ニューバランス【バジーペース】購入、インプレ、感想、レビュー、比較    nb vazee pace

サブ4シューズって、どんなかな?

 

先日、ニューバランスのバジーペース(vazee pace) を衝動買いしてしまいました(見た目に惚れて…、ちなみに¥7999)。

買っちゃったものですから、その後5kmぐらいのジョギングではちょこちょこ履いていたんです。

バジーペースといえばサブ4のシューズなので、自分(サブ5)としては背伸びをした選択。

そんな自分が格上のシューズを履いてロング走を行ったら、足を痛めるのではないかと恐れていました。

しかし、近所でジョグを何度かしているうちに馴れて来て
「これなら、長距離もイケるんじゃね?思ったほどソールも硬くないし…」
と思い、バジーペースで初めてのロング走(30km)を敢行。

そのときの感想を書きます。。。  (ちょっと泣きを見ました)

 

running shoe
pace

軽快な走行性

その日は夜7時に仕事を切り上げて、青梅マラソンのコースを経由して夜10時に帰宅する予定でした。

 

補水用の薄いミルクティーをペットボトルに入れて、いざ出発。

 

走り出しは快調。
バジーペースは重量が軽くて、ソールはコシのあるクッション性。とっても軽快です。

ウェーブライダーやニューヨークのようなサブ5のシューズから
バジーペースに履き替えるとその差は一目瞭然。

まるで、マウンテンバイクからクロスバイクに乗り換えたかのように
スイスイ進みます。

 

running shoe
rider20

 

ソールの硬さはマキシマイザーとかジョグ100ぐらいのしっかり感があります。

それゆえ、一見するとマキシやジョグに似た走り心地を感じますが
履き比べてみるとバジーペースはそれらよりも、もっと洗練されている感触。

反発力は高いけど、足の接地感が静か。
柔らかいのではなくて、静か。

マキシやジョグなどよりも走りに高級感が漂います。

マキシ愛好家の僕としては、負けた気がしてちょっとくやしい。。

 

また、つま先の巻き上げ部分がしっかり上を向いているので
足の着地から蹴り出すまでの動きがとってもスムーズ。

足が自動的にくるん、っと回る感じ。

この動作をくり返しながら、スイスイ前に進みます。

 

 

running shoe
pece

 

 

20km過ぎたら置き去りにされた

 

僕はいつもランニングシューズを選ぶ時は、自分の脚力に合わせてサブ5用を選んでいました。

しかし、実際にバジーペースで走ってみると「なんだ、サブ4でもいいじゃないか。軽快に走れて気持いい」
と気付きました、、、いや勘違いをしたのです。

帰宅までの道のりに青梅マラソンのコースを織り交ぜて、30kmの距離を走って帰ったのですが、
途中まではよかった。

20km付近までは「いや〜、軽くて走りやすいね〜」
とゴキゲンだったのですけど、その後が一苦労。

いつもなら、この距離まで来ると「よし、あと一踏ん張りだ」
ってな感じなのですけれど、
この日に限っては「早く家にかえりたい〜」
なのでした。

なんだか足が疲れちゃいまして、、、

走る事は出来るのですけれど、気持に余裕がない。
根性入れないと前に進まない、そんな気がしました。

たぶん、これってシューズの違いによるのもだと思います。

バジーペースは良いシューズです。
でも、僕の足がついて行けませんでした。

 

running shoe
pace

 

 

 

もう少し脚力があれば…

 

疲れてきて、足が重く感じる。

シューズのソールにコシ(硬さ)があるので、沈み込みが少ない分
踏みしめた足の力が即座に返ってくる。

それは、蹴る足の力が地面に伝えやすいという事なのですが、
疲れてくると、地面を蹴っ飛ばす力が失われて、
自分の体重に負けてしまい、
その結果、足が重く感じる。

試しに、少しがんばってスピードを上げてみると、
意外とスイスイ進むのです(長続きはしませんが)。

高い反発力とシューズの軽さのおかげで気持よ〜く前に進みます。

 

そうだよね、この速度で走らないとフルマラソンで4時間切れないですから。。。

バジーペースはサブ4のシューズ。
サブ4のスピードで走ってこそ、その性能が活かせるというものです。

 

僕にはバジーペースの能力をしっかり発揮させる事はできませんでしたが、
「途中まで」は楽しく走れました。

サブ4とサブ5って世界が違うんですね。。。

 

 

追記

先日、バジーペースで縄跳びをしてみたら、、、
ものすごい跳び易かったのです。

マキシマイザー19で二重跳びをすると、どうしてもつま先が引っかかってしまい、うまく跳べない。

そこでバジーペースに履き替えると、ヒュンヒュンと調子良く跳べてしまった。。

ソールのつま先部分が、軽くて、薄くて、上を向いているのでジャンプがしやすいんです。

やっぱ、運動性能ってシューズによって変わるんですね〜。

足がモタモタしないで、スカッと軽快に動く。

おかげで近所のチビッコ達に「おじさん、縄跳びうまくなったね!」
と褒められました。

ミズノ【ウェーブライダー20】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その1

 

 

 

 

今日ミズノのランニングシューズ、ウェーブライダーの新作である
「ウェーブライダー20」を買ってきました。

 

さっそく履いて、1時間ほど走って来ましたのでレポートします。
マキシマイザー19との比較を交えながら。。
(比較対象がおかしいかも?)

 

 shoe cimg7094

 

 

平道を弾むように走る

 

まずは走り出し

とりあえず、平道を行ってみました。

っていうか、走る前から歩いている段階でのクッション性良さに気付きます。
「ぐんのっ、ぐんのっ」という感触で、弾性のあるマットの上を
歩いているような感じ。

走り出すと、めっちゃ気持いいんです。

マキシイマザー19が「トン、タッ、トン、タッ」
という感触だとすると、

 

↓マキシ19

 shoe cimg7146

 

 

 

 

 

ウェーブライダー20は「トーン、ポーン、トーン、ポーン」
弾むように走れます

「トーン」と柔らかい足着き。
そして「ポーン」とシューズが蹴り出す足を弾きます。

リズムよく走れて、なんだか楽しい。

絶妙なバネ感に後押しされてスイスイ進むようです。
いくらでも走れそう。

足への衝撃をバネの力に変えている様な印象を受けます。
だから走っていて、楽しくもあり、楽でもあるんです。

あんまり楽なので「ズルいな」とさえも思いました。
「こんなシューズを履いてしまったら、誰でも楽しく快適に走れてしまうじゃないか」と。

 

僕は普段安いシューズばかり履いているので、尚更そんなふうに感じるのかもしれませんが…。

ただ、スポーツショップの店員さんも「これ、履き心地いいんですよ〜
とニヤつきながら紹介してましたので、僕だけの感覚ではないでしょう。

 

shoe cimg7088

 

上り坂を軽々と登れる

 

坂道も走ってみましたよ。

上り坂

気のせいか、楽に上っていけます
あまり力を入れないで上れちゃう感覚。

マキシマイザー19では足を「ぐんっ」
って踏ん張りながら坂道を上っていくんですけど、
ウェーブライダー20だと「ぐぬぅ」。

坂道を上る足の力は同じぐらい使っているんでしょうけど、楽に感じるんです。

「ぐぬぅ」と足を踏ん張ると
「ぐぬぅ」の「ぬぅ」のタイミングで、すでに次の足が半歩進んでしまっている(感じ)。

力で駆け上るのではなく、リズムで上る。
力を入れないで上れちゃう。

マキシだと「ぐんっ」って足を踏ん張って、「よっこいしょ」と
力を入れて上っていきます。

たぶん、感覚の違いではないかと思います。
シューズが変わったくらいで、脚力の使う馬力の量が変化するはずは無いんですが、楽に感じるんです。

でも、悪くないですよこの感覚。気持よく走れますから。

 

 shoe cimg7092

 

 

調子に乗ってガンガン下る

 

下り坂

下り坂がまた、おもしろいんです。
勝手に足がくるくる回って、どんどん下っていく

下り特有の「ガツン」という衝撃の伝わりが少ないから、
自分の足で衝撃をコントロールしないで、下りに身をまかせておける。

足を「バン、バン」と叩き付ける感触でなく
「ぐんぬっ、ぐんぬっ」という感じで、時間をかけて衝撃を吸収するため
下る足がバタバタしない。

スムーズに足が回る。

おかげで、ビュンビュンとスピードが出せる
がんがん下っても足が痛くならない

下り坂が好きになりそうだ。。。

 

 

段差をひょいと乗り越える

 

段差

道路を走っていると、ときどき段差を飛び越えるような事って
ありますですでしょ?

そのとき、「ピョン」って飛んだ分だけ足に衝撃が来て、
そのあと一瞬足がバタバタして、リズムが狂ってしまいます。
でもウェーブライダー20だと、
少しくらいの段差の衝撃は軽くいなしてくれますから、
段差でのストレスがだいぶ軽減できます。

段差でリズムが狂わない

まぁ、ちょっとした事なんですが、意外と大事かも知れないです。

 

 

サブ4までなら楽勝にこなす

 

ダッシュしてみた。

試しに、ちょっとダッシュもしてみました。

そしたら…、
ダッシュはあまり向いていないようです(たぶん)。
足について来ないような感じがするんです。
バネのような走行感のと全力ダッシュって、走るリズムが違うんでしょうか?

それで、どのくらいのスピードからミスマッチになるかというと…
1km=5分ぐらいのペースより速くになると徐々に、
「このシューズ反応がちょびっとトロいなぁ」
って感じがでてきます。

でも、この辺は個人差で感じ方がちがうかも…。

 

でも1km=5分て、フルマラソンだと結構。速いですよ。
ヘタをすると、サブ3.5ですから。

個人的にはサブ3.5なんて夢の大記録ですから、
ウェーブライダー20でも余りあるスピードなのです。

この辺の問題はマキシマイザー19の方がスピード感が速いですね。
どんなスピードでもまんべんなくついて来ますから。

ウェーブライダーはどういう速度設定だったかなぁ。

今度、調べてみよう。

 

 

ランナーに優しい相棒

 

ウェーブライダー20」は、
とことんランナーの走りをエスコートしれくれる

坂道だろうが、段差があろうがシューズがランナーを快適に走らせてくれます。

スピードを求めるランナーさんには物足りないかも知れないですけど、
そんな人は全体の一割にも満たなし、、、

まぁ、そういう人は僕が紹介するまでも無く他にいろんなシューズを
知っているわけでから、特に言うことは ありませんが。。。

 

はじめてマラソンに挑戦する人や体重の重たい人には、大のオススメです。
クッション性が良くて足に優しいですから、
膝が痛くなりにくいのではないか、、、
と思います。

 

100km走ったら、またレポートしますね。。。。

 

 

マラソン あこがれのサブ4、青梅ならサブ3!

4時間切ったら一人前

 

サブ4とはフルマラソンでランナーが4時間を切って完走すること。

普通の人たちからしたら相当すごい人たちです。
大会出場選手の内、上位20%ぐらいに入らないとサブ4にはなれません。

 

これがどのくらいすごいかと言うと、
たとえばアマチュアボーリングの選手の上位20%のスコアはアベレージが200を超えるといいます。
TOEICで上位20%なら740点とのこと。
で、これらのマラソン版がサブ4というわけです。
恐れいりました。

 

しかしこのサブ4、専門家にいわせると誰にでもできる目標値なのだといいます。
本当なのでしょうか?
ただ、それを成し遂げるにはそれなりに質の良いトレーニングを根気強く続けねばいけないのだそうです。

ジョギングだけではサブ4にはなれなせん
ぶっつけ本番でも無理
ハーフマラソンを2時間で走れるからって、フルマラソンで4時間で走れるってものでもない。

 

 

タイムを意識したトレーニング

 

誰でもできるはずなんだけど、実際にはなかなか達成できない。
そこに、サブ4の価値がある。
ところで、サブ4を目指すならどんなトレーニングしたらいいか、ちょっと調べてみると…。

LSD      (2時間)  スタミナを養う
ペース走   (1km=5分30秒) 20km以上
ビルドアップ走(1kmごとにペースを上げる走法)5km以上  など。

なんか、ちゃんと走っている感じです。
部活みたいだ。

 

確かに、ひとつひとつの練習メニューは過酷なことをやっているわけじゃないけど、これをきちんと継続出来るかっていうと、難しいかもしれないなぁ(→僕は)。
LSDはできると思うけど、ペース走は無理。
途中で集中力が切れてどこか遊びに行っちゃう。

ちなみにインターバルトレーニングとか、ダッシュはまだやらなくていいそうです。
とりあえず。

 

 

やっぱサブ4はカッコイイ!

 

そう考えると、サブ4ができるって身体能力の強さじゃなくて、人間性の問題かな〜って気もする。
もちろん、デビュー戦のランナーさんはサブ4じゃなくてもOKですよ。
最初っからは無理です。

 

 

ここは青梅。めざせ、サブ3!

 

ところで青梅マラソンのコース距離は30kmになっていますよね。

そこで、この30kmにサブ4の走行スピードを当てはめてみると、青梅じゃサブ3ぐらいが妥当なところです。

サブ3かぁ。。。
まだ、やったこと無いなぁ(→僕は)。

知人のランナーさんで、青梅マラソンを2時間半で走る人がいますが、
確かによく走っています。
年間で4〜5回は大会に出場しているし…。

昨日、今日のランナーとはちょっと違う。