると周りはランナーだらけ。
拝島駅にいたると八高線も合流しますから、まるでランナーさんの通勤ラッシュのような混雑振りです。

馴れた人はあえて河辺駅のひとつ手前の小作駅で下車してしまいます。
駅のおトイレもゆったり利用出来ますし、ランナーにとって一駅歩くぐらいはわけの無い距離でありますから。
逆に、帰りは東青梅駅から乗車するという手もありますね。

 

自動車で来る人は、、、
駐車場は無いので自力でコインパーキングなどを探して止めています。
会場の駅反対側(河辺駅北口)にはコインパーキングはあるんですが早い者順なのでみんなそれぞれに知恵をしぼります。
必勝法というのは無いようです。

コース周辺(駅の南側)では交通規制(6時〜16時)
が行われて自動車はもちろん、バイクや自転車も入れませんのでご注意ください。

 

 

 

更衣室やトイレ

更衣室は総合体育館や河辺小学校,総合病院、市役所で利用できます。
ただし、ゼッケンが無いと入れませんので先に受付を済ませておきましょう。

 

トイレは会場にたくさんあるんですが、一般の観客も利用しますのでどこでも混雑している模様。

唯一穴場があるとすれば、河辺小学校のとなりにある公園の仮説トイレ。他のトイレと比べればいくらか空いているようです。

 

 

 

cimg3061

 

 

暖かい人情のあるマラソン大会、青梅マラソン。
ここでマラソンデビューすればきっといい思い出になることでしょう。
人気ナンバーワンの東京マラソンもいいけれど、ローカルな青梅マラソンだって負けてはいませんよ〜。