【比較】GT2000 ニューヨーク5 VS ジョグ100  ゴージャスなNY、シンプルなJOG  asics

 

 

ニューヨーク5とジョグ100。

いずれも、アシックスの人気ランニングシューズ。
ランニングコースやお散歩道などでは非常によく見かけます。

今回はこの2つを取り上げてみたいと思います。

 

ところでニューヨークとジョグは、そもそもがグレードの違うランニングシューズですよね。

ですから、両天秤に乗せて厳密に測るような比べ方は出来ませんので、
両者の大まかな特徴をつかむという意味で、少しでも参考なれたら幸いです。

 

 

 

 

履き心地

 

ジョグ100

横幅が4Eサイズなので、基本的にゆったりとした履き心地
足への当たりも柔らかめ。

しかし、全体に「ゆるゆる」という言わけでもないのです。
足首の周りはしっかりと固定され、アッパーサイドのサポート感は結構がっしりしています。

メリハリのあるホールド感で大事なところはしっかり締めて、ゆるくていい所は
ゆったりしています。
足の指等は隙間があって自由に動く。

もしかしたら、僕の足のサイズに対して4Eでは広過ぎなのかな?
と思った事もあるのですが、
他の4Eサイズのシューズを履いてみると、ジョグ100よりは少しタイトな感じがしました。

このゆったり感はジョグの特徴だと思います。

 

ニューヨーク5

ジョグと違って、隙間なく足全体を包みます。

つま先から足の甲、指の付け根やくるぶしの下のへこみまで、
全ての箇所にぴたっと密着するようなフィット感。

足の凹凸の隅々まで、柔らかでむちっとした感触で均一に包むのです。

クッション性もとてもソフトで、歩くとまるで低反発のマットを踏んでいる様な
印象なのでした。
(ミズノのウェーブライダーよりソフトです。)

 

 

 

走行感

 

ジョグ100

とりあえず、ランニングシューズの基本的な性能はちゃんと満たしています、
お手軽価格ですけど。。。

クッション性とか、フィット感とか、重量とか、ソールの形状とか、通気性とか
耐久性などなど、ランニングシューズとしての合格ラインは全てクリアしています

ただ、これと言った特徴も無いのです。
足がガンガン前に進むとか、衝撃吸収が最高!とか
そんなんじゃない。

とことんベーシックなランシューズです。
ある意味、クセの無いシューズ。

例えばクッション性ならば、ニューヨーク5の方が数段柔らかいし、
かといってスパルタンなレーシングシューズみたいに硬いわけでもない。

推進力では、ランナーを煽り立てるようなそぶりは見せないが
おしゃれスニーカーに比べれば段違いにスイスイ足が進みます。

ごく普通のランニングシューズなのです。

ジョグ100はニューヨーク5と比べるとシンプル過ぎる印象があるかも知れませんが、本当はこっちの方が基本なんだと思います。
ニューヨークと比較すれば、硬くて進まないシューズに思えるかも知れないけど。

でもそのかわり、「自分で走っているぞ!
という感覚はニューヨーク以上に楽しめると思います!
(イヤミで言っているのではないですよ、、)

素朴だからこそ、走る楽しさが引き立ってくるのですね。

 

ニューヨーク5

シンプルなジョグ100に対して、フル装備でサービス満点のニューヨーク5

まず、足の着地がすっごく優しい。
足にガツンという衝撃が来ない
接地がとても柔らかいのです。

足音は「パタン、パタン」
ではなくて「グワッ、グワッ」
といった感じ。

そして、蹴り出す足を「フワン、フワン」
と持ち上げてくれます。
だから、優しいリズムでストレス無く穏やかに前進する。

着地によるブレーキ感も少ないので、疲れても足さえ回していればそのまま
走り続けていられる。

これがジョグ100の場合だと、そこまで御丁寧な事はしてくれません。
前に進みたければ、自力で足を漕がなきゃいけないのです。
まぁ、そこがジョグのいい所でもあるのですけれど…。

 

 

 

デザイン

 

ジョグ100

素朴というか、地味っていうか、フツーっていうか、
可も無く不可も無くっていうか、マジメ〜な感じのジョグ100。

造りが粗いとか、手抜きをしているとか、決してそんなんじゃ無いです。
よくみると、決して悪くは無いんですよ。。

でも、あまりにもチャラチャラしていないので、ぱっと見てつまらないのです。

悪くは無いのですけど、人目を惹くようなオシャレ感であるとか
トレンディーな感じはしません。

強いて言うなら、シブイ…。
(レディースはちょっとかわいいと思います)

 

ニューヨーク5

おしゃれです。
カッコイイです。
色がキレイです。
シビレます。

今どきのランナーにふさわしく、とってもファッショナブル
色鮮やかなランニングウェアーとのコーディネイトを存分に楽しめますよ。

走るだけじゃなく、ランニングファッションのおしゃれアイテムとしても
活用してくれるでしょう。

質感も高くて所有欲も満たしてくれます。

ニューヨーク5のデザインだったら、NIKEやNBにだって引けを取りません。

ただ、ファッションって気にし過ぎると型落ちになると
人前で着用出来なくなってしまう恐れもありますねぇ。

来シーズンまでにシューズを履き潰すまで走れるかな?

 

 

 

【比較】ウェーブライダー20 VS ニューヨーク5  元気なWAVE 、優しいNY 違う個性

 

 

 

ウェーブライダーとGT2000ニューヨークは、互いに良きライバルの
ランニングシューズ。

定評のあるシリーズで、サブ5〜サブ4ぐらいのランナーさんならば
シューズ選びの際には同時に視野に入って来る2足です。

しかし、だからといって両方とも買う人は少ないかもしれません。
(僕は買っちゃいました、勢いで)

たぶん「今回はどっちにしよっかなぁ〜」
なんて、悩んでいるんじゃないでしょうか。。。

 

どちらも、いいですよ…。

 

 

2016年秋に発売された、ウェーブライダー20ニューヨーク5
今回はこの気になる2機種を真横に並べ、履き比べたレポートをお送りします。。

 

 

 

 

デザイン

 

さすがにこのクラスになると、質感は高くデザインも細部まで良く造り込まれています。
色もきれいですよ。
チープであるとか、大雑把な所などは全くありません。
(マキシやジョグとはちがう…)

見た目に関しては、ぱっと見で選んでも間違いは無いでしょう
どちらも、カッコイイですから。。

2足並べて感じるのは
ウェーブライダー20は、よりスポーティーで精悍なイメージが漂い
ニューヨーク5は、ちょっと優しくカジュアルな印象…。

当然ですが、それぞれに雰囲気がちがうんです。。。

 

今どきのランナーさんは昔と比べて、とってもお洒落。
ウェアとのコーディネイトなども考慮しながら、シューズを選ぶっていうのもいいんじゃないでしょうか。

マラソンだって、ファッショナブルに楽しみましょう。

 

 

サイズ感

 

ウェーブライダー20ニューヨーク5も共に、クセの無いサイズ感であると
思います。

表示してるcm(センチメートル)に対して大き過ぎてゆるゆるだとか、小さ過ぎて足が入らないなんて事は無いでしょう。

ふだん26cmがジャストサイズの人だったら、そのまま26cmを選んでも大丈夫です。

僕はウェーブもニューヨークも26cmを履いていますが、両者の前後の長さ感についてはほぼ一緒のように感じます。

 

ちなみに、横幅ノーマルサイズの設定だとウェーブライダー20が2.5E
ニューヨーク5が2E

0.5Eしか違わないので幅感もほぼ一緒。

ウェーブのほうが0.5E大きいと言われれば、そんな気もしますが
黙っていたらたぶん気がつかないと思います。

つまり、サイズの表記にたいしてそれだけ両者のサイズ感が似ている、ということ
事ですね。

あと、新品のおろしたての状態で足を入れると、パッツンパッツンしているので小さく感じるかも知れませんが、
だんだんと足に馴染んでくると「いつものサイズで良かった!」
と、なります。

試着の際はその点はご注意ください。

 

重量は26cmの場合、ウェーブライダー20が262g。
ニューヨーク5が294g。

手で持ってみると、若干ニューヨークの方が重いのが分かりますが
履いて走ってしまうとそれほどの違いは感じません

 

 

 

履き心地

 

ニューヨーク5もウェーブライダー20も共に柔らかい履き心地なのですが
フィット感が少し違います

ニューヨーク5はつま先からくるぶしの下まで、足全体をすっぽりと均一に
包み込む感じです。
やさしい安心感があってコンフォートな印象。

一方ウェーブライダー20は、メリハリのあるホールド感があります。
足の甲から土踏まずにかけて、ぐるっと一周するところはガシッと密着するけど
足の指や足首の周辺には適度な開放感があって、自由に動かしやすくなっています。(僕の足の場合)
スポーティーな印象でした。

 

 

 

クッション性

 

クッション性もそれぞれに個性を発揮しています。

ニューヨーク5のクッションは綿のように、ふわ〜っとした柔らかさが特徴です。
つま先からかかとにかけて、足の裏全体でやわらかさを感じます。

足がちょっとでも地面に着いたらすぐに「おっ、柔らかい」
って分かりますからね。

ウェーブライダー20のクッションは弾力のある風船のような、ボヨンボヨンとした柔らかさ。
足を踏み込むとぐーっと圧力を吸収するのですが、離すと下からボンっ跳ね返してきます。

この特徴が、ウェーブならではの走行性を作っていきます。

 

 

 

走行感

 

実際に装着して走ってみると、両者のキャラクターの違い如実に感じます。
真逆の性格って事もないのですが、やっぱ違うんですねぇ。
それぞれに個性があるんです。

 

ニューヨーク5はとにかく、やさしい柔か〜い走り心地です。
まるで、低反発マットの上で走っている様な感覚。

足に強い衝撃やストレスを感じません
これなら、硬いアスファルトが怖くないぞって感じ。

非常にリラックスして、気持よく走れる。
ニューヨーク5は、思いっきり癒し系のランシューなのです。

 

ウェーブライダー20も柔らかめのシューズなんですが、こちらは
走りに躍動感が生まれます。

って言うか、歩いている時点で足がポンっと跳ね上がってきます…。
走り出すとさらに、そのバネ感が増してくる。

踏ん張って接地している足の圧力はシューズにためられ、
それが蹴り出す時に跳ね返ってくる。
トランポリンみたいな感覚なのです。

おかげで、足さえ回していればバネの力でどんどん前へ進む。

ズルいよ、このシューズ。
これじゃ、脚力がアップしたかと錯覚しちゃうよ。

 

ミズノ【比較】ウェーブライダー20 VS マキシマイザー19 

 

 

ウェーブライダー20マキシマイザー19は互いにグレードの違う
ミズノのランニングシューズ。

しかし今回は、敢てその両者を比較する事で、それぞれに持っている個性や長所を掘り出してみたいと思います。

 

 

僕はマキシマイザーの愛好者なのですが、さすがに格上のウェーブライダーと比べてしまうと「こりゃ、負けた!
と感じてしまうところが正直、、いっぱいあります。

でも、愛好者ゆえに見えて来るマキシの可愛い所も「少し」はありますので、、
必死になってお送りします。。。

 

 

 

デザイン

色や形の好みは人それぞれ。
だから、デザインの善し悪しなんぞ比べてたって、そんなものどれほどの意味があるか、、
と思いつつも、マキシマイザー19とウェーブライダー20を改めて目の前に
並べてみると…。

ありゃー、ウェーブ20のほうが断然質感が高い
高級感があります。

共通した材料を使用している部分もありますが、その場合であってもマキシ19に比べウェーブ20のほうが細かく念入りに造られている様子。

靴ヒモ一つとって見ても違いますからね。

マキシ19が学校指定の体育着なら、ウェーブ20は部活の選手が試合で着用するユニホーム。

この2つを並べてどっちかくれるって言ったら、ほとんど人がウェーブを選ぶでしょうね、きっと。

グレードの違いが、モロ見た目に表れるています。。。
ウェーブの圧勝

 

でもね、2つ並べるからマキシ19がコテンパンにされてしまうのであって、
個々にみてあげればマキシ19だって決して悪くはない。

マキシ19は飾りっけの無い素朴なデザインなので、カジュアルな普段着と
合わせるとバランスよく溶け込んで、まとまりが良い。

その点ウェーブ20だと「ランニングシューズでござい」
といった存在感があり、うっとうしく感じます。

 

ランニングウェアとのコーディネートでは、ウェーブ20の方が映えて見えますよ。
ま、もともとがそういう靴ですからね。
当然ですよね。

 

 

 

 

履き心地

履き心地に関してはマキシウェーブの双方とも甲乙付け難い
本当です。
どちらも、気持のよいフィット感が得られてとても快適です。
信じてください。

というのはですね、

マキシ19からウェーブ20に履き替えると「おおっ、さすがウェーブ。
しっとりとした気持のよい履き心地、やっぱこれだよね。」
となったり、

逆にウェーブ20からマキシ19に履き替えると「なんじゃ、この硬い靴は。
マキシ19は全然クッションしないぞ。」
なんて、感じたりします。

そこで、「ウェーブの圧勝、マキシを秒刹
みたいに思えるかも知れません。
でも、そうじゃないんです

マキシ19よりウェーブ20の方が柔らかく、しなやかなのは確かです。

ただ右にマキシ、左にウェーブみたいに片方づつ両者を同時に履いてみると
意外とマキシ19が善戦しているのが分かります

ウェーブ20のクッション性が「10」とするなら、マキシ19は「7」ぐらい。
天と地ほどの差があるわけではないんです。

ウェーブ20に勝てる、とは言わないまでも
好みが合えばマキシ19をチョイスするのも有りだと思いますよ。

 

僕は普段履きにマキシ19を履いていますが、日常生活の中で履くなら
マキシ19の方が使い易いと感じています。

ウェーブ20を普段履きにすると、立ったり歩いたりする度に
足がムニュムニュしてめんどくさい。

その点、マキシ19は適度な硬さがありますから、普段履きにもちゃんと対応してくれます。

ウェーブは根っからのランニングシューズ
はしってナンボの価値なのです。

あっ、マキシ19だって走れますからね!
一応、ランニングシューズですから。

 

 

 

走行性

走行スピード

ソリッドで反発力のあるマキシ19と、ソフトで優しい接地感のウェーブ20。

厳密にいうと反発力のあるマキシ19の方がスピードが出せます。
パワーがクッションで食われないし、重量も軽いから。

でも、実際はウェーブ20じゃ追いつかないぐらいの速度で走れるランナー(サブ4以上)はマキシ19じゃなくて、それ以前にもっといいシューズを選んでいるでしょう。

だからウェーブ20とマキシ19のスピード対決はあまり意味がない。
気にしなくていい所かも知れません。

 

走行フィーリング

走行スピードより大事なのは走行フィーリングの方です。
走る人の好みが別れますからね。

ウェーブ20には足が地面に地接する時に生じる圧力をクッションしながらシューズに貯めて、それを蹴り足を繰り出すときに反発力に変えてくれるという特性があります。

だから、トランポリンみたいな感覚でポーン、ポーンとリズムよく走れてしまいます。
自動的に。

一方マキシ19には接地する時の衝撃をやわらか〜く受け止めてくれたり、
蹴り足をシューズがリズムよく送り出してくれるといった機能は持ち合わせていません。

接地の衝撃は自分の足で調節して、蹴り出す足は自分の力で繰り出します。

ここは人それぞれの好みが分かれる所でしょう。

やわらかクッション命!」の人だったら絶対にウェーブ20の方が良いです。
自分で走っているぞ」感が欲しい人だったら、マキシ19の素直なシューズ特性は捨て難いものがあります。

自分はどっちかなぁ?と悩む人は両方所有していれば間違いがありません(笑)。

 

 

 

疲労感

僕は日々マキシ19とウェーブ20を履き比べていて、どちらも良いシューズだと思います。

しかし、走行中の疲労感だけはぜったいにウェーブ20の方が少ないと言えます。

ウェーブ20の方が優秀です、、、
っていうか、、ずるいよ、このシューズ。

足の疲れを感じさせないのです。

足の裏がしびれて来てもずっと走っていられるし、
足がもつれても、まだ走れてしまう。

先日まだ練習中の「ナンバ走法」
で20km走ったのですが、馴れない走り方でもウェーブ20だと普通に走れてしまう。

おかげで次の日は、とんでもない筋肉痛やってきた。

ウェーブ20は走る人を騙しますよ。
マキシ19だったら走った分はちゃんと疲れますから、自分の脚力以上に走らされる事は無いんです。

トレーニング不足で大会に臨む時にはウェーブ20の方がいいです、きっと。

 

 

値段

定価ではマキシ19が¥4800(およそ)、ウェーブ20が¥13900(およそ)と3倍近くの差があります。

だから、性能や質感に違いがあっても当然かも知れません。

マキシ19と比べて、ウェーブ20の方がぐんと高級なのです。
モノが違います。

 

ところで、皆さんはランニングシューズを買う時に定価で買いますか?
発売後、しばらく様子を見て価格がこなれて来たタイミングを見計らって購入する人って多いんじゃないでしょうか。

ちなみに現在、マキシ19の前モデルのマキシ18はアマゾンで¥3000ぐらい
ウェーブ20の前モデルのウェーブ19はアマゾンで¥8300ぐらい

 

僕はランニングシューズは定価で買う事が多い(本当は安い方がうれしい)
のでマキシ19やウェーブ20がこんな値段で売られているのを見たくは無いんですが、おそらく数ヶ月後にはそれが現実となってしまうんです。

ウェーブ20が¥8000やそこらで売っていたら、それ絶対に安すぎっ!ですから、欲しくなったら迷わず「買い」です。
マキシ19も同じく。