アシックスシューズ【ニューヨーク5】 購入、インプレ、感想、レビュー、比較   gt2000 ny5

 

支持率高し! GT2000 NY

 

GTー2000ニューヨークは、市民ランナーの定番中の定番と言えるほどの
人気を誇るアシックスのランニングシューズ。

マラソン大会やランニングコースに出掛ければ、その姿を見せない所は無い
というぐらいの装着率。

スポーツショップのランニングシューズのコーナーでも、たいがい一番いい所
に陣を取っています。

GTー2000は僕も持っていますし、またこれを人に勧めたりしています。。。

GT-2000なら間違いありません。
そして、、、文句の付けようが無い!
その性能はもちろんの事、実に万人受けしそうな性格で、角が立たないシューズなのです。

多くのランナーさんー達が愛用するのはもちろん納得出来ますし、
また、それは当然の事の様にも思えます。

 

今回はそんなGT-2000最新版の「ニューヨーク5」についてレポートします。

 

 

 

サブ5向け

ニューヨーク5はフルマラソンを4時間以上かけて走るランナー向けのシューズです。
いわゆる「サブ5」向けのランニングシューズ。

 

普段の暮らしの中で、4時間以上走り続けるような事ってまず無いですよね。
だから、マラソンを走るっていう事は非日常的な行為。

そんな非常事態に挑むのに、いつもと同じ靴では具合が悪いわけです。

そして4時間以上の走行に適しているのが、ニューヨーク5に代表されるような
サブ5用のランニングシューズであります。

雨の日にはゴム長靴を履くように、
登山にはトレッキングシューズを履くように、
マラソンにはランニングシューズを履きます。

細かい事を言うと、フルマラソンを3時間で走る人と5時間で走る人とでは
選ぶランニングシューズのキャラクターが変わってきます。

サブ5のランナーさんはフルマラソンを4〜5時間ぐらいかけて走るわけですが、
そこまでの長時間におよぶ重労働を続けるとなると、シューズのチョイスを間違えたら後で痛い目に合います

マラソン愛好者で一番多いのはサブ5のランナーさん達です。
そんなサブ5のランナーさん達のシューズで定番視されているのが
GT-2000ニューヨークなのです。

 

 

もちろんニューヨーク以外にもサブ5のシューズっていろいろありますけど、
とりあえず、ニューヨークを履いている人は多いです。

だから、ニューヨークはランニングシューズの代表選手と言っていいかも知れません。

 

 

 

走行性

 

ニューヨーク5はマラソンを楽しく、安全に走るためのシューズ

シャカリキになってタイムを縮めようとか、ライバルと熾烈なバトルを繰り広げる、、、
みたいなシューズとはちょっと違います。

それよりも、もっとのんびりした性格をしています。

ランナーをせかして前に進めたりせず、ふわ〜っとした走行感で優しくゴールまで
送り届けるようなシューズなのです。

 

がっしりとしたシューズの骨格で足をしっかりガードして、
柔らかなクッション性で着地の衝撃をおもいっきり緩らげて、
穏やかな反発力でふんわりと蹴り足の動きをアシストします。

とても、おとなしい走行性です。
もちろん、ヒザにも優しい。

サブ5向けシューズとして、ミズノの「ウェーブライダー」という機種
がありますが、
ウェーブライダーが躍動感のある『動』的なキャラクターであるのに対して
ニューヨークは落ち着いた『静』的なシューズ

速く走るよりも、長く走る。
頑張って走るよりも、楽しく走る。

ニューヨーク5はそんな穏やかな性格をしています。

 

 

 

履き心地

 

ニューヨーク5はしっかりしたシューズの骨格と若干重めの重量のため、
がっしりとした履き心地の印象であります。

また、つま先から土踏まず、踵、くるぶしの下まで均一にフィットするので
ありありと「靴を履いているぞ」という感じがします。

裸足感覚の軽快なシューズではないのですが、その代わりに安定感があります。
そして、この「安定感」というのがニューヨーク5のいいところ。。。

 

マラソンをして30kmも40kmも走ると、たいがいの人は足下がフラフラになってきます。

しかし、足がフラフラ状態になってもニューヨーク5の様な安定感のあるシューズを履いていれば、脚力を失った足でも落ち着いて支える事ができる。

マラソンだからって前に進む事ばかり考えていると、
それ以前の「足を支える」という動作を忘れがちになってしまいます。

スタート直後は元気があってそんな地味な事は考えもしないのですが、
3時間以上走ったりする場合は足下がしっかしていないと、もうしんどい…。

それは体力の問題でもあるのですが、シューズ役割だって結構大きいのです。
履き心地や足下の感覚は、走る距離や時間が長くなればなるほど大事になってきます。

ヘトヘト、フラフラになった時こそニューヨーク5はいい仕事をしてくれます。

 

ミズノ【ウェーブライダー20】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その1

 

 

 

 

今日ミズノのランニングシューズ、ウェーブライダーの新作である
「ウェーブライダー20」を買ってきました。

 

さっそく履いて、1時間ほど走って来ましたのでレポートします。
マキシマイザー19との比較を交えながら。。
(比較対象がおかしいかも?)

 

 shoe cimg7094

 

 

平道を弾むように走る

 

まずは走り出し

とりあえず、平道を行ってみました。

っていうか、走る前から歩いている段階でのクッション性良さに気付きます。
「ぐんのっ、ぐんのっ」という感触で、弾性のあるマットの上を
歩いているような感じ。

走り出すと、めっちゃ気持いいんです。

マキシイマザー19が「トン、タッ、トン、タッ」
という感触だとすると、

 

↓マキシ19

 shoe cimg7146

 

 

 

 

 

ウェーブライダー20は「トーン、ポーン、トーン、ポーン」
弾むように走れます

「トーン」と柔らかい足着き。
そして「ポーン」とシューズが蹴り出す足を弾きます。

リズムよく走れて、なんだか楽しい。

絶妙なバネ感に後押しされてスイスイ進むようです。
いくらでも走れそう。

足への衝撃をバネの力に変えている様な印象を受けます。
だから走っていて、楽しくもあり、楽でもあるんです。

あんまり楽なので「ズルいな」とさえも思いました。
「こんなシューズを履いてしまったら、誰でも楽しく快適に走れてしまうじゃないか」と。

 

僕は普段安いシューズばかり履いているので、尚更そんなふうに感じるのかもしれませんが…。

ただ、スポーツショップの店員さんも「これ、履き心地いいんですよ〜
とニヤつきながら紹介してましたので、僕だけの感覚ではないでしょう。

 

shoe cimg7088

 

上り坂を軽々と登れる

 

坂道も走ってみましたよ。

上り坂

気のせいか、楽に上っていけます
あまり力を入れないで上れちゃう感覚。

マキシマイザー19では足を「ぐんっ」
って踏ん張りながら坂道を上っていくんですけど、
ウェーブライダー20だと「ぐぬぅ」。

坂道を上る足の力は同じぐらい使っているんでしょうけど、楽に感じるんです。

「ぐぬぅ」と足を踏ん張ると
「ぐぬぅ」の「ぬぅ」のタイミングで、すでに次の足が半歩進んでしまっている(感じ)。

力で駆け上るのではなく、リズムで上る。
力を入れないで上れちゃう。

マキシだと「ぐんっ」って足を踏ん張って、「よっこいしょ」と
力を入れて上っていきます。

たぶん、感覚の違いではないかと思います。
シューズが変わったくらいで、脚力の使う馬力の量が変化するはずは無いんですが、楽に感じるんです。

でも、悪くないですよこの感覚。気持よく走れますから。

 

 shoe cimg7092

 

 

調子に乗ってガンガン下る

 

下り坂

下り坂がまた、おもしろいんです。
勝手に足がくるくる回って、どんどん下っていく

下り特有の「ガツン」という衝撃の伝わりが少ないから、
自分の足で衝撃をコントロールしないで、下りに身をまかせておける。

足を「バン、バン」と叩き付ける感触でなく
「ぐんぬっ、ぐんぬっ」という感じで、時間をかけて衝撃を吸収するため
下る足がバタバタしない。

スムーズに足が回る。

おかげで、ビュンビュンとスピードが出せる
がんがん下っても足が痛くならない

下り坂が好きになりそうだ。。。

 

 

段差をひょいと乗り越える

 

段差

道路を走っていると、ときどき段差を飛び越えるような事って
ありますですでしょ?

そのとき、「ピョン」って飛んだ分だけ足に衝撃が来て、
そのあと一瞬足がバタバタして、リズムが狂ってしまいます。
でもウェーブライダー20だと、
少しくらいの段差の衝撃は軽くいなしてくれますから、
段差でのストレスがだいぶ軽減できます。

段差でリズムが狂わない

まぁ、ちょっとした事なんですが、意外と大事かも知れないです。

 

 

サブ4までなら楽勝にこなす

 

ダッシュしてみた。

試しに、ちょっとダッシュもしてみました。

そしたら…、
ダッシュはあまり向いていないようです(たぶん)。
足について来ないような感じがするんです。
バネのような走行感のと全力ダッシュって、走るリズムが違うんでしょうか?

それで、どのくらいのスピードからミスマッチになるかというと…
1km=5分ぐらいのペースより速くになると徐々に、
「このシューズ反応がちょびっとトロいなぁ」
って感じがでてきます。

でも、この辺は個人差で感じ方がちがうかも…。

 

でも1km=5分て、フルマラソンだと結構。速いですよ。
ヘタをすると、サブ3.5ですから。

個人的にはサブ3.5なんて夢の大記録ですから、
ウェーブライダー20でも余りあるスピードなのです。

この辺の問題はマキシマイザー19の方がスピード感が速いですね。
どんなスピードでもまんべんなくついて来ますから。

ウェーブライダーはどういう速度設定だったかなぁ。

今度、調べてみよう。

 

 

ランナーに優しい相棒

 

ウェーブライダー20」は、
とことんランナーの走りをエスコートしれくれる

坂道だろうが、段差があろうがシューズがランナーを快適に走らせてくれます。

スピードを求めるランナーさんには物足りないかも知れないですけど、
そんな人は全体の一割にも満たなし、、、

まぁ、そういう人は僕が紹介するまでも無く他にいろんなシューズを
知っているわけでから、特に言うことは ありませんが。。。

 

はじめてマラソンに挑戦する人や体重の重たい人には、大のオススメです。
クッション性が良くて足に優しいですから、
膝が痛くなりにくいのではないか、、、
と思います。

 

100km走ったら、またレポートしますね。。。。