【比較】マキシマイザー19 VS ジョグ100 走ってみたら○○だった!ベーシック対決

 

 

ジョグマキシマイザーは大人気を誇る、アシックスとミズノのランニングシューズ。

毎日、街中のあちらこちら頻繁に見かけます。
ウォーキングお父さんとか、犬の散歩をしている奥さんとか、通学途中の中学生とか…。

そして、青梅や各地のマラソン会場でも、、、
ん?
いや、そういう所ではあまり見かけないかも。。

がっつり走る人なら、ジョグ100やマキシマイザー19ではなくて
ニューヨークとかアディゼロとか、そっちの方に行っちゃってますよね。

だけど、マキシマイザー19やジョグ100だって一応は有名メーカーの
ランニングシューズ。
だから、こいつでトレーニングやマラソン大会に出たっていいと思うんですけど…。

 

running shoe max19
running shoe max19

 

確かにニューヨークとかウェーブライダー見たいな上級機種と比べてしまうと
見た目や性能では、ちょっと物足りない感もあるのですが、
ランニングシューズとしての機能レベルはちゃんとクリアしていますし、
マキシやジョグの特性を知ってインソールなどでカスタマイズしてあげると、
なかなか愛着が湧いてくる。

こんな最ベーシックなランニングシューズであっても、それぞれに個性があって
走るシーンによって使い分けてあげれば、
ランニングライフの良き相棒となってくれます。

 

今回はそんなマキシマイザー19とジョグ100のキャラクターの違いについて
レポートしてみます。。。

 

 

running shoe jog 100
running shoe jog 100

 

 

 

走行感

 

ランニングシューズにとって一番大事な所です。

マキシ19とジョグ100、それぞれの走行特性をまとめてみました。
シンプルな造りの中にもちゃんと個性が生きています。

 

ジョグ100

とことんナチュラルで素朴なランニングシューズです。
余計な味付けが無く、まさにベーシックという感じ。

街中で走る最低限の機能だけを満たしているという所が清々しい。

クッション性はニューヨークなどに比べると硬く感じるが、一応アスファルトの上でも走れます。(オシャレスニーカーに比べれば格段に走りやすい)

ヒールをあまり高くしていないので、ベタ足的でフラットな走行感
やさしく穏やかな走り心地。

過剰な演出やランナーをあおり立てるような仕掛けはなく、
一歩一歩が「自分の足で走ってる」
という感覚が楽しめる。

マイペースでのんびりと走りたいシューズです。

 

マキシマイザー19

ジョグと比べると、若干やんちゃな走行感です。

クッション性はジョグと対して変わりは無いが、反発力のあるシューズのソールが
ヒールに高さを感じさせて、ランナーの足を前に進ませようとします

のんびりとしたジョグに対して、アクティブなマキシ19。
走っていると思わずスピードを上げたくなる様なシューズの感覚です。

また、シューズのフィット感が高いので蹴り足の力が入れ易いのと同時に
路面の衝撃が足に伝わり易いという特徴もあります。
そこは人によっては、好き嫌いがわかれる所かもしれない。

マキシ19は攻めるタイプランニングシューズなのです。

 

 

 

履き心地

 

本当のシューズの履き心地ってお店で試着したぐらいじゃ、分かりませんよね。
しばらく履いて、足に馴染んでそれからが本番。

買った後ではじめて分かるのです。

でも、それじゃ意味が無い。
この期に及んで交換なんか出来ませんから。

そこで、このレポートが少しでも参考になれたらいいな
と思っております

 

ジョグ100

『リラックスなムード』

ジョグ100はヒールの高さをあまり感じさせず、そしてシューズの横幅がゆったりしています。
そのため、フラットなベタ足感があります。

リラックスした履き心地で、窮屈さが一切ありません。
それは「ゆるい」という意味では無くて、ストレスのない自然な感触といった印象。

ジョグ100の走行感と同質なものを感じます。

 

マキシマイザー19

『引き締まり感』

マキシマイザー19はヒールの接地感にコシがあり、アッパーのサイドからの圧着感があります。

そのため、足を縦方向にシェイプされる様な履き心地を感じます。
気持のよい締め付け感があり、そのまま走り出したくなります。

履いているだけで、何となくワクワクしてきます。

 

 

 

クッション性に関しては同じ位のレベルだと思うんですが、
マキシとジョグでは感触が違います。

マキシマイザー19ではアウトソールが厚いせいか、接地した瞬間はソリッドな感じがします。

一方、ジョグ100はアウトソールがマキシよりは薄いので、接地が柔らかく感じます。

それじゃ、ジョグの方がソフトなのかと言うと実際はそれほど変わらない。
右にマキシ、左にジョグを履いて比べてみるとそれほどの差が無いのが分かります。

ミズノのウェーブライダーやアシックスのGT2000と比べた時ほどの差はないんです。

あくまで同レベルであるけれど、感触はちがうよ、、、
という話です。

 

ただ、どうせ違うなら好みの方を選びたいですよね。

 

 

 

ミズノ【マキシマイザー19】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その3

 

 

新品のマキシマイザー19を購入してから,その後100km以上走りました。

マキシ19もだんだんと足になれて来て、本性を現してして来たようです。
まっさらの新品と履きなれた状態では、シューズの印象も違って来ますよね。

シャキンとした下ろしたてもいいんですが、その時期は一時だけです。
ユーザーとしては、その後のこなれた状態でシューズとつきあうわけですから、
試用期間が終わってからの情報のほうが、大事かも知れません。

 

shoe  cimg6815

 

 

マキシマイザー19は走力アップ

 

マキシマイザー19をしばらく履いて、率直に感じた事は
マキシ19はちょっとだけ履く人を選ぶシューズ
だと言うこと。

マキシマイザー18なんかと比べると、マキシ19はややランナー向けに仕上げた造りっていうか、走りを意識したモデル

だから、「わたしはマキシマイザー履くけれど、いっさい走りません」とか
「ひたすら軽くて楽なシューズがいいんです」なん

ていう人だったら
マキシ19よりも、かえってマキシ18の方が向いている。
と、思います。

今僕は走るときはマキシ19、普段履きにはマキシ18を使っています。
そのほうが合っている様な気がするんです。

 

↓マキシマイザー18

 shoe cimg7148

 

 

 

 

 

両者は形も性能も大きくは違わないのですが、それぞれに一応個性みたいなものがあるんですね。履き比べてみて、いろんな事を感じました。

 

 

それではレポート始めます。まずは

 

履き心地

剛性感のある履き心地

初めてマキシマイザー19を履いた時は「なんて硬いシューズだ」
と思いました。
ソールやアッパーの素材はマキシ18同じなのに硬い。

ぱっと見て違いの分かるのは、アッパーサイドのラインの部分(ミズノのマークが入っているところ)。
こいつがガッチリとアッパーサイドを合皮で被い、剛性感を出している。

cimg7147

履き始めた当初は「まだ下ろしたてだからなぁ、そのうち柔らかくなるだろう」
なんて考えつつ、毎日履き続けました。

そして、2週間がたち、だんだんと当たりが出て来て足入れも楽になってきた

よりスポーティーな印象

そこで、そろそろマキシ18や他のシューズと、取っ替え引っ替えしてみる。

すると、、、う〜ん、、やっぱまだ硬いっす。
硬いって言うとちょっと語弊があるかも知れない。

新品当初のパリパリ、シャキシャキとは違う
なんつーか、「ガチッと足をつかむ様なソリッドなホールド感
って言うのかな。。。

試しに、片足にマキシ19、もう片方にマキシ18を

履いて走ったり、歩いたりしてみると
面白いんですよ。

マキシ19が硬いんじゃなくてむしろ、マキシ18の方がゆるく感じる
つまり、マキシ19の方が運動に適しているって事かな?

何にもしていないとマキシ19、「硬いかなぁ」って感じ。
硬いからと言って、痛いとか窮屈ってワケじゃ無いんです。

ただ人によってはこの剛性感がうっとおしく感じるかもしれない。
サンダルも様な気楽さでは無く、足を引き締める様な履き心地だから。

極端な言い方すると、サッカーシューズの様なホールド感。
実際はそこまでタイトじゃないけど、ランニングシューズとしてはソリッドな印象。

 shoe cimg7146

でもこの剛性感、気合いを入れて走ったり、一日中歩き回る時にはむしろ
足が疲れなくて都合ががいい。

柔らかリラックスというよりは、気合いの入ったコシの強いシューズって感じ。
マキシ19を履くと気が引き締まる思いがします。

 

走行性

マキシマイザー19はスピードアップ

マキシ19はマキシ18に比べて走行性がアップしています。
若干ですけど。

両者を何度も履き替え、走ってよ〜く観察してみると分かる(感じる?)んですが
マキシ19の方が前に進む

マキシ18に比べてマキシ19の方が速く走れる。

たぶんこれは、シューズのホールド性が上がったおかげだと思います。
ガッチリ足をホールドしているから、地面を蹴る力がロスをしないでシューズに伝わる。

厳密に言えばマキシ19といえども、シューズと足の間のどこかでズレが生じてパワーをロスしているはず。
でも、その精度はマキシ18よりマキシ19の方が上。
だから、その分前に進める。
若干ですが…。

これは、マキシ18と19両方もってないと、気づきづらいところですね。
履き比べると分かりますよ。

ヒマな人は両方買って試してみてください、、
面白いですよ。

ロードバイクのギアを一段だけ重くしたような感覚です。

気を付けないと、ひざが…

ただ、精度の高さも多少のデメリットはあります。

足の力を地面に伝えやすくなった分、地面に着地するときの衝撃や振動もしっかり伝わってくる

マキシマイザーのソールは決して硬過ぎるって事は無いんですけど、
上級機種に比べると負けます。

だから、あまり雑な走り方をしたり、無理な走行をしたりすると
ヒザに来ます(マキシだけに限りませんが…。

マキシ18は着地の際の衝撃や振動が来ても、シューズ内の適度な緩さの中でそれをごまかしたり、逃がせる部分があったのですが、
マキシ19では逃げずに足にくる

バタバタした様な走り方をしていると、終いにはヒザが痛くなる。
マキシ19は前には進めるけど、その分足のダメージに注意した方がいいと思います。

shoe cimg7151         ↑ウェーブライダー20

 

試しにウェーブライダー20とマキシ19とで走り比べてみると…
さすが、ウェーブですね。

パワーロスも無くて、足への当たりも優しい

あらためて感動する。

おかげで、かえって心配になってしまいました。
このまま、マキシ19で走っていたらそのうちに足を痛めるのではないかと。。。
(今のところはまだ大丈夫ですけど…)

インソールのチェンジもアリ、です

そこで、インソールを変えてみる事にしました。
純正品からソルボライトに。

 shoe cimg6866

ソルボライトをマキシ19に装着すると、、、
ずっしりとした重量感!!

純正品のインソールが14gに対して、ソルボ70g。
ソルボすげー重い。。

cimg6870

 

 

 

 

 

 

しかし、走ってみると、、、

おっ、なかなかいいじゃん!

シューズは重くなったのですが、足への衝撃が弱まります
ソルボ効果で足への衝撃が
「ドンッ」から「ドゥオン」に変化。
当たりが弱くなりました。

しかも、足が着地した時の力が下からバネのように跳ね返ってきて
それが推進力に変わる。
だから、楽に前へ進める

まるで、ワンランク上のシューズに変身したようだ
(実際はそんな事無い)

調子にのってソルボをプラスしたマキシ19とウェーブライダーとで
走りくらべてみると、、、
やっぱ、ウェーブには敵いませんでしたっ!

でも、マキシ19とソルボライトの組み合わせ
悪く無いと思います。
「やらないよりはマシ」
以上の効果が体感できます。

 

あっ、別にソルボじゃなくても、いいんですよ。
もっと、いいのがあれば。
例えばソルボだとこうなりました、っていう話ですから。

 

ミズノ【マキシマイザー19】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その1

「マキシマイザー19」出ましたよ!

 

ミズノ「マキシマイザー19」買っちゃいました(2016/11/07)。

昨日申し込んで、今日届きました。
アマゾンで。

 

これが「マキシマイザー19」(赤白)です。↓

cimg6822

 

 

いいよねぇ、マキシマイザー
安くて、当たりさわりなくて、耐久性が高い

トレーニング用の履きつぶしのランニングシューズとしては申し分ない性能。

踵のアウトソールが分厚いから、ちょっとぐらいすり減ってもへっちゃら。
汚れたって気にしない。
一番安いシューズだけど、けっこうちゃんと走れる
ダッシュしたって、そう簡単にへこたれない。

 

ポテンシャルが高いから、フルマラソンの大会にだって使える。
剛脚ランナーには物足りないかも知れないけど、そんな人全体の一握りです。
平和にマラソンを愛好する人であれば、マキシの性能があればだいたいOK。

本番用のよそ行きシューズは別に用意しておくとして、
マキシマイザーはランナーの普段ランニングの相棒として
いつも一緒に走ってくれる。

そんなマキシの新作(マキシマイザー19)がすでに発売されているのを知り、
思わずポチってしまいました。

 

せっかくだから、旧作(マキシマイザー18)との比較を交えながら
新作マキシのレポートをお送りします(僕の感じる範囲内で)。

では、始めます。

 

 

 

マキシマイザー19も18も見た目はあんまり変わらない、しかし…

 

とりあえず、ぱっと見はマキシマイザー18とさほど変わりません。↓

cimg6817

 

こちらが新作(マキシ19)↓

cimg6815ね、ほぼ一緒でしょ?

 

 

ヒールロック

でも、よく見るとマキシ19では、靴ひもを通す穴の「ヒールロック
が搭載されています。↓

cimg6835

 

 

マキシ18には無かったのです。↓

cimg6819

これはうれしい変更です。

ヒールロックが付いていると、走行中のシューズの揺れが抑えられ
足下の安心感が高まりますから。

 

 

サイドのホールド感がアップ

アッパーのサイドのデザインも変わっています。
マキシ19では、アッパーサイドのラインが靴ひもの穴と
思いっきり直結しています。
(ちょっと、見づらいですね…)

cimg6824

 

 

マキシ18では、このようになっています。

cimg6825

 

実際にマキシ18とマキシ19を履き比べてみると、
アッパーサイドのデザインの違いが如実に感じられます。

マキシ19はラインと靴ひもの穴ががっつり連結しているおかげで、
土踏まずから脚の甲にかけてのシューズのフィットがハンパない。

靴ひもをきつく締めなくても、しっかりと脚をホールドしてくれるんです。

マキシ18は軽やかでふんわりとした履き心地が特徴だったけど、
マキシ19はアッパーのホールド力が上がったおかげで
がしっと」した履き心地

 

見た目はほぼ一緒のシューズでありながら、脚をいれた感覚はずいぶん違います。
「これ、マキシマイザーなの?」って思うくらい。
もちろん、いい意味で。

ホールド力のあるシューズは、脚がシューズの中であばれないし、
足にくる衝撃をソールうまく伝えることが出来るので走っていて楽なんですが、
新しいマキシマイザーはどうだろう?
明日、実走してからのお楽しみだ。
ちなみに、シューズの重さを測ってみると
マキシ18 → 235g
マキシ19 → 250g      (両方とも 26、5cm)

少し重たくなったけど、勝負靴じゃ無いんでこのくらい別に気にならないっす。
っていうか、スピードランナーでもなければむしろ、丁度いい重さ。

 

 

インソール交換OK!

今度のマキシ19は、インソールが取り外しができます。
(純正のインソールです↓)

cimg6832

マキシ18の場合、インソールは固定式でした。
それで何か支障があるわけでは無いんですが…。

ただ交換がきくってことはその分、自分の好きなようにカスタマイズ
できるんですよね。
マキシ19ではそれが可能なワケでして、こだわる人には重要なポイント
かも知れないです。

お気に入りのインソールに交換したり、100円ショップに置いてあるインソールを入れて遊んだりして。。。

 

履いて、走って、様子を見てまたレポートします。
2〜3日お待ち下さい。