【マキシマイザー19】で30km走行 レポートなど

 

マキシマイザー19で長距離走OK?

 

そろそろ青梅マラソンの大会本番も近づいて来てましたので、ロング走行をする機会も増えて来ました。

だんだんと足も仕上がってきて、実戦を想定したトレーニングに入ります。

使用するシューズはその時々の気分でいろいろ変わりますが、マキシマイザー19もその中の一つ。

もしかしたら、マキシマイザーで30kmも40kmも走る人って少ないかもしれませんね。

でも、マキシだってちゃんと走れますよ
「一応」ランニングシューズですからね。

普通に走れます。
ただ…、本当に普通なんです。

クッション性が最高!とか、めっちゃ速く走れるとか、そんなんじゃ無いのですね。。。

 

でも、まぁ、そこがマキシの良いところ。
シューズに頼らず、自力で走る楽しさを存分に楽しめます。

もし普段から高機能なシューズに馴れている人達ならば、マキシに履き替えたら
鉄ゲタ効果でトレーニングの質が上がるかもしれない、、、
なんちゃって。

では、始めます。

 

 

 

走行距離0km〜10km

 

今回の走行は勤務地である福生市から青梅を経て、自宅のある昭島市目指し30kmの道のりを走ってみることにしました。

ちなみに会社を出発したのは夜の7時。
寒かった…。

 

さて、走り出しはゆっくりとスタート。

マキシマイザー19ってシューズが温まらないと、履き心地が硬いんです

他のランシューと比べて、違和感のある程の硬いわけでは無いのですが、
イマイチほぐれていない状態ではまだ飛ばす気にはなれないですから、
ゆっくり走り出します。

しっかりと張りのあるソールの感覚、ガッチリと足の横をサポートするアッパー。
ふわんふわんに柔らかいシューズではありません。

一見すると無愛想なシューズ。
しばらくはそんなマキシの感触を味わいながら走ります。

 

そして、30分程走るとシューズも体も温まって来るので少しペースを上げます。

マキシ19って面白いんです。
人間と同じようにウォーミングアップしないと硬くて動きが渋いんです
それが温まってくると少し柔らかくなり、足との一体感が出て来て走りやすくなる。

この感覚はお店せ試着したぐらいじゃ、分かりづらいと思います。

マキシ19は30分以上走ってからが本領発揮。
特に、冬期はシューズが冷えていますからね。

 

だんだんと調子が出て来たところで「今日は30kmを3時間切れるかな?」
なんて考えながら走っていると何やらヒザに違和感。。。

ちょうどJR河辺駅にさしかかったところでした。
予定ではもう2駅先のJR青梅駅まで行くつもりでしたが、青梅マラソンの本番も近いので退却の体制をとってそれより先には進みませんでした。

でもUターンしてその後も走り続けていると、ヒザの感覚は回復してしまいました。

シューズはよかったのですが、僕が温まっていなかったのですね。

 

その後は、安心してランニングを続行。
徐々にシューズと足が一体となって気持よく走れます。

マキシマイザー19はシンプルで、走行感に味付けの少ないシューズ
だから、素朴に「自分の足で走っているぞ」
という感覚が楽しめます

そんなマキシならではの味をかみしめつつ10km地点を通過しました。

 

 

 

走行距離10km〜20km

 

ランニングシューズの個性って、最低でも10km位は走ってみないと分からないものです。

表面的な「軽い」だとか「柔らかい」だとか「硬い」なんて事にこだわっても
あまり意味がありません。

実際に走ってみて、初めて分かる事っていっぱいあると思います。

 

さて、それがマキシマイザー19場合はと言いますと、、、
非常に「正直なシューズであるな」という印象。

マキシ19は、ランナーを脚力以上に走らせようとしない。
着地の衝撃を素直に足に伝える、足の疲れを隠そうとしない、
正直なシューズであります。

もちろん、マキシ19はランニングシューズですから素足で走るのとは違います。
ソールには必要なだけのクッションがあり、ランナーが走るのにふさわしいシューズの形状になっています

でも「やりすぎ」ている感がありません。
ごく普通のランニングシューズです。

 

走行距離が伸びてくると普通に疲れるし、
疲れてくるとスピードの落ちてくるし、
スピードが落ちると上り坂をぐいぐい登れない。

あたり前だけど、如実にそれを感じます。
今どきの高機能なランニングシューズに馴れていると、
マキシ19は遅くて疲れるシューズに思えるかも知れない。

でもそれはマキシ19が劣っているんじゃなくて
シューズの性能によって走行感をごまかされている
という事もあるんじゃないでしょうか?

逆にマキシ19みたいなシューズで日頃から走っていて
時々、もうちょっと良いシューズ(ウェーブライダーやバジーペースとか)
に履き替えると
「すげー進むなー」とか
「ぜんぜん足、疲れないぞー」なんて感じます。
脚力は変わっていないのですが。。。

 

正直言って、マキシ19で20kmぐらい走るとそれなりに疲れます
ウェーブライダーなどと比べると3割増しで疲労感が違います。
また、足も前に出にくくなる。シューズだけの比較となるとライダーの方が優秀に感じます。

ただ、そこは頭を切り替えて疲れたら休むとか、スピードを落とす等すれば
マキシ19で長距離を走っても何も問題はありません

そもそもマキシ19は、それ程までにストイックなシューズじゃ無いですしね。

 

 

shoe wave 20

 

 

 

走行距離20km〜30km

 

2時間以上走り続けるって結構大変です。
しかし、マラソン大会にエントリーしてしまった人にとってはここからがトレーニングの本番。

本当のマラソン足を鍛える領域に入ります。

 

実は僕、マキシ19で30kmも走るとつらいんです。
疲れるし、スピードも落ちるし。

でも、トレーニングという意味ではマキシ19を履くと
足のごまかしが効かないから、むしろ好ましいかも知れない。。。

 

会社から出発して青梅を通過して、自宅近くに及んで
20kmぐらい走行しました。
そして、あと10km追加するために八王子方面へ向かいます。

自分の脚では20kmも走るとかなりヘトヘトになってしまします。
そんな状態で八王子の山道を登ると
もう、ぜんぜん前に進まない。。。

ウェーブライダーの時はもうちょっとテンポよく登れたのですが
シューズが変わると調子も変わる。
トボトボゆっくり進みます。

 

やっとの思いで山の頂上まで来ると、次は下り坂。
下りだってゆっくりです。

足を制する力がダウンしているので、スピードを出すと危険です。
へたに飛ばすと、ヒザや足首にダメージが残りかねません。
ウェーブライダーみたいにソールが柔らかく無いですから。

疲労した足にマキシ19を履いて下山する時は、丁寧に着地しながら走ります。

 

 

さて、坂を下りきったもう少し先に(中央道、八王子インターの近く)折り返し地点があります。

で、そこに到達する途中で、
その近くに夜間だけ営業している博多ラーメンのお店があるのを思い出しました。

というのは先日、夜の八王子を走っていた時にそのラーメン屋さんの前を通り
食欲をそそられながらも、所持金が500円しかなくて
くやしい思いをしたからです。

そして走りながら「あのラーメン屋さん、今日はやっているかな?」とか
「平日だからお休みかも…」なんて
よからぬ心配をします。
練習中なんですが。。。

 

そして、足を進めて行くと
その博多ラーメンのお店の赤ちょうちんが灯っているのが見えました。

思わず「やった!」と心の中で叫んで、その後は…
店内に直行。
トレーニング中止。

 

20170206211053

 

もうちょっとの所で30km完走出来たのに、誘惑に負けて挫折してしまいました。結局走ったのは25km。
自分の中で「だいたい30kmだからいいんだよ」と言い訳する始末。

 

博多ラーメン580円。
替え玉が一個120円。

店内にはサブちゃんのポスターが沢山貼ってありました。
北島三郎は八王子在住のアーチストです。

 

20170206211104

 

ラーメン食って外に出ると、めっちゃ寒い。(ウィンドブレーカー持って無かった)
寒いから走って帰るしかない。

多少お腹がたぽたぽするけど、足が休んだので快調に走れます

さっきまでは、マキシ19は遅いだの重いだの言っていたのですが、
脚力が回復するとガンガン坂道を登っていける。

ランニングはシューズが無いと出来ないですけど、速いか遅いかは
やっぱ足の力が決めるものなんですね。

 

ニューバランス【バジーペース】購入、インプレ、感想、レビュー、比較    nb vazee pace

サブ4シューズって、どんなかな?

 

先日、ニューバランスのバジーペース(vazee pace) を衝動買いしてしまいました(見た目に惚れて…、ちなみに¥7999)。

買っちゃったものですから、その後5kmぐらいのジョギングではちょこちょこ履いていたんです。

バジーペースといえばサブ4のシューズなので、自分(サブ5)としては背伸びをした選択。

そんな自分が格上のシューズを履いてロング走を行ったら、足を痛めるのではないかと恐れていました。

しかし、近所でジョグを何度かしているうちに馴れて来て
「これなら、長距離もイケるんじゃね?思ったほどソールも硬くないし…」
と思い、バジーペースで初めてのロング走(30km)を敢行。

そのときの感想を書きます。。。  (ちょっと泣きを見ました)

 

running shoe
pace

軽快な走行性

その日は夜7時に仕事を切り上げて、青梅マラソンのコースを経由して夜10時に帰宅する予定でした。

 

補水用の薄いミルクティーをペットボトルに入れて、いざ出発。

 

走り出しは快調。
バジーペースは重量が軽くて、ソールはコシのあるクッション性。とっても軽快です。

ウェーブライダーやニューヨークのようなサブ5のシューズから
バジーペースに履き替えるとその差は一目瞭然。

まるで、マウンテンバイクからクロスバイクに乗り換えたかのように
スイスイ進みます。

 

running shoe
rider20

 

ソールの硬さはマキシマイザーとかジョグ100ぐらいのしっかり感があります。

それゆえ、一見するとマキシやジョグに似た走り心地を感じますが
履き比べてみるとバジーペースはそれらよりも、もっと洗練されている感触。

反発力は高いけど、足の接地感が静か。
柔らかいのではなくて、静か。

マキシやジョグなどよりも走りに高級感が漂います。

マキシ愛好家の僕としては、負けた気がしてちょっとくやしい。。

 

また、つま先の巻き上げ部分がしっかり上を向いているので
足の着地から蹴り出すまでの動きがとってもスムーズ。

足が自動的にくるん、っと回る感じ。

この動作をくり返しながら、スイスイ前に進みます。

 

 

running shoe
pece

 

 

20km過ぎたら置き去りにされた

 

僕はいつもランニングシューズを選ぶ時は、自分の脚力に合わせてサブ5用を選んでいました。

しかし、実際にバジーペースで走ってみると「なんだ、サブ4でもいいじゃないか。軽快に走れて気持いい」
と気付きました、、、いや勘違いをしたのです。

帰宅までの道のりに青梅マラソンのコースを織り交ぜて、30kmの距離を走って帰ったのですが、
途中まではよかった。

20km付近までは「いや〜、軽くて走りやすいね〜」
とゴキゲンだったのですけど、その後が一苦労。

いつもなら、この距離まで来ると「よし、あと一踏ん張りだ」
ってな感じなのですけれど、
この日に限っては「早く家にかえりたい〜」
なのでした。

なんだか足が疲れちゃいまして、、、

走る事は出来るのですけれど、気持に余裕がない。
根性入れないと前に進まない、そんな気がしました。

たぶん、これってシューズの違いによるのもだと思います。

バジーペースは良いシューズです。
でも、僕の足がついて行けませんでした。

 

running shoe
pace

 

 

 

もう少し脚力があれば…

 

疲れてきて、足が重く感じる。

シューズのソールにコシ(硬さ)があるので、沈み込みが少ない分
踏みしめた足の力が即座に返ってくる。

それは、蹴る足の力が地面に伝えやすいという事なのですが、
疲れてくると、地面を蹴っ飛ばす力が失われて、
自分の体重に負けてしまい、
その結果、足が重く感じる。

試しに、少しがんばってスピードを上げてみると、
意外とスイスイ進むのです(長続きはしませんが)。

高い反発力とシューズの軽さのおかげで気持よ〜く前に進みます。

 

そうだよね、この速度で走らないとフルマラソンで4時間切れないですから。。。

バジーペースはサブ4のシューズ。
サブ4のスピードで走ってこそ、その性能が活かせるというものです。

 

僕にはバジーペースの能力をしっかり発揮させる事はできませんでしたが、
「途中まで」は楽しく走れました。

サブ4とサブ5って世界が違うんですね。。。

 

 

追記

先日、バジーペースで縄跳びをしてみたら、、、
ものすごい跳び易かったのです。

マキシマイザー19で二重跳びをすると、どうしてもつま先が引っかかってしまい、うまく跳べない。

そこでバジーペースに履き替えると、ヒュンヒュンと調子良く跳べてしまった。。

ソールのつま先部分が、軽くて、薄くて、上を向いているのでジャンプがしやすいんです。

やっぱ、運動性能ってシューズによって変わるんですね〜。

足がモタモタしないで、スカッと軽快に動く。

おかげで近所のチビッコ達に「おじさん、縄跳びうまくなったね!」
と褒められました。

ミズノ【ウェーブライダー20】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その2

 

 

先日、ウェーブライダー20を履いて横田基地のハーフマラソン「フロストバイト」参戦してきました。

馴れないコースを走る時は何かと足にストレスを感じるものですが、ウェーブライダー20のおかげで足下だけは快調でした!
練習不足でも、難なく完走

ウェーブライダーに助けられました。。。

 

 

ウェーブライダー20を履き始めてから100km以上は走ったところで、再びレポートします。

長時間履いて気付いた事や、他のシューズとの比較などについてお送りしますね。

 

 

100km走行後の感想

2時間以降もテンポよく走れる

ウェーブライダー20は長時間走っても、比較的ペースが落ちにくい様に感じます。

今持っている他のシューズでは長く走ると、疲労したなりにストライドが狭くなったり、ピッチが遅くなったりしますが
ウェーブライダーだとその落差が小さいと思います。

これは、柔らかく弾むようなシューズのクッション性が、蹴り出す足の動作をサポートして、動きを楽にしているからなのでしょうね

だから、体が疲労してもリズムよく走り続ける事ができます。
特に2時間以上走るとその差を感じます。

長い時間でも、足さえ回していればポンポン前に進む事が出来ますから。

 

耐久性

まだ、履き潰すほどの距離は走っていませんが、耐久性は高いと思います。

100km走った時点ではアッパーの伸びも感じられず、ソールのクッション性にも
変化はナシ。

個人的にうれしいのは、アウトソールの踵の部分が減りにくいところ。
僕はヒールストライクで走りますので、踵の消耗が早いのですが
ウェーブライダー20は今のところ、まだまだ余裕があります。

100km位の距離ではどんなシューズでも耐久性で根を上げる様な事はないのですが、少々のヘタリ感は出て来ます。

それに比べると、ウェーブライダーは未だに新品時のしゃきっとした雰囲気が残っていて「ずいぶん頑丈な靴だなぁ」
という印象を持ちます。

 

 

 

他のシューズとの比較

ウェーブライダーにどっぷり浸かっていると、馴れきってシューズの特徴が分からなくなってしまいますので、他のシューズと比較してみます。

 

shoe
shoe

 

GT2000ニューヨーク5との比較

ニューヨーク5もウェーブライダー20も共にサブ5向けのシューズなので
どっちかを履いたら早く走れるって事もないのですが、
キャラクターはそれぞれ違います。

ニューヨーク5は安定志向な個性のシューズで、落ち着いた走行感と優しい履き心地が特徴です。

これに対して、ウェーブライダーは躍動感のあるウキウキする様な走行感とバウンド感のある楽しい履き心地。

あと、両者ともソールの柔らかいシューズなんですが雰囲気がちょっと違います。

ニューヨーク5が、ふんわりとしたスポンジの様な柔らかさだとすると
ウェーブライダー20は、しなやかなバネの様な柔らかさです。

サイズ感はほぼ一緒ですね。
ウェーブで26cmが丁度いい人は、ニューヨークでも26cmがいいでしょう。

横幅の広さも大体同じだと思います。
どっちかが細くて、どっちかが太いって事は無いです。

 

 

 

 

ラッシュアップ2との比較

ラッシュアップ2は陸上部でトレーニングしている様な人たちが履く
本格的なランニングシューズです。

これに対し、ウェーブライダー20はゆったりホンワカした一般ランナー向けのシューズ。

普段からウェーブライダー20に履き馴れていると、ラッシュアップ2はめっちゃスパルタンに感じ「こんなに硬いシューズで走っていいのか?」
と感じるほどです。

 

 

ソールはカチカチに硬いし、シューズ内には隙間が無くぴちぴちに足にフィットする。

なんだか、すぐにヒザが痛くなりそう。
ウェーブライダーとは全く逆の性格です。

着地の時の衝撃を優しくいなしてくれるだとか、蹴り足を御丁寧に下から押し返してくれるだとか、そういった気の利いたサービスは一切なし。

ラッシュアップ2に比べると、ウェーブライダー20がいかに親切で優しいシューズなのかがよく分かります。
至れり尽くせりで、ある意味贅沢過ぎるシューズ。

ところで、そんなストイックでスパルタンなラッシュアップ2で走ってみると…
最初は「うわー、ぜんぜんクッションがないぞ〜」
なんて感じるのですが、
10分も走るとだんだん馴れて来て、終いには「軽くて走りやすいな〜」
なんて、思えるようになるのです。

今の世の中、マラソンをやる人は普通にウェーブライダーやニューヨークみたいに
リッチなクッション性のシューズを履きます。

しかし、それは絶対に必要かと言うと、そうでも無いような気もするのです。
そこまで良いシューズで無くても、ランニングは楽しめるようです(ヒザへの負担ご自身で調整してみて下さい)。

しかし、一度贅沢な味を知ってしまうとそこから抜け出せなくなる、というのも
事実なのでして…。

ラッシュアップみたいなシューズを履くと、あらためてウェーブライダー20
の良さが実感出来ます。

 

自家製【ヒザが痛い時の走り方】←マネしないで下さい…

 

ここ一ヶ月ずっとヒザが痛くて走れないでいました。
あと少しで、横田フロストバイトや青梅マラソンの日がやって来るというのに
まいった…。

ま、ランナーにはよくある悩みの一つなんですけど、一応僕も焦ってみたりする。

 

ヒザの故障は休足が一番の薬。
の筈ではありますが、なかなかそれが出来ないんです。

不安に駆られてサポーターをしてみたり、テーピングを巻いてみたり、サプリメントを飲んだりジタバタをする。

そして、ちょっとでもヒザの痛みが軽くなると勝手に走り出して、足を引きずりながら帰ってくるという愚行をくり返す。

 

で、そのうちに腕をブンブン強く振って走ると、足が痛くてもテンポよく進めるらしい事に気付きます。

他にも足の着地をフォアフットに変えたり、腰を落として走るとか、前傾姿勢にするとかいろいろやってみたのですが、自分には腕の動かし方が大事なのかな?
と思うようになりました。

そして、しばらくは腕をブンブン振って走っていました。
だけど、そのおかげで今度は肩が痛くなる始末。

 

こりゃいかん、というわけで自己流で改良していろいろ試しているうちに辿り着いたのが「ナンバ」という走法。

「ナンバ」とは左右の手足を同じ方向に振るという、日本古来からある独特に走法動作であります。
有名なところでは末續慎吾選手や高橋Qちゃんがナンバ走法の使い手です。
(※末續はナンバでは無いという議論がありますが、ナンバの腕の動きに対する誤解も多いようです)

ナンバで走るとヒザへの負担が減って痛みが「それほど」は気にならない
まったく痛く無いって事もないんですが、走れる範囲内であります。
(本当は走らない方がいいんでしょうけど)

 

それでは、なぜナンバで走るとヒザへの負担が少なくなるのかと言うと、、、
よくわかりません!
まだ勉強不足なもので…。
きちんと説明できないんです、スミマセン。。。

ただ、実感としてはナンバで走るとガツンとくるヒザへの衝撃が小さい
フォアフットでも痛くて走れなかったのに、ナンバなら大丈夫でした。
不思議です。
(段差を飛び越えるとさすがに痛いですけど)

あと、ナンバで走ると走行中の体の上下の動きが抑えられます
無理して抑えているのでは無く自然とそうなる。

ナンバを経験すると、今までの走り方がピョコンピョコンと跳ねて走っていた
のが分かります。

ナンバだと、すーっと前に進む感じ

それが結果的にヒザに優しい走り方になっていたのかも知れない。

 

ナンバのおかげで、僕はランニングを再開する事が出来ました。
ヒザへの不安はまだありますが、今のところ走行中でリタイヤしたり
痛みがさらに悪化するという事もありません。

ただ、筋肉痛にはなりました。
なれない走り方をしていますからね…。

でもそれは、筋肉が鍛えられている最中の健康的な筋肉痛であって
ヒザ関節のいや〜な感じのする痛みではありませんでした。