ミズノ【マキシマイザー19】購入、インプレ、感想、レビュー、比較 その3

 

 

新品のマキシマイザー19を購入してから,その後100km以上走りました。

マキシ19もだんだんと足になれて来て、本性を現してして来たようです。
まっさらの新品と履きなれた状態では、シューズの印象も違って来ますよね。

シャキンとした下ろしたてもいいんですが、その時期は一時だけです。
ユーザーとしては、その後のこなれた状態でシューズとつきあうわけですから、
試用期間が終わってからの情報のほうが、大事かも知れません。

 

shoe  cimg6815

 

 

マキシマイザー19は走力アップ

 

マキシマイザー19をしばらく履いて、率直に感じた事は
マキシ19はちょっとだけ履く人を選ぶシューズ
だと言うこと。

マキシマイザー18なんかと比べると、マキシ19はややランナー向けに仕上げた造りっていうか、走りを意識したモデル

だから、「わたしはマキシマイザー履くけれど、いっさい走りません」とか
「ひたすら軽くて楽なシューズがいいんです」なん

ていう人だったら
マキシ19よりも、かえってマキシ18の方が向いている。
と、思います。

今僕は走るときはマキシ19、普段履きにはマキシ18を使っています。
そのほうが合っている様な気がするんです。

 

↓マキシマイザー18

 shoe cimg7148

 

 

 

 

 

両者は形も性能も大きくは違わないのですが、それぞれに一応個性みたいなものがあるんですね。履き比べてみて、いろんな事を感じました。

 

 

それではレポート始めます。まずは

 

履き心地

剛性感のある履き心地

初めてマキシマイザー19を履いた時は「なんて硬いシューズだ」
と思いました。
ソールやアッパーの素材はマキシ18同じなのに硬い。

ぱっと見て違いの分かるのは、アッパーサイドのラインの部分(ミズノのマークが入っているところ)。
こいつがガッチリとアッパーサイドを合皮で被い、剛性感を出している。

cimg7147

履き始めた当初は「まだ下ろしたてだからなぁ、そのうち柔らかくなるだろう」
なんて考えつつ、毎日履き続けました。

そして、2週間がたち、だんだんと当たりが出て来て足入れも楽になってきた

よりスポーティーな印象

そこで、そろそろマキシ18や他のシューズと、取っ替え引っ替えしてみる。

すると、、、う〜ん、、やっぱまだ硬いっす。
硬いって言うとちょっと語弊があるかも知れない。

新品当初のパリパリ、シャキシャキとは違う
なんつーか、「ガチッと足をつかむ様なソリッドなホールド感
って言うのかな。。。

試しに、片足にマキシ19、もう片方にマキシ18を

履いて走ったり、歩いたりしてみると
面白いんですよ。

マキシ19が硬いんじゃなくてむしろ、マキシ18の方がゆるく感じる
つまり、マキシ19の方が運動に適しているって事かな?

何にもしていないとマキシ19、「硬いかなぁ」って感じ。
硬いからと言って、痛いとか窮屈ってワケじゃ無いんです。

ただ人によってはこの剛性感がうっとおしく感じるかもしれない。
サンダルも様な気楽さでは無く、足を引き締める様な履き心地だから。

極端な言い方すると、サッカーシューズの様なホールド感。
実際はそこまでタイトじゃないけど、ランニングシューズとしてはソリッドな印象。

 shoe cimg7146

でもこの剛性感、気合いを入れて走ったり、一日中歩き回る時にはむしろ
足が疲れなくて都合ががいい。

柔らかリラックスというよりは、気合いの入ったコシの強いシューズって感じ。
マキシ19を履くと気が引き締まる思いがします。

 

走行性

マキシマイザー19はスピードアップ

マキシ19はマキシ18に比べて走行性がアップしています。
若干ですけど。

両者を何度も履き替え、走ってよ〜く観察してみると分かる(感じる?)んですが
マキシ19の方が前に進む

マキシ18に比べてマキシ19の方が速く走れる。

たぶんこれは、シューズのホールド性が上がったおかげだと思います。
ガッチリ足をホールドしているから、地面を蹴る力がロスをしないでシューズに伝わる。

厳密に言えばマキシ19といえども、シューズと足の間のどこかでズレが生じてパワーをロスしているはず。
でも、その精度はマキシ18よりマキシ19の方が上。
だから、その分前に進める。
若干ですが…。

これは、マキシ18と19両方もってないと、気づきづらいところですね。
履き比べると分かりますよ。

ヒマな人は両方買って試してみてください、、
面白いですよ。

ロードバイクのギアを一段だけ重くしたような感覚です。

気を付けないと、ひざが…

ただ、精度の高さも多少のデメリットはあります。

足の力を地面に伝えやすくなった分、地面に着地するときの衝撃や振動もしっかり伝わってくる

マキシマイザーのソールは決して硬過ぎるって事は無いんですけど、
上級機種に比べると負けます。

だから、あまり雑な走り方をしたり、無理な走行をしたりすると
ヒザに来ます(マキシだけに限りませんが…。

マキシ18は着地の際の衝撃や振動が来ても、シューズ内の適度な緩さの中でそれをごまかしたり、逃がせる部分があったのですが、
マキシ19では逃げずに足にくる

バタバタした様な走り方をしていると、終いにはヒザが痛くなる。
マキシ19は前には進めるけど、その分足のダメージに注意した方がいいと思います。

shoe cimg7151         ↑ウェーブライダー20

 

試しにウェーブライダー20とマキシ19とで走り比べてみると…
さすが、ウェーブですね。

パワーロスも無くて、足への当たりも優しい

あらためて感動する。

おかげで、かえって心配になってしまいました。
このまま、マキシ19で走っていたらそのうちに足を痛めるのではないかと。。。
(今のところはまだ大丈夫ですけど…)

インソールのチェンジもアリ、です

そこで、インソールを変えてみる事にしました。
純正品からソルボライトに。

 shoe cimg6866

ソルボライトをマキシ19に装着すると、、、
ずっしりとした重量感!!

純正品のインソールが14gに対して、ソルボ70g。
ソルボすげー重い。。

cimg6870

 

 

 

 

 

 

しかし、走ってみると、、、

おっ、なかなかいいじゃん!

シューズは重くなったのですが、足への衝撃が弱まります
ソルボ効果で足への衝撃が
「ドンッ」から「ドゥオン」に変化。
当たりが弱くなりました。

しかも、足が着地した時の力が下からバネのように跳ね返ってきて
それが推進力に変わる。
だから、楽に前へ進める

まるで、ワンランク上のシューズに変身したようだ
(実際はそんな事無い)

調子にのってソルボをプラスしたマキシ19とウェーブライダーとで
走りくらべてみると、、、
やっぱ、ウェーブには敵いませんでしたっ!

でも、マキシ19とソルボライトの組み合わせ
悪く無いと思います。
「やらないよりはマシ」
以上の効果が体感できます。

 

あっ、別にソルボじゃなくても、いいんですよ。
もっと、いいのがあれば。
例えばソルボだとこうなりました、っていう話ですから。

 

青梅マラソン大会レポート【まとめ】

 

 

 

もう何度も出場しているランナーさん達には分かりきっている内容で恐縮ですが、青梅マラソンの会場やマラソンコース様子をレポートします。

これから初めて青梅マラソンに出場するランナーさんの参考になれば幸いです。

 

 signboard CIMG3069

 

 

 

コースについて

青梅マラソンのコースは標高差が80メートルもあり、しかもアップダウンがかなり激しい。

そんな上がったり下がったりのコースがランナー達を翻弄します。
上り坂ではスタミナを奪われ、下り坂は走行ペースを乱されます。

体力の消耗はもちろんのこと、足への負担もかなりのものです。
ひざの故障などでペースダウンしないように気をつけたいところです。上り下りの坂道をどうのりきっていくかが、青梅マラソン攻のキモとなります。

特に後半22キロ過ぎの上り坂は曲者で、多くのランナーここでかなり手こずります(別の記事でご紹介します)。

そんなわけで、青梅マラソンのコース距離は30キロありながら出場前のトレーニングではフルマラソンに挑むくらいのつもりでいたほうがよさそうです。

ただ青梅マラソンのコースは厳しい反面、沿道からの応援は盛大でこれがランナーに力を与えてくれます。
市民の声援がどれだけランナーを励ましてくれるかは実際に出走してからのお楽しみに。

 

 

 

 

 

スタート地点

30キロ部門、10キロ部門共に東青梅4丁目付近。
スタート15分前に整列します。

並び順はゼッケンのナンバーであらかじめ決まっていて、自分がどの場所に並ぶかは係員さんがプラカードを掲げているのですぐに分かります。

先頭のランナー達はいかにも速そうでかっこいいし、圧倒されます。

自分の(→僕の)並ぶぐらいの順番の人たちもうちょっとゆるい感じでほっとします。

時間いっぱいとなり号砲が打ち鳴らされても、後ろのほうではしばらくの間進んだり停まったり。
ゆっくりとスタート。

7〜8分してからようやくスタートラインを通過
その後もしばらく混雑が続きます。

すき間を縫って走っても思うほどには進めません。
ここは割り切って流れに身をまかせ、渋滞がほぐれてからペースを上げた方が良いようです。

 

 

 

 

 

 声援、エイド

沿道の声援はいつまでも途切れることなく盛大です。
これこそ青梅マラソンの真骨頂

市民の手作りエイドは人情味満点
長テーブルをつなぎ合わせた給水台の上には水やスポーツドリンクはもちろん、皮を剝いてくれたミカン、一口サイズの羊羹、あたたかいお茶、コーラ?など。

なんかとっても愛されているような感じがする。
ここまでアットホームな大会ってちょっと無いと思います。

 

 

 

 屋台

ゴール地点付近にはお祭りの屋台がたくさん出店しています。
その数、10や20じゃききません。

たこやき、綿あめ、大判焼き、チョコバナナ、イカ焼き…。
マラソンまんじゅう、なる物もありました。

ランナーさんを送り出したご家族やお友達は、ここでお祭り気分を楽しみながら帰りを待ちます。

 

他にランニンググッズやTシャツの販売などもやっていました。
Tシャツは¥3900だったかなぁ?

 

 

 

給水所

オフィシャルの給水所は5キロごとに設置してあります。
ただ、走りながらの給水って時々失敗しちゃうこともあるんですよねぇ。

でも大丈夫。さっきお話ししたボランティアの市民給水場が幾つもありますから。
給水を逃したランナーにとっては命の水です。

助けてもらったお礼に、カッコイイ走り姿を見せてあげましょう。

 

 

 

 受付会場

ナンバーカードの交付、受付手続きはとてもスムーズ
さすが長年の歴史のある大会です。キャリアが違います。

前日受付もやっていて、受付場所である総合体育館ではこの日開会式も行われています。
有名選手のトークショーや地元B級グルメの提供などもあり、結構楽しい。
高橋尚子さんやワイナイナさんなんかもやって来ましたから、なかなかのものでしょ?

大会前日のアドバイスなども聞けますので、お時間のある方はぜひいかがでしようか。

 

 

 

 

 

荷物、貴重品

手荷物預かりのサービスは一応、有料であるんですが利用できるのは30キロ部門選手だけでしかも限定1500人のみ。
倍率は10倍です。

あまり当てにはなりません…。
手荷物はみんな体育館の中に置いたり、小さいテントを用意したりして各自工夫しています。

貴重品は有料の小さい袋(¥100)に入れて預けることがで来ます
※2017年では河辺小学校、市役所、総合病院、総合体育館にて貴重品預かりをします。

 

そういえば、ご近所の商店で有料の預かりサービスをしているのを見かけたことがありまた。
次回もまたやってくれるかは分かりませんが…。

 

 

 アクセス

最寄り駅はJR青梅線の 河辺駅

cimg5905          東青梅駅です。cimg5898

 

電車で来る人が大半で、JR中央線の時点でランナーさんがいっぱい乗っています。

立川駅で青梅線にに乗り換えると周りはランナーだらけ。
拝島駅にいたると八高線も合流しますから、まるでランナーさんの通勤ラッシュのような混雑振りです。

馴れた人はあえて河辺駅のひとつ手前の小作駅で下車してしまいます。
駅のおトイレもゆったり利用出来ますし、ランナーにとって一駅歩くぐらいはわけの無い距離でありますから。
逆に、帰りは東青梅駅から乗車するという手もありますね。

 

自動車で来る人は、、、
駐車場は無いので自力でコインパーキングなどを探して止めています。
会場の駅反対側(河辺駅北口)にはコインパーキングはあるんですが早い者順なのでみんなそれぞれに知恵をしぼります。
必勝法というのは無いようです。

コース周辺(駅の南側)では交通規制(6時〜16時)
が行われて自動車はもちろん、バイクや自転車も入れませんのでご注意ください。

 

 

 

更衣室やトイレ

更衣室は総合体育館や河辺小学校,総合病院、市役所で利用できます。
ただし、ゼッケンが無いと入れませんので先に受付を済ませておきましょう。

 

トイレは会場にたくさんあるんですが、一般の観客も利用しますのでどこでも混雑している模様。

唯一穴場があるとすれば、河辺小学校のとなりにある公園の仮説トイレ。他のトイレと比べればいくらか空いているようです。

 

 

 

cimg3061

 

 

暖かい人情のあるマラソン大会、青梅マラソン。
ここでマラソンデビューすればきっといい思い出になることでしょう。
人気ナンバーワンの東京マラソンもいいけれど、ローカルな青梅マラソンだって負けてはいませんよ〜。