自家製【ヒザが痛い時の走り方】←マネしないで下さい…

 

ここ一ヶ月ずっとヒザが痛くて走れないでいました。
あと少しで、横田フロストバイトや青梅マラソンの日がやって来るというのに
まいった…。

ま、ランナーにはよくある悩みの一つなんですけど、一応僕も焦ってみたりする。

 

ヒザの故障は休足が一番の薬。
の筈ではありますが、なかなかそれが出来ないんです。

不安に駆られてサポーターをしてみたり、テーピングを巻いてみたり、サプリメントを飲んだりジタバタをする。

そして、ちょっとでもヒザの痛みが軽くなると勝手に走り出して、足を引きずりながら帰ってくるという愚行をくり返す。

 

で、そのうちに腕をブンブン強く振って走ると、足が痛くてもテンポよく進めるらしい事に気付きます。

他にも足の着地をフォアフットに変えたり、腰を落として走るとか、前傾姿勢にするとかいろいろやってみたのですが、自分には腕の動かし方が大事なのかな?
と思うようになりました。

そして、しばらくは腕をブンブン振って走っていました。
だけど、そのおかげで今度は肩が痛くなる始末。

 

こりゃいかん、というわけで自己流で改良していろいろ試しているうちに辿り着いたのが「ナンバ」という走法。

「ナンバ」とは左右の手足を同じ方向に振るという、日本古来からある独特に走法動作であります。
有名なところでは末續慎吾選手や高橋Qちゃんがナンバ走法の使い手です。
(※末續はナンバでは無いという議論がありますが、ナンバの腕の動きに対する誤解も多いようです)

ナンバで走るとヒザへの負担が減って痛みが「それほど」は気にならない
まったく痛く無いって事もないんですが、走れる範囲内であります。
(本当は走らない方がいいんでしょうけど)

 

それでは、なぜナンバで走るとヒザへの負担が少なくなるのかと言うと、、、
よくわかりません!
まだ勉強不足なもので…。
きちんと説明できないんです、スミマセン。。。

ただ、実感としてはナンバで走るとガツンとくるヒザへの衝撃が小さい
フォアフットでも痛くて走れなかったのに、ナンバなら大丈夫でした。
不思議です。
(段差を飛び越えるとさすがに痛いですけど)

あと、ナンバで走ると走行中の体の上下の動きが抑えられます
無理して抑えているのでは無く自然とそうなる。

ナンバを経験すると、今までの走り方がピョコンピョコンと跳ねて走っていた
のが分かります。

ナンバだと、すーっと前に進む感じ

それが結果的にヒザに優しい走り方になっていたのかも知れない。

 

ナンバのおかげで、僕はランニングを再開する事が出来ました。
ヒザへの不安はまだありますが、今のところ走行中でリタイヤしたり
痛みがさらに悪化するという事もありません。

ただ、筋肉痛にはなりました。
なれない走り方をしていますからね…。

でもそれは、筋肉が鍛えられている最中の健康的な筋肉痛であって
ヒザ関節のいや〜な感じのする痛みではありませんでした。

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「レバニラ炒め」

 

 

安くておいしい?レバーの料理

 

みなさーん、レバー食べてますか?

僕はしばらく食べていません、実は…。
本当は食べたいんです!

でも、家族がレバー好きじゃないんですね。
特にあの匂いが。

すっごく美味しいと思うんだけど、分かってもらえないんですよ。
まったく、しょうもない連中である。。。
あぁ、レバー食いたくなって来た。

 

 

まぁ、確かに世間的にはレバーって好き嫌いの分かれる食材かもしれません。
それが本当に嫌いなら仕方がないけれど、単なる食わず嫌いだったらそれはもったいないことだと思います。

美味しくて、安くて、栄養価の高いレバー
最高じゃないないですか!
みんなで、どんどんレバーを食べようではないか!
おーい妻よー、レバーを食わしてくれ〜!!

 

 

レバ+ニラ+モヤシの連携プレイ

 

レバーと言えばとりあえずは、レバニラ炒めがポピュラーなメニューですよね。
で、このレバニラ炒め、風邪に効くんです。
風邪をひいたらレバニラ炒め。

美味しくて、栄養価が高くて風邪に効く。
やっぱ、レバー最高!

では、どうしてレバニラ炒めは風邪に効くのか?
それはレバーそのものの栄養価とともに、脇役を勤めるニラモヤシが見事な連携プレーを成し、よりいっそうの風邪治しパワーを発揮するからです。

 

 

レバーはタンパク質ビタミンBβカロテン、鉄分を含んだ栄養価の高い食材なんですが、これってもろに風邪症状の改善に効く。
風邪による体力の低下喉などの粘膜の痛み体調の不調などの回復に必要とされている栄養分そのものなのです。

そして更にニラとモヤシがレバー栄養分の吸収のサポートをしてくれるのです。

ニラに含まれる硫化アリルはビタミンBの吸収を高め、風邪でダメージを負った身体の修復を促進。
モヤシのビタミンCはレバーの鉄分の吸収を高め白血球の増産を促進

つまり、ニラとモヤシはレバーの風邪直しパワーを加速させるターボチャージャーのような役割を担うわけです。

しかも、ニラはもともと滋養強壮の効果が高い野菜だし、モヤシのアスパラギン酸は疲労回復に効果を発揮する。

どーよ!すごいでしょ、レバニラ炒め。
これだけやってくれるんだから絶対に風邪に効くよね。

 

 

ところでレバニラ炒めって、レバー、ニラ、モヤシ以外にもニンニクとか、生姜とか、玉ねぎなんかも入ってたりしますよね。

もちろん、お好みで入れてくださって結構です。
全部かぜに効果ありますから。
さらにパワーアップしますよ。

 

 

筋肉痛にはビタミンBとタンパク質

 

ちなみに、レバニラ炒めはランナーさん達の普段のご飯のおかずとしても大変オススメです。

マラソンのトレーニングしてますと、足の関節や筋肉が痛くなりますでしょ?
そんな時レバニラ炒めのビタミンBタンパク質が足の回復に効くんです。

マラソンって見た目は地味だけど、本当はかなり体力を消耗します。
ちょっとがんばってトレーニングしちゃうと、1日2日じゃ疲れは取れないし
筋肉痛なんかになってしまうとしばらくは調子が上がらない。

そこで時々、休足日をもうけながらトレーニングプランを立てるわけですが、その休足している間にレバニラ食ってしっかり栄養をとっておくと、つぎに走り出す時には足がパワーアップしているというワケです。

なんとも素晴らしいじゃないですか。

 

だから僕もレバニラ炒め食いたいんですけど、でも家族がなぁ〜。。。

 

 

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの◯◯。「唐揚げ」

マラソン大会を控えたランナー風邪などひいていられない
大会当日はもちろん、体調を崩せばトレーニングの予定だって狂ってしまいます。

手洗い、うがいに、マスクに、乾布摩擦!?。
だけど、あんまりストイックにやっても肩こっちゃいますね。

そこで、楽しい風邪の撃退法。
美味しく食べて風邪退治

皆さんがいつも食べてるあの食事、実は風邪によく効くんです。
よ〜く知ってるあの料理ですよ〜。

もりもり食べて、風邪を乗り切ろう!

 

 

fried chichen

 

 

では、始めます。

風邪に効く食事 その1。  『唐揚げ』

 

とりの唐揚げって風邪に効くんです。
とくに、風邪予防に威力を発揮します。
意外な感じがしますね。。。

好きでしょ?唐揚げ。
おいしいよね〜。

おいしくて、風邪予防になるんだからもう、言うことなし。
毎日、予防したいくらいです。

 

 

 

それじゃ、とりの唐揚げのどこが風邪にきくのか?
それは、とり肉に含まれる「タンパク質」と「ビタミンA」です。

 

良質なタンパク質は体温を上げて免疫力をアップさせます。
唐揚げを食べて摂取したタンパク質が体温を上げて白血球などの免疫物質の働きを高め、風邪のウィルスを撃退してしてくれるというわけです。

 

そしてつぎは、ビタミンA
ビタミンAは喉や鼻の粘膜を強くしてくれます。
粘膜が弱いと、口や鼻から入ったウィルスが細胞の奥のほうに侵入してきて増殖を始めてしまうんです。
それじゃ困りますから、やっぱりビタミンA摂っておいたほうがいい。

しかも、ビタミンAは油と一緒に調理するとより体内に吸収しやすくなります

 

そこで、とり肉 × 油 = とりの唐揚げ
ということになる訳ですね。
(「とりカツ」でもいいんですけど)

 

ウィルスに強くなる料理、唐揚げ。

よっしゃ、この論法でカミさんに直訴してみるか。
「唐揚げ食いたいよ」って。

 

 

ところで、風邪とお肉ってちょっとミスマッチな感じがしませんか?
お肉じゃ重たくて、今ひとつヘルシーな感じがしないっていうか…。

でも、大丈夫。

確かに肉ってガツンとした食べ応えがあるんですが、実は意外と消化吸収のよい食べ物なのだそうです。
思ったほど胃腸に負担をかけない、体にやさしい食べ物なのだそうです。

だからってフードファイターみたいにバクバク食っちゃったら、そりゃ胃も疲れますけどね。

 

 

meat market

 

 

ちなみに、青梅では「シカゴチキン」というとり料理屋さんがありまして…、
そこの唐揚げがウマいんだなぁ。
100グラム、180円です。

青梅に来たら食べていって下さい。
風邪予防にもなることだし。。。

青梅街道沿い、赤塚不二夫会館のお隣にあります。