【青梅マラソン号】事前予約→えきねっと登録(無料) 10分で完了

青梅マラソン号は「えきねっと」のサービスを利用すると事前予約ができます。

ただ「えきねっと」を利用するには会員登録をする必要があるのですね。
そこで、今回はえきねっとの「会員登録」についてお送りします。

 

※「登録めんどくさ〜」とか「よくわかんね〜」って人はお家の誰かに
やってもらいましょう。
10分とかかりませんから。

 

 

1、インターネットで『えきねっと登録』で検索

パソコンやスマホで「えきねっと」で検索します。

すると最初の検索ページの一番目に「会員登録のご案内
という表示が出ますので、そいつをクリックして登録ページに
入ります。

 

 

2、「えきねっとの会員登録」のボタンを押す

会員登録の画面になりましたら、「えきねっとの会員登録」をクリックしてください。
ページ中央のちょい下にあるオレンジ色の四角いボタンです。

※注意事項も一応読んでおいてくださいね。

 

 

3、「同意する」のボタンを押す

次はえきねっとの規約の画面になりましたら、「えきねっと規約および個人情報…」
チェックボックスにチェックを入れ
その下にある「同意する」
のボタンを押す。
ページの一番したにある緑文字のボタンです。

※規約も一応読んでおいてくださいな。

 

 

4、「メール送信」のボタンを押す

同意をすると、メールアドレスを記入するページに変わります。

自分のメールアドレスを記入欄に入れたら、画面の下にある「メール送信
のボタンを押します。
画面の下方にある緑文字をボタンです。

 

 

5、「えきねっと」からメールが届く

すぐに自分メールボックスを見てください。
えきねっと」からメールが届いているはずです。

届いたメールには会員情報(住所とかパスワード等)を入力するページに入るURLが青い字で記載されいています。
その青文字をクリックしてください。

すると、えきねっとの会員登録の次のページに入れるようになります。

※24時間以内にやってください。時間制限がありますから。

 

 

6、会員情報を入力する

会員情報を入力するページに入りましたら
ユーザーID、パスワード、住所などを入力します。

入力したら画面下にある「次へ(入力内容確認)→
というボタンをクリックします。
緑文字のボタンですよ。

次のページで内容を確認したら「次へ(カード、メルマガ情報の入力)→
のボタンをクリックします。
緑文字のボタンです。

 

 

7、クレジットカードの情報を入力

今度は自分のクレジットカードの情報(カード番号とか)を入力します。
料金の支払はクレジットカードを使いますので。

あとメルマガの設定がありますが、これは好きなものだけをチェックしておけばOK
です。

終わったら「次へ(入力内容確認)→」のボタンをクリックします。

 

 

8、「登録」ボタンを押す

入力内容を確認して間違いが無かったら、ページの下の方にある
「登録→」のボタンをクリックします。
緑文字のボタンです。

 

 

9、再び「えきねっと」からメールが届く

自分のメールボックスに、えきねっとから「登録完了しました」
のメールが届きます。

メールを空けると青文字でますので、各種サービスのリンクが貼ってありますので
そこから入って、えきねっとのサービスを利用できます。

 

 


 

 

えきねっとの会員登録をしていくと、ポイントがついたり新幹線の早割(学割よりおトク)等のメリットがあります。

青梅マラソン号意外にも、いろいろ使い道があるかも知れませんね。。。

 

2017【快速】青梅マラソン号 2/19(日)千葉←→河辺 料金、時刻、停車駅

 

2017年もJR東日本は特別臨時快速「青梅マラソン号」を運転します。

 

運転日 2017年 2月 19日(日)

 

運行 

千葉(7:07)発→津田沼→船橋→市川→錦糸町→新宿→河辺(8:58)着
河辺(16:30)発→新宿→錦糸町→市川→船橋→津田沼→千葉(18:09)着

車両E257系 9両 全車指定席です。

因みに、2015年の運行では

千葉(7:07)〜津田沼(7:16)〜船橋(7:21)〜市川(7:27)
〜錦糸町(7:36)〜新宿(8:02)〜河辺(8:58)

と、なっていました。
一応、参考までに。

 

 

 

料金など

千葉〜河辺の運賃は¥1420です。

そして、青梅マラソン号は全席指定席ですから指定席料金がかかります。

普通車指定料金は   ¥520
グリーン車指定料金は ¥950。

という事は

普通車    ¥1420+¥520=¥1940
グリーン車  ¥1420+¥950=¥2370

ですね。

 

新宿〜河辺の運賃は¥720です。

それプラス

普通車指定料金   ¥520
グリーン車指定料金 ¥750

という事は

普通車   ¥720+¥520=¥1240
グリーン車 ¥720+¥750=¥1470

ですね。。。

 

なお、雪とか地震などの災害で青梅マラソンが中止になった場合
料金は払い戻してくれますが、手数料がちょっとかかります。

 

乗車券購入

購入はJR各駅の「みどりの窓口」「指定席券売機」「えきねっと」やメジャーな「旅行会社」などで出来ます。

「えきねっと」を利用する場合は会員登録をする必要があります。

JRでは『えきねっとでは一ヶ月と一週間前から事前申込ができるから便利ですよ』と、オススメしています。(1月12日頃〜)

 

 

 

 

僕は地元の人間なので「青梅マラソン号」に乗車することは無いので
せいぜい車両を見るだけでも楽しんでみたいと思います。。。

大会当日の電車の中は、青梅に向かうランナーさんですし詰め状態です。
青梅マラソン号ならば、全席指定でゆったり座って直通で行ってくれますから
心置きなくレースに向けて気持を集中する事ができます。

 

signboad oumecity

 

千葉から河辺までってかなり遠いよぉ。
新宿からだって結構な距離があります。

それがゆったり寛ぎながら現地に向かえるのですから、そいつは有り難いっす。

 

 


おまけ

 

 

指定席完売機って使った事ありますか?
初めての人には若干分かりづらいですから、すこ〜しだけ説明します。

 

これが「指定席券売機」です。 ↓

まづは、最初の画面から。
『乗車案内から購入』をタッチして下さい。

 

次に到着駅を『入力』したり、、

 

 

出発駅の入力もしくは変更を行ったり、、

 

利用日時の『変更』を行ったり、、  

 

青梅マラソン号ですから『2月19日』をタッチ。

 

出発時間を指定したり、、  (各利用駅によって違います)

 

車両を選択したり、、

 

座席を選択したり、、

 

設定が一通り終わったら『しばらくお待ちください』。

 

最後にお支払いをします。
※画面の料金は(千葉〜河辺)の往復の値段です。

 

画面の指示に従って操作すれば、なにも難しい事はありませんが、、、
めんどくさい人は駅員さんにお願いするとか、みどりの窓口に行っちゃった
方が早いかもしれませんね。

 

 

【2017】青梅マラソン大会要項もらって来たよ

 

 

昨日、第51回青梅マラソンの大会要項をもらって来ました。

大事そうな所だけ摘んでお伝えします。

 

instruction book img048

instructin book img049
↑大会要項 表と裏面です。

大会要項

 

 

 

青梅マラソン開催日 2017年2月19日(日)

 

30キロ部門

定員 先着15000人

コース 東青梅四丁目 → 川井折り返し → 青梅市総合体育館

スタート 午前11時30分    終了 午後3時30分

 

10キロ部門

定員 先着4000人 (10キロ部門のみチーム戦エントリーが出来る)

コース 東青梅四丁目 → 日向和田折り返し → 青梅市総合体育館

スタート 午前9時30分    終了 午前10時50分

※シノラーは青梅の親善大使。実物はめっちゃかわいい。

 

 

会式

2017年2月18日(土) 13:00〜 青梅総合体育館 (※結構盛り上がる)

↓青梅市総合体育館です。

 

 

 

ナンバーカード交付日時、場所

2月18日(土)   10キロ部門、30キロ部門共に 青梅市総合体育館(午            後1時〜4時)    (※前日受付です)

2月19日(日)   10キロ部門 青梅市役所(午前7時30分〜8時30            分)

30キロ部門 河辺小学校(午前8時〜10時30分)

 

 

↑河辺小学校

 

 

 

 

大会サービス

託児サービス (10キロ部門の参加者のみ、時間午前8時〜12時。対象3歳〜6歳。無料。要問い合わせ)

臨時列車  大会当日は臨時列車、「快速青梅マラソン号」が出ます。詳細は決定次第。

 

 

 

その他

ナンバーカード通知書は2月上旬に送られて来ます。

記録の通知は大会終了後に発送。

車での来場はご遠慮下さい(駐車場が無いのです)。

着順判定に使用する計測リグは競技終了後に返却して下さい。

住所変更があったら大会事務局に必ず連絡して下さい。

貴重品は青梅総合体育館、市立総合病院、青梅市役所で預かります(有料)。

30キロ部門エントリーした選手においては、限定1500人が有料手荷物預かりサービスを利用出来ます(場所は河辺小学校、エントリー時に申し込み)。

 

 

 

申し込み方法

インターネットもしくはロッピー(ローソンやミニストップにある店頭端末機)

 

 

 

申し込み期間

2016年9月23日(金)正午〜9月29日(木)
(※先着順。初日から気合いでエントリーです。定員に達次第25日で受付終了)

 

 

 

 

参加費

30キロ部門 7000円
10キロ部門 5000円 (高校生のみ3000円)

 signboard CIMG3069

 

 

 

規約などについて

エントリーは参加費入金先着順である。

本人以外の代走、年齢や性別で虚偽申告をしたらダメです。

雪や地震で大会が中止になっても参加費は返金しません

申し込み手数料は各自が負担する。

出場選手はマナーを守り、他の選手や地域の人に迷惑をかけないよう心がける。

 

青梅マラソン大会事務局 0428−24−6311

nemorial CIMG5353
↑愛のテーマ…。LPレコードです