青梅ラーメン食べ尽くしレポ【らあめん花月嵐】嵐げんこつらあめん¥680  千ヶ瀬店

 

 

僕が初めて花月のラーメンを食べたのは、もうだいぶ昔の話です。

仕事が終わって、夜中の吉祥寺まで車を走らせ花月でラーメンを食って
帰ってくる。

現代の時代のように、スマホは無いし、ラーメン本もあまり出版されていなかった
ので、手探り状態のラーメン食べ歩き。

花月を食うために1時間以上も車で移動する。
今考えるとずいぶん要領が悪かったなぁ。。。

 

 

そして時が過ぎて、今やラーメン花月も全国で290店舗。

どこの街にいっても1軒や2軒?はあるものです。

青梅市では千ケ瀬にあります。

 

 

花月は全国で同じレシピ、同じメニューでやっている筈なんですが
食べ比べてみると、それぞれのお店で微妙に違います。

千ヶ瀬には千ヶ瀬の味があって、
羽村には羽村の味があって、
福生には福生の味はあって、瑞穂には瑞穂の味があるんですけど、、、先日お閉めになりました。

どの味が好きかは人それぞれ。

僕がハマってわざわざ食べに行ったのは吉祥寺店でした。
今では、もう在りませんけれど。。。

また食べたいなぁ。

背脂の色っぽい香り、重厚なとんこつスープ、中太めんのボリューム感のある
歯ごたえ、そしてガツンと来るにんにくの風味。

 

今ではラーメン花月はそこいら中にありますけど、僕が食べた昔の花月とは
ちょっとフィーリングが違うんですよね。

見た目は一緒なんですが、なんとなく違う。

 

 

あと、店名もなんとなく違う。

今どきの花月は「花月」の後ろに「嵐」とか「寅」がついています。

 

嵐と寅ではサイドメニューの構成がすこし違うんですけど、
基本の「げんこつらあめん」に関してはたぶん、、、一緒だと思います。

おなじ写真使ってますから。

写真に写るチャーシューの縞模様とか、メンマの設置角度が一緒なんで
同じラーメンだと思います。
嵐は「嵐げんこつらあめん」。
寅は「ニンニクげんこつらあめん」。

それぞれに呼び名は少し違いますけど、写真は一緒。
だから、「嵐」だろうと「寅」だろうと、花月は花月。

でも、お店によって若干味わいが変わる。

おっと、話がズレっちゃった。。。

 

花月の千ヶ瀬店の話をしなくっちゃ。

千ヶ瀬のお店はですねぇ、
駐車場が入り易い。
接客が丁寧。
店内は清潔。
基本メニューはニンニクげんこつ…。

 

 

いやぁ、、、チェーン系のお店をレポートするって難しいですね。
言葉で伝えられる特徴ってみんな一緒ですから、文章で書くと
ぜんぜん面白く無い。

すみません、、今回はこの辺でギブアップします。。。
僕の力不足です。

 

今後、気がついた事があったら再度レポートしますね。

 

 

 

 

 

青梅ラーメン食べ尽くしレポ【バーミヤン】酸辣湯麺¥647

 

 

その日は昼過ぎまでの仕事を終えたら、後はすっかりヒマになってしまいました。

やる事が無い、、、

ならばラーメンでも食いにいこうということで、とりあえずチャリで河辺方面に
向かいます。

 

 

当初の予定では「はちのこ食堂」
に行くつもりだったのですが、、定休日でした。
(はちのこさんは木、金休みです)

そこで、次のお店に。。。

まずは駅前通りの「天海」へ。
すると、お店の暖簾はかかっていたのですが
店内ではおじさんが昼寝をしていました。

中休み中だったのですね。
こりゃ、失礼しました。

では次はお隣の「皇花」へ。
すると、お店に暖簾はかかっていたのですが
ドアはロックされていて、店内ではおばさんがテレビを見ていました。

こちらも中休み。
またまた、失礼しました。

時間は午後の3時ですから当然かもしれない。

 

 

 

そこで、この時間にやっているラーメン店といえば、、、
バーミヤンだ!
そして、すぐ近くにある!!

 

と、いうわけでやって来ました。
バーミヤン青梅市河辺店です。

 

 

ラーメンマニアの間ではファミレスのラーメンって
あまり話題に登らないと思いますけれど、、僕は好きです。
バーミヤン。

 

なかなか、中庸な感じでフツーに美味しいし、安いし、
おまけにクーポン券まで貰えたりする。

万人向けに仕上げているので、
脂でギタギタとか、ニンニクぷんぷんとか、バキバキの硬麺とか
そう言うとんがった事はしないんですですけれど、
手堅く美味しい。

 

 

それでは、店内に入りますと、、、とても空いています。

ジャージを来たおばちゃんグループが一組、居るだけ。
(もしかして、お昼からずっといるのかな?)

食事時のタイミングからずれていますからね。

 

 

好きな席に座ると、一応メニューなんか見てみる。
気持中では半チャンラーメン(バーミヤンラーメン)だと決めていつつも…。

 

でも、メニュー表を見ると半チャンラーメンが見当たらない。
しかも、他に興味をそそるようなラーメンの種類に惑わされ
頭の中が混乱していく。

で、その結果注文したのは…
なにを間違ったのか「酸辣湯麺」。

 

実は僕、それほどスーラータンメン好きじゃないんです。
でも、スーラーのメニューがあると
ついつい頼んでしまう。

「もしかしたら、これは自分好みのスーラーかも知れない」
という期待をこめて。

でも実際に食べると「あ〜やっぱり、スーラーだ〜」
となる。

そして、今回もやってしまいました。

 

酸辣湯麺がやって来て、写真を撮って、いただきまーす。
すると、、
「あ〜やっぱり、スーラーだ…」。

 

 

ま、個人の好み多少はあるんですが
それでも、バーミヤンのスーラーは、、、
美味しいんじゃないかな?と思います。

スープや具材は巷のスーラーと大きく違わない印象なんですが、
麺が素晴らしいと思います。

むちっとした重さのある歯ごたえと、小麦のほのかな甘い香り。
そして、スーラーのとろみのあるすっぱ辛いスープが
麺の存在を引き立てる。

味の構成として、ちゃんと麺が胸をはって主役をやっている。
これぞ、麺喰いの醍醐味です。

 

 

スーラー食べながらメニューを見ていたら
ようやく、ラーメンとチャーハンのセットが見つかりました。
半チャンではないけれど、、未練を感じます。

 

 

今度、子どもが「ラーメン食いたい」
とほざいたら、バーミヤンに連れて行ってやろうと思います。

デザートもあるし、バイキングもあるし、麻婆豆腐もあるし。。。
そして自分はバーミヤンラーメン食べる。

 

 

 

青梅ラーメン食べ尽くしレポ【梅浜亭】キャベツラーメン¥800

 

 

 

 

ラーメンマニアの間で何気に人気のあるラーメン店「梅浜亭」。

青梅市河辺にある家系ラーメンのお店です。
長蛇の列が出来たって言う話は聞いた事はありませんが
いつも行っても、カウンター席にはお客さんが座っています。

 

 

 

僕の仕事の取引業者さんが、ある日ラーメンの話を振ってきました。
(この人は遠方からやって来ます)

「あのさ、青梅の〜の辺りにあるラーメン屋さん、おいしかったなぁ。
なんて名前だたっけなぁ、赤いかんばんで、とんこつ正油のスープで…」

そこで僕が「梅浜さんでしょ?」と答えると
「あ、そうそうウメハマだ、、、」と思い出した様子。

家系のお店なら「○○家」という店名ならば覚え易かったかも知れません。
でも、青梅と横浜をかけて梅浜亭。

梅浜さんはもはや青梅ではベテランの域のお店。
みんなが「○○家」と名乗り出す遥か昔からの名前でやっています。

 

 

 

家系のラーメンだと今どき「濃くて、重たい」
のがあたり前。

それに対して梅浜さんのラーメンは、一見あっさりとライトな味わいのように
感じます。

でもそれは、ダシやタレが薄いのではなく
おおげさに強調していないからだと思います。

派手にしていないから、おとなしく感じますが
骨の風味は十分効いている。

もし、パンチの強い家系がお好みなら
テーブルに置いてあるニンニクをちょっと入れてやると
がーんと豚骨感が引き立ってきます。
(入れ過ぎると骨や脂の香りがとんじゃいますけど…)

ノーマル状態では、あっさりスマートで角のない印象なんですが
本当は底力のあるスープです。

 

僕は梅浜さんのラーメンに関しては何もいじらずに
そんまま食べるのが好きです。

スープが奥ゆかしいと麺の香りまで楽しめます。

ラーメンの本来の主役は麺です。
スープはそれをバランスよくサポートして美味しく食べさせるのが仕事。
そしてそれを、どう組み合わせるかはラーメン店さんの感性。

個人的に梅浜さんの場合はノーマル状態が一番おいしく感じます。

 

 

 

さて、今回頂きましたのはこちら。↓キャベツラーメン。

キャベツと豚骨はよく合います。
また、写真写りもよし!

普段はチャーシューメンを食っていますが
色合いがいいのはキャベツのほうかな?って重いまして。。。

 

でも、食べている途中で「チャーシューも乗っけとけばヨカッタかも、、」
と欲が出る。

梅浜さんのチャーシューはうまいですよ。
豚肉の味を逃がさず、ぎゅっと閉じ込めてあります。

口当たりはふんわり系のロース肉。

家で作るとこうはならない。
硬くなったり、脂でギタギタになったり、、、。

 

いけね、そうじゃなかった。
キャベツの話だ。

キャベツはゆでキャベツを使用。
スープによくからめてザクザク食べます。

豚にはキャベツです。
やさい炒めにはキャベツを使いますものね。

 

 

 

梅浜さんの駐車場は7台分あります。
自動車で行っても安心。

お店のすぐ横ですよ。

 

 

青梅ラーメン食べ尽くしレポ【紀の家】ネギラーメン¥700

 

 

僕が初めて紀の家さんのラーメンを食べたのは、今から20年以上も昔。

小気味よい味のしょうゆラーメンで、その後「また食べたいなぁ」
と思ったのですが、、、
場所を忘れてしまい、そんまま行かず終いの数年間が過ぎました。

 

そんなある日、JR河辺駅近くのホームセンターに行く途中で
視界の隅の方に、見覚えのある看板を発見。
紀の家さんの看板でした。

なんだ〜、こんな所にあるじゃ〜ん!

別に狭い裏路地の奥ふか〜い所にあるわけでは無いんですが、
街道からちょっと入った所にあるので、
気をつけないと見落としてしまうんです。

 

 

紀の家さんは八王子系のラーメン屋さん。

濃いめのおしょうゆと薬味に玉ねぎを使っているのが特徴。

昔は八王子ラーメンと言うとどこも基本に忠実で似たような印象が
ありましたけれど、
紀の家さんはちょっと違ってた。

軽い食感とキレのある風味は他の八王子系とは異なる、紀の家さん独自のセンス。

今じゃ八王子系も増えて、それぞれのお店で様々な個性を発揮していますけど
こちらのお店は昔から自らの道を歩んでいました。

 

 

紀の家さんは女性グループだけで運営しているお店で、これもまた紀の家さんらしさ。

女性の感性って、やっぱり男と違って繊細できめこまやか。

それは、インテリアが女性っぽいとか、隅々までお掃除が行き届いているとか
そういう事じゃないんです(もちろん店内はきれいですよ)。

なんていうか、お店の中の空気が柔らかで優しい感じがします。
そして、それが一杯のラーメンにも表れています。

ラーメン屋=男の世界、みたいなイメージがありますが
女性のつくるラーメン屋さんもいいものですよ。

 

 

さて、今回頂きましたラーメンはこちら。↓ネギラーメンです。

写真だと分かりづらいのですが、ネギが、、、
めっちゃ細い。
そして、ふんわり〜とした食感。

男だって、ネギを細く切ることぐらいは出来ると思います。

しかし、紀の家さんのラーメンの上に、この極細ネギが乗っかっていると
とても可憐、可愛らしい感じがするのです。

少しずつ味わって食べたいラーメンですね。

 

 

先日、かみさんと紀の家さんでラーメンを食べました。
かみさん曰く「食後がなんか物足りない」とのこと。

ああ〜、そうかも知れない…。
あんた、二郎でブタ増しするG系女だからね。

 

 

【風邪に効く】ランナーの食事 いつも食べてるあの○○。「家系ラーメン」

あれ?
もしかしたら風邪かな?
風邪かもしれないけど、違うかな?
この兆候はちょっとあやしい、風邪かも?

そんなタイミングで食べておきたいものがあります。
それは…ラーメン。

はぁ?ですよね。
でも、ラーメンなんです。

しかも「横浜家系」のラーメン
とんこつ正油のこってりラーメン。

 

 

この「家系」のラーメンが、風邪のひきはじめにガツンと効く
もっぱらのウワサです。

「一発で治った」
「風邪薬よりも10倍効く」
などと街の伝説はとどまる事を知りません。

 

 

家系ラーメンはなぜ風邪に効くのか?

それは、とんこつエキスに含まれるグリシンプロリンといった成分が
免疫力をアップさせ、炎症を抑えるからだと言います。

アメリカでは風邪をひくとチキンスープを飲をらしいにですが、考え方は家系ラーメンと一緒ですね。
グリシンとプロリンで免疫力アップ。

また、ラーメンのトッピングにほうれん草(βカロテン、ビタミンC)、
ネギ(ビタミンC、アリシン)をのっけると更にいいです。
ニンニクはテーブルの上に普通に置いてあります。風邪治しパワー強し。

 

 

ということは、とんこつ系のラーメンだったらどれでも風邪に効くんじゃないか?
と思いませんか?

でもそれは、ちょっと微妙なところなんです。

僕の職場の近所でもとんこつ正油のラーメン店で
「風邪が治る」伝説をもつお店があります。

かといって、他所のとんこつ正油ラーメンのお店でも必ず
そんなふうなウワサがあるかというと、そんな事な無いわけで…。

 

 

プロリンやグリシンといった成分がラーメンに入っていたとしても
他の栄養素とのバランスが違うと、風邪治しパワーの度合いも違ってくるのかも知れませんね。

ダシの材料はそれぞれのお店によって、違うものですから。

 

 

いままでに、
「どこそこのラーメンを食べると風邪が治る」
なんて世間話、どこかで聞いたあるんじゃないでしょうか?

ところがそのラーメン屋さんが都合良く、自宅や職場に近くにあるとは限らないんですよね。

そこで、「横浜家系ラーメン」なのです。
家系のラーメン店であれば、比較的どこの地域にいってもありますから。
いざって、時にいつでも食べれますし。

もし、家系のラーメン店が分からなかったら、お近くにいるラーメン好きのご友人に聞けば親切に教えてくれるはずです。

 

 


 

 

このブログをお読みのあなたが青梅マラソンのランナーさんでしたら、
ご存知の青梅市御岳には「福の家」さんという家系のお店があります。

青梅マラソンコース沿いにあるお店です。

…いや待てよ。
風邪ひいたら、わざわざ御岳まで来る人もいないか。。。

 

 

 

食べる青梅マラソン【グルメ】ゴール地点にある、あのラーメン店「紀の家」

 

 

青梅マラソンに出場したことのある人だったら、見覚えがあるんじゃないでしょうか?
この看板。↓

signboard

紀の家」さん。

 

 

青梅市総合体育館のほぼ目の前にお店があります。
青梅マラソンに参戦するランナーさん達は、大会の当日に何度も紀の家の前を通っているはず。

retaurant

受付をするために総合体育館にいったり、ウォーミングアップをしたり、マラソンのゴールをする時など、その度に紀の家の前を通っています。
何度も何度も。

 

 

ところで食べた事あります?
紀の家さんのラーメン。
おいしいよ〜。

僕は昔ラーメンマニアをやっていたことがありました(20年前)。
暇さえあればあっちの店、こっちの店とラーメンばかり食っていました。

近隣のお店はもちろんの事、遠くお店にいったり、行列に並んだり…。
でも年中そんなことばかりやっているとやっぱり、だんだん飽きてくるんです。

最初は遠征したり、行列に並ぶことはイベント的なたのしさがあったのですが、
それも慣れてくると珍しさも薄れ、めんどくさいのが先に立ち徐々に僕のラーメン活動も回数が減っていったのでした。

でもやっぱり、時々はラーメンが食いたくなる。
そこで、近所のラーメン屋さんに行くわけですが、できるだけ「ならばない
くて「おいしい」お店を選びます。

そして、そのうちの一軒が紀の家さんというわけです。

 

 

今日は「ネギラーメン」をおねがいしました。

noodleネギがすげー細くスライスされています。
ここまでやるには相当、気合いを入れねばなりません。
ていねいなお仕事をなさっているようです。

 

 

紀の家はあっさり系の八王子ラーメンのお店。
わりと誰にでも食べやすい味です。

また、お姉さん3人グループで営業しているので、女性だけで行っても入りやすいんじゃないかなぁ。

restaurant

 

 

もし、青梅マラソンの試走に何度も青梅に来るようでしたら、一度ぐらいは紀の家さんのラーメンを食べていってください。
きっと、一年後にまた食べたくなりますよ。